ネジバナ(捩花)の育て方|植物図鑑

植物名
ネジバナ(捩花)
学名

Spiranthes sinensis

英名
Lady's tresse
和名
捩花(ネジバナ)
別名・流通名
綟摺(モジズリ)
科名
ラン科
属名
ネジバナ属
原産地
日本~アジア

ネジバナ(捩花)の特徴

ネジバナは、春から夏に芝生や歩道の脇、花壇の中などで咲いているのを見かけるラン科の多年草です。日本に自生する原種のランですが、とても小ぶりであることや生えている場所が他のランとは違うので、雑草として扱われてしまうことがほとんどです。

すっと伸びた茎にらせん状に花を咲かせます。ねじれるように咲くからネジバナ。他にもネジリバナなどと呼ばれています。ネジバナの巻き方は右巻きと左巻きとの両方があります。花色もピンクが一般的ですが、稀に白花もあります。真直ぐな茎に絡みつくようにピンク色の花を咲かせている姿は、とても独特で、山野草愛好家の間で人気の植物でもあります。

ネジバナ(捩花)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 10~20㎝程度
耐寒性 無し
耐暑性
花色 ピンク、白
開花時期 5~8月

ネジバナは、その名の通りねじれるように螺旋を描いて咲く姿が美しい植物です。非常に小型の野生のランということもあり、愛好家もいます。多年草ですが、そんなに何年も繰り返し咲いてはくれません。こぼれ種で同じ場所から繰り返し咲いていることも多々あります。去年までは庭にネジバナが咲いていたのに今年は咲かない、等ということが良くあります。

育て方を見る >>

人気の植物ランキング