エアプランツ(ティランジア)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

エアプランツ(ティランジア)の花言葉や種類、特徴をご紹介!エアプランツ(ティランジア)は、空気中の水分を葉から吸収する着生植物。そのユニークな姿がインテリアプランツとしても人気があります。

 

エアプランツ(ティランジア)の花言葉

エアプランツの花言葉は、「不屈」。

 

エアプランツ(ティランジア)について

科・属 ブロメリア科・ティランジア属
英名 Air Plants
学名 Tillandsia
原産地 北米南部~南米ほか
開花期 不定期

 

エアプランツ(ティランジア)の特徴

エアプランツ(ティランジア)の特徴

エアプランツは、北アメリカ南部のカリフォルニア州やフロリダ州からメキシコなどのカリブ海周辺、南アメリカ全土と主に中南米が原産の植物。着生植物というものに分類されていて、一般的な植物とは違い、樹皮や岸壁などに根を張って生育しています。

ユニークな形をしていて、土を必要としないおしゃれな植物ということで、近年はインテリアプランツとしても人気があり、園芸店やホームセンター、100円ショップなどでも購入することができます。しっかりと管理すればきれいな花を咲かせることもでき、趣味家が多く存在しています。

エアプランツは、水分の大部分を根からではなく葉から直接吸収しています。標高が低い熱帯雨林などではスコールなどにより葉が濡れますが、雨があまり降らない砂漠地帯や高山地帯などでは昼夜の寒暖差によって明け方に発生する濃霧から水を吸収しています。この特性からエアプランツと呼ばれるようになりました。

 

エアプランツの種類

エアプランツは種類が豊富で、分布している環境も様々あります。「街中の電線に絡まっているもの」「海岸部の波しぶきがかかる岸壁に生えているもの」「標高3,000m以上の場所に生えているもの」「アマゾン川流域の熱帯雨林に生えているもの」「砂漠に生えているもの」などがあります。そんな様子から、家でエアプランツを育てる際は、土よりも流木やウッドチップ、バークチップ、岩石や水苔などで育てると自生地の環境に近く、良いコンディションが保たれます。

エアプランツの水やりは、霧吹きで行います。たっぷりと濡らしたあとはきちんと乾くよう、風通しの良い場所に置きましょう。きちんと内側まで乾かないと蒸れてしまい、エアプランツが腐って枯れる原因にもなってしまいます。また、旅行などで長期間水やりできず、見るからに乾燥して乾いてしまっているときは、バケツなどの大きめの器に水を張り、その中にエアプランツを数時間浸ける、ソーキングという作業を行う方法もあります。

エアプランツの花言葉「不屈」は、土が無くても育ち、葉から空気中の水分を吸収して力強く生きて花を咲かせる姿からイメージして付けられたと言われています。

 

エアプランツ(ティランジア)の種類

ティランジア・アエラントス

エアプランツ(ティランジア)の中でもメジャーな品種。園芸店やホームセンターなどでよく販売されています。

ティランジア・アエラントス

  • ティランジア・アエラントスはティランジアの中でもメジャーな品種で、園芸店やホームセンターなどでよく販売されています。しかしながら、現在流通しているアエラントスの大半がティランジア・テヌイフォリア(Tillandsia tenuifolia)などのティランジアと同じアノプロフィツム亜属の有茎種と交雑したものとなってしまっています。基本変種のティランジア・アエラントスは花色が濃く、また増えにくい傾向があります。 花色に変異があり、白花変異のティランジア・アエラントス・アルバ、まだら花変異のティランジア・アエラントス・マージナータがあります。どちらも基本変種以上に増えにくく、矮小化しやすい傾向にあります。

ティランジア・カピタータ・ドミンゲンシス

真っ赤な葉が特徴で、日照が足りていれば常に紅葉しています。

ティランジア・カピタータ・ドミンゲンシス

  • カピタータ・ドミンゲンシスはドミニカ共和国の固有種で、カピタータの基本種ではないかと言われています。 カピタータ・ドミニゲンシスは真っ赤な葉が特徴で、日照が足りていれば常に紅葉しています。寒さに弱いといわれていますが、フンキアナやアンドレアナほどではありません。不定芽を多く出し、すぐにクランプになります。

ティランジア・ストリクタ・マゼンタ

赤く染まる花苞から濃い青紫色の花を咲かせます。育てやすく、よく開花するため初心者の人にもおすすめです。

ティランジア・ストリクタ・マゼンタ

  • ストリクタ・マゼンタはティランジア・ストリクタの園芸品種で、赤く染まる花苞から濃い青紫色の花を咲かせます。通常のストリクタと同様に育てやすく、よく開花するためティランジア(エアプランツ)初心者の人にもおすすめです。 ストリクタ・マゼンタは開花後に子株を出し、上手く育てることができれば毎年開花するようになります。

ティランジア・ロリアセア

極小型種の定番。直径2~3cm程度で育てやすく、毎年花が咲くことも珍しくありません。

ティランジア・ロリアセア

  • ロリアセアは極小型種の定番ティランジア(エアプランツ)です。ティランジア(エアプランツ)にはディアフォランテマ亜属と呼ばれる極小型種が多く分類されている亜属があるのですが、ロリアセアもディアフォランテマ亜属の一つです。直径2~3cm程度しかないのですが育てやすく、毎年花が咲くことも珍しくありません。

ティランジア・コットンキャンディ

花苞がとても美しく、ティランジア屈指の美花種。丈夫で育てやすく、開花後に子株を多く吹くので、ティランジア入門種としてオススメです。

ティランジア・コットンキャンディ

  • ティランジア・コットンキャンディはストリクタとレクルビフォリアの交配種です。花苞がとても美しく、ティランジア屈指の美花種です。丈夫で育てやすく、開花後に子株を多く吹くので、ティランジア入門種としてオススメです。園芸店だけでなく、普通のお花屋さんでも安価で売られているのでオススメです。

ティランジア・プラシェキー

花は紫色の筒状花。非常に鮮やかなピンク色に染まり、水で濡れると一層際立ちます。

ティランジア・プラシェキー

  • キューバの固有種でその見た目からキューバのイオナンタとも呼ばれています。 しかしイオナンタと同じように管理すると冬場に枯らしてしまいます。どちらかと言えば同じ環境に生えているティランジア・カピタータ・ドミンゲンシスと同じ管理をした方が良いです。 花は紫色の筒状花なのですが、カピタータのような花序を中心に作ります。 非常に鮮やかなピンク色に染まり、水で濡れると一層際立ちます。

 

▼エアプランツ(ティランジア)の詳しい育て方はこちら

ティランジア(エアプランツ)

  • ティランジア(エアプランツ)は北アメリカ南部のカリフォルニア州やフロリダ州からメキシコなどのカリブ海周辺、南アメリカ全土と主に中南米が原産の植物になります。ティランジア(エアプランツ)は着生植物というものに分類されており、一般的な植物とは違い樹皮や岸壁、人工物などに根を張って生えています。このことから土が要らない植物として販売されています。 ティランジア(エアプランツ)の分布している環境と種類は様々で、「街中の電線に絡まっている種類」「海岸部の波しぶきがかかる場所に生えている種類」「標高3,000m以上の岸壁に生えている種類」「アマゾン川流域の熱帯雨林に生えている種類」「礫砂漠に生えている種類」「自生しているサボテンに生えている種類」などがあります。 また、ティランジア(エアプランツ)は水の吸収の仕方が特殊で、その大部分を根からではなく葉から直接吸収しています。標高が低い熱帯雨林などではスコールなどにより葉が濡れますが、雨があまり降らない砂漠地帯や高山地帯などでは昼夜の寒暖差によって明け方に発生する濃霧から水を吸収しています。この特性からエアプランツと呼ばれるようになりました。


▼エアプランツ(ティランジア)の関連記事はこちら




 

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「エアプランツ(ティランジア)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料・10/5まで】味が濃く香り高い本気野菜「スイートバジル 2苗」栽培セット(鉢・土付き)

販売価格:3,520円(税込)

【事前予約・10月発送】チューリップ 球根 春満開 定番人気4種20球入り (一重咲き藤色・一重咲きピンク・フリンジ咲きピンク×白・八重咲き白)

販売価格:2,530円(税込)

【事前予約・10月発送】チューリップ 球根 マスコット 5球入り

販売価格:770円(税込)

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

SPECIAL

おすすめ

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A