家庭菜園特集

ジメジメ湿った所を有効活用!爆殖するクレソンを育てて食べよう。

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

親戚の家に行ったら衝撃の場所にクレソンが植えられていた。そして私の中のクレソンイメージがガラリと変わった。

クレソンがコンクリの駐車場で育っていた

お正月に近畿地方の親戚の家に行って車を降りたら、どこかで見たことのある草が生えていた。
%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%bd%e3%83%b32

%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%bd%e3%83%b33

%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%bd%e3%83%b34-5

 

これはまさか・・・・・・クレソンじゃないかーーー!!

ステーキなどの上にちょこっと乗っている、ちょっとピリリと辛くて美味しいあの野菜が、まさか駐車場で育っているなんて・・・驚きを通り越して、こんなこと起こっていていいんですか神様状態でした。コンクリートの駐車場の上で植物が育っているのも衝撃だったが、クレソンは豊富な水のない場所では育たないイメージが強い植物というイメージでした。

 

クレソンは豊富な水のある場所で育つ

そもそもクレソンはヨーロッパ原産の外来種で、流れのある小川などで爆発的に繁殖している植物です。
%e9%87%8e%e7%94%9f%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%bd%e3%83%b3

 

生命力が強く、日本の山地などでも増えているので、もしかしたら野生のクレソンを採って食べている人も多いかもしれない。実は上の写真は東京都千代田区のオフィス街の公園で撮影しました。金魚が泳いでいるような人工の小さな池でも、たくましく生きていけるのが、クレソンの凄い所です。
%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%bd%e3%83%b3%ef%bc%91

クレソンの茎から無数の白い根が出てきています。クレソンの生命力の秘密は、この根の生え方です。クレソンは茎が千切れても根が残っているので、遠くに流れ着いた先で根を下ろして増えていくことができます。しかし、何度も書いている通り、クレソンは小川など豊富な水が必要なイメージ・・・。それが何故、親戚の駐車場で増えているのだろう。

 

ジメジメ湿った場所の活用を考え抜いた結果

親戚曰く、クレソンが育っている場所は元からジメジメと湿った場所だったそうです。地下水が上がってくるような場所で、ほうっておくと、コケが生えだすので何か良い方法はないかと様々な植物を植えたが全てダメだった。しかしクレソンの種子を撒いてみたところ・・・うまく根付いてくれたそうです。今では安定して育てられるようになったので、適当に摘み取ってはクレソンサラダなどにして、食べているそう。
%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%bd%e3%83%b35

 

実は私が行った時は、ほとんど収穫を終えた状態で、全盛期では見事なほどこんもりとしたクレソン畑が駐車場の脇で広がっていたそうです。
%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%bd%e3%83%b37

 

クレソンは栄養素が豊富なスーパー野菜としても注目されつつある野菜で、スーパーで買うと少量なのにそれなりに高価な印象だ。それがこんな悪条件な場所で育てられるなんて、目から鱗が落ちた。

 

続きを読む

Pages: 1 2

関連ワード

「ジメジメ湿った所を有効活用!爆殖するクレソンを育てて食べよう。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ