スノードロップの育て方|植物図鑑

植物名
スノードロップ
学名

Galanthus nivalis

英名
Snowdrop
科名
ヒガンバナ科
属名
ガランサス属
原産地
ヨーロッパ、西アジア

スノードロップの特徴

「マツユキソウ(待雪草)」とその仲間を総称して「スノードロップ」と呼びます。秋頃から地中で根を伸ばし、まだ寒い時期に芽を出し、他の花も咲かない早春に花をつけることから、人々に春の始まりを告げる存在として親しまれてきました。雪の残る中でも花茎をすっと伸ばし、一輪ずつ花を咲かせます。下向きの白い花は、まさに雪がしずくとなったようです。つややかな光沢のある葉もまた美しいものです。 日本では「ジャイアント・スノードロップ」や「フロレ・プレノ」など数種が中心ですが、イギリスでは品種改良がとても盛んで数百種に達するともいわれています。

スノードロップは、一度植え付けてしまえば、特別な手入れをする必要がないので、育てやすい草花です。

スノードロップの詳細情報

園芸分類 球根
草丈・樹高 10cm~20cm程度
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色
開花時期 2月~3月頃

スノードロップとスノーフレークの違い

花の咲く時期

スノードロップは2~3月。

スノーフレークは3~4月。

スノードロップが咲きおわった頃にスノーフレークが咲き始めます。

花の容姿・草丈

スノードロップは花は白で、3枚ずつの離れた長い外花被と短い内花被を持つ六弁花です。いくつかの種では内花被に緑色の斑点があるものもあります。草丈は10~20cmと低めで、地面近くに花を咲かせます。

スノーフレークは1.5cm程度の白いスズランのような釣鐘型の花を咲かせます。花びらの先は6枚に別れ、緑の斑点が入ります。草丈は30~40cmと背が高めです。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング