不器用さんでもできるユーカリリースの作り方

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

73695views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

シルバーグリーンの葉とすっきりとした香りが特徴のユーカリは葉のカタチも様々です。

そこで、今回はシンプルに作れるユーカリリースの作り方をお届けします!

束ねて飾るのも素敵ですが、リースを作って飾ってみませんか?

今回は一緒にローズマリーでも作ってみました。どちらもいい香りに包まれながら作れますよ♪

 

目次

ユーカリリースの作り方

ローズマリーで作ってみた

 

ユーカリのリースの作り方

材料

・リースの土台

100均に売っているものを使用しています。小さいほうのSサイズは約15cm、Mサイズは約18cmです。

・ユーカリ

大きいユーカリの枝を1本購入して切り分けています。主軸の固い部分は使わず、枝が柔らかい部分を使うとやりやすいです。

大きいユーカリの枝を1本購入して切り分けています。主軸の固い部分は使わず、枝が柔らかい部分を使うとやりやすいです。

・麻紐

細めの紐のほうが目立たなくてよいです。

道具

・園芸用ハサミ ・ハサミ

園芸用のハサミと麻ひもを切る普通のハサミを用意しましょう。

園芸用のハサミと麻ひもを切る普通のハサミを用意しましょう。

作り方

①切り分けたユーカリをリースの土台にのせて麻紐でしっかりとつけます。

ユーカリがたくさんあれば側面も枝をつけて埋めるとより綺麗に仕上がります。今回は少ない材料で作ってみています。

ユーカリがたくさんあれば側面も枝をつけて埋めるとより綺麗に仕上がります。今回は少ない材料で作ってみています。


麻紐の余った部分は短くカットします。

麻紐の余った部分は短くカットします。

 

②同じことを繰り返します。飛び出た部分は後で整えます。

赤い〇部分のように枝を土台に挿して固定させてもやりやすく綺麗にまとまります。隙間ができないように枝と枝をからませてのせてもよいです。

赤い〇部分のように枝を土台に挿して固定させてもやりやすく綺麗にまとまります。隙間ができないように枝と枝をからませてのせてもよいです。

 

③ぐるっと1周して土台が隠れたら、はみ出た部分を整えます。

枝と枝の間に通すとボリュームがでます。葉を軽く押さえます。  お好みでリボンをつけて。約20分で完成です。

枝と枝の間に通すとボリュームがでます。葉を軽く押さえます。

お好みでリボンをつけて。約20分で完成です。

一晩で一部の葉がドライになってました。

一晩で一部の葉がドライになってました。

ユーカリが余ったら

さっと束ねて飾ったり、吊るしてドライフラワーにすることができます。

さっと束ねて飾ったり、吊るしてドライフラワーにすることができます。

目次に戻る≫

 

ローズマリーで作ってみた

ユーカリと同じく人気のハーブ、ローズマリーも同じ手順で簡単にリースを作ることができます。  今回使ったローズマリーはプロストラータスです。ほふく性のローズマリーです。立性とは異なり、垂れ下がるように育ちますのでリースが作りやすいです。  材料はユーカリと同じです。リースの土台はさらに小さいXSサイズのもので、約10cmです。  XSサイズの場合は少ない量でもリースが作れます。

ユーカリと同じく人気のハーブ、ローズマリーも同じ手順で簡単にリースを作ることができます。

今回使ったローズマリーはプロストラータスです。ほふく性のローズマリーです。立性とは異なり、垂れ下がるように育ちますのでリースが作りやすいです。

材料はユーカリと同じです。リースの土台はさらに小さいXSサイズのもので、約10cmです。

XSサイズの場合は少ない量でもリースが作れます。

土台に麻紐でつけます。なるべく目立たないよう葉で隠れるようにすると綺麗に仕上がります。

土台に麻紐でつけます。なるべく目立たないよう葉で隠れるようにすると綺麗に仕上がります。

リボンをつけて完成です。所要時間は15分くらいです。

リボンをつけて完成です。所要時間は15分くらいです。

ローズマリーがたくさんある場合は側面も隠れるようにするとより綺麗になります。

ローズマリーがたくさんある場合は側面も隠れるようにするとより綺麗になります。

土台があれば簡単にいろんなリースを作ることができます。  これは造花を使って作ったものです。作り方はこちらで紹介しています。

土台があれば簡単にいろんなリースを作ることができます。

これは造花を使って作ったものです。

目次に戻る≫

 

いかがでしたでしょうか。いろんな花・植物や素材を使ってリースを作ってみてくださいね。

 

  • ユーカリはフトモモ科のユーカリ属の植物。自生地では大きく育つ常緑高木です。種類も丸葉のポポラスや銀世界、他にもレモンユーカリなど様々。葉には香りがあり、アロマテラピーにも使用されてます。虫除けなどにもよいです。スッキリとした香りは集中力を高めてくれます。

ユーカリ・グニー(シルバードロップ)

  • 銀色ともブルーグリーンともつかない輝く葉が美しい「ユーカリ グニー」。コアラの餌という一般的なイメージを覆してくれる気品があり、シンボルツリーにぴったりです。本来は25mにも達する巨木ですが、摘芯しながらコンパクトに仕立てていきます。根が浅いので鉢植えでも育てられます。 特徴は卵形の葉。成長するにつれ一般的なユーカリのように細長くなっていきます。 ユーカリの仲間は原産地オーストラリアと同じ乾燥気候を好むため、湿度の高い日本ではなかなか上手く育てられません。移植に弱い欠点もあります。グニーはその中で最も過湿と移植に耐えてくれるので、栽培しやすいといえるでしょう。

 

 

 

 

「不器用さんでもできるユーカリリースの作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。