ハエマンサスの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ハエマンサスの花言葉や種類、特徴をご紹介!ハエマンサスは、ヒガンバナに似た赤い球状の花を咲かせる植物。線香花火や眉刷毛(まゆはけ)をイメージさせるような変わった花の咲き方が親しまれています。

 

ハエマンサスの花言葉

「ハエマンサス」の花言葉は「純粋」「清純な心」。

 

ハエマンサスについて

科・属 ヒガンバナ科・マユハケオモト属
和名 眉刷毛万年青
英名 Haemanthus
学名 Haemanthus
原産地 アフリカ
開花期 6月~11月

 

ハエマンサスの特徴

ハエマンサスは熱帯アフリカから南アフリカにかけて約60種が分布する球根植物。ヒガンバナの仲間でもあります。

ハエマンサスは「ムルチフローラ」という赤い線香花火のような丸い花が咲く品種と、「マユハケオモト」という太い花茎の先にハケのような形で花がつく品種があります。どちらもとてもユニークな花の形をしています。

ハエマンサスは、「ムルチフローラ」を代表とする夏生育(冬休眠)タイプ(6~8月開花)と、「マユハケオモト」を代表とする冬生育(夏休眠)タイプ(9~11月開花)に分かれます。どちらのタイプも葉が出ている期間に球根を生長させ、大きく育った球根は大きな花を咲かせます。

ハエマンサスは寒さに弱いので霜にあたると枯れてしまいます。寒くなったら室内で管理すると翌年も楽しめます。

ハエマンサスの名は、ハエマンサスの真っ赤な花姿が血の花をイメージすることからつけたれたと言われていて、ギリシア語のhaem(血)とanthus(花)の意味を含んでいます。

 

ハエマンサスの種類

「ムルチフローラ」は印象的な赤い花を咲かせますが、「マユハケオモト」には赤や白、ピンクなどといった色の違いがあります。

 

▼ハエマンサスの詳しい育て方はこちら

マユハケオモト(ハエマンサス)

  • オモトという名前が付いているため、引っ越し等で贈られる万年青の仲間と思うかもしれませんが、マユハケオモトはヒガンバナ科・マユハケオモト属で、万年青(キジカクシ科・オモト属)とは違う種類の植物です。マユハケオモトは南アフリカから熱帯アフリカに分布している球根植物で、その種類は60種程あります。マユハケオモトは冬生育タイプ(夏期休眠性)と夏生育タイプ(冬季休眠性)の大きく2つに分かれます。 冬生育タイプは葉が分厚く品種によって、夏に葉をつけたまま休眠するタイプと落葉してから休眠するタイプに分かれ、いずれも9~11月に花を咲かせます。夏生育タイプは葉が薄く冬に葉をつけたまま休眠するタイプと落葉して休眠するタイプに分かれ、6~8月に開花し、葉をつけたまま休眠するタイプと落葉してから休眠するタイプがあります。どちらのタイプも葉が出ている期間に球根を生長させ、大きく育った球根は大きな花を咲かせます。  

▼ハエマンサスの関連記事はこちら

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ハエマンサスの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス