観賞用トウガラシ(唐辛子)の育て方|植物図鑑

植物名
観賞用トウガラシ(唐辛子)
学名

Capsicum

科名
ナス科
属名
トウガラシ属
原産地
南アメリカ~北アメリカの熱帯地域

観賞用トウガラシ(唐辛子)の特徴

観賞用トウガラシはトウガラシの仲間ですが、あくまでも観賞専門で食用にはできません。食用のトウガラシと同じく、ナス科の一年草です。

色は、赤、黄色、オレンジ、黒、紫などカラフルな色合いで、実の形も食用のトウガラシのような形の他、丸い実など様々です。実を鑑賞して楽しむ植物ですが、最近は葉っぱにもこだわった観賞用トウガラシもあり、カラーリーフの素材としても注目が集まっています。

原産は南アメリカ~北アメリカの熱帯地域で、暑いのは得意ですが寒さは苦手なため初夏から秋までの一年草です。観賞期間は6月~12月と長く、最近は葉ものだけでも鑑賞価値が高い品種も多いので、花壇や寄せ植えなど、様々な用途で利用できる植物です。

トウガラシは、カプサイシンの成分が含まれるので、種を収穫した手で、目をこすったりするとヒリヒリする場合があるので注意しましょう。

観賞用トウガラシ(唐辛子)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 20~80cm
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
花色 赤、黄色、オレンジ、アプリコット色、グリーン色、紫、白
開花時期 観賞期間6月~12月

観賞用トウガラシ(唐辛子)の種類

2017090706

ブラックパール

観賞用トウガラシ(唐辛子)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
観賞期間

観賞用トウガラシ(唐辛子)の栽培環境

日当たり・置き場所

観賞用トウガラシは日当たりがよく、風通しのよい場所で育てます。

温度

発芽適温は25℃以上が必要です。

用土

水はけがよく、肥沃な土に植えましょう。花と野菜用の培養土でも問題なく育ちます。

▼土は生産者オリジナル!トウガラシを使った寄せ植えセット

観賞用トウガラシ(唐辛子)の育て方のポイント

水やり

観賞用トウガラシは、渇いたらたっぷりと水やりをします。根が深く張らないことから乾燥には弱いので、乾かしすぎないように注意します。

肥料

観賞用トウガラシは、固形、液体、どちらの肥料でも問題ありません。記載されている使用量と頻度に従って、適宜与えるようにしてください。

病害虫

アブラムシハダニの被害にあうことがあります。

観賞用トウガラシ(唐辛子)の詳しい育て方

選び方

葉の色がきれいで株元がぐらついていない、しっかりとした株を選びましょう。

種まき

発芽するのに25℃以上必要です。観賞用トウガラシは種から育てるよりも苗での購入が一般的です。

植え付け

観賞用トウガラシは植え付け直後に気温が低いと、初期の生長に影響が出るので十分に気温が上がってから植え付けます。観賞用トウガラシはナス科の植物で、連作障害の影響が出る可能性があります。毎年育てるような場合は、去年と同じ場所は避けるようにしましょう。

植え替え・鉢替え

観賞用トウガラシは一年草のため、植え替えの必要はありません。

観賞用トウガラシは花ではなく、実を観賞して楽しむ植物です。観賞用トウガラシの観賞期間は6~12月と、長い期間楽しむことができます。

収穫

観賞用トウガラシは、生花として飾ったり、ドライフラワーにすることもできます。

夏越し

観賞用トウガラシは熱帯地域が原産なので、暑さには強い植物です。特別な夏越しの必要はありません。

冬越し

観賞用トウガラシは冬には枯れてしまう一年草です。特に必要な冬越しの作業はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

種を採って増やすことができます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング