名前がわかる!花が可愛い雑草を色別にご紹介|夏編

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

花屋さんでは売っていない、雑草と呼ばれている植物も可愛いお花を咲かせます。道端で見かけて名前がわからずにいるお花はありませんか?調べたくても調べ方がわからないお花も多いのではないでしょうか。

夏に可愛い花や果実をつける雑草を、わかりやすく色別にご紹介します。気になる雑草の名前と種類がわかるかも!

目次

花が可愛い夏の雑草|ピンク

濃いピンクから淡いピンクまで。ピンク色の花が可愛い雑草の名前をご紹介します。

ネジバナ

学名:Spiranthes sinensis 科名:ラン科 分類:多年草 花期:6~7月 ネジバナは別名を「モジズリ」とも言い、日本に昔から自生する野生のランです。ランというと花屋さんで売られているような高価なイメージがあるかもしれません。ネジバナはおよそランとは思えない、楚々とした野花のような姿をしていますが、立派なランの仲間です。 草丈15~20cmくらいのすっと真直ぐに伸びた花茎に、らせん状にピンクの小花を巻きつけるように咲かせます。ネジバナの咲き方は右巻きと左巻きに分かれますが、どちらでも特に違いはないそうです。 花色は個体によって様々で、薄いピンクのものから濃いはっきりとしたピンクまであります。 道端や公園、空き地など、様々な場所で見かけます。特に芝生の中から飛び出すように生えていることが多いので、芝生の広場で探してみると見つかりやすいかもしれません。

  • 学名:Spiranthes sinensis
  • 科名:ラン科
  • 分類:多年草
  • 花期:6~7月

ネジバナは別名を「モジズリ」とも言い、日本に昔から自生する野生のランです。ランというと花屋さんで売られているような高価なイメージがあるかもしれません。ネジバナは、およそランとは思えない楚々とした野花のような姿をしていますが、立派なランの仲間です。

草丈15~20cmくらいのすっと真直ぐに伸びた花茎に、らせん状にピンクの小花を巻きつけるように咲かせます。ネジバナの咲き方は右巻きと左巻きに分かれますが、どちらでも特に違いはないそうです。

花色は個体によって様々で、薄いピンクのものから濃いはっきりとしたピンクまであります。

道端や公園、空き地など、様々な場所で見かけます。特に芝生の中から飛び出すように生えていることが多いので、芝生の広場で探してみると見つかりやすいかもしれません。

▼ネジバナについてもっと詳しくはこちら

ネジバナ(捩花)

  • ネジバナは、春から夏に芝生や歩道の脇、花壇の中などで咲いているのを見かけるラン科の多年草です。日本に自生する原種のランですが、とても小ぶりであることや生えている場所が他のランとは違うので、雑草として扱われてしまうことがほとんどです。

    すっと伸びた茎にらせん状に花を咲かせます。ねじれるように咲くからネジバナ。他にもネジリバナなどと呼ばれています。ネジバナの巻き方は右巻きと左巻きとの両方があります。花色もピンクが一般的ですが、稀に白花もあります。真直ぐな茎に絡みつくようにピンク色の花を咲かせている姿は、とても独特で、山野草愛好家の間で人気の植物でもあります。

ヒルザキツキミソウ

学名:Oenothera speciosa 科名:アカバナ科 分類:多年草 花期:5~7月 初夏から夏の間に花を咲かせます。直径3~4cmのお椀型の花で、花びらは4枚、花色は白からピンク、透けるような質感が可憐な印象的です。 マツヨイグサ属ですが昼から花を咲かせるので、ヒルザキツキミソウというのが名前の由来と言われています。 道端や野原、公園、駐車場の脇など、身近な場所で見かける雑草です。雑草として扱うにはあまりに可憐な姿をしているので、庭先などで見かけるとそのままにしておく人も多いような花です。ただ、花が咲くまでその価値に気付かない人も多く、雑草として抜かれてしまうことが多いようです。

  • 学名:Oenothera speciosa
  • 科名:アカバナ科
  • 分類:多年草
  • 花期:5~7月

初夏から夏の間に花を咲かせます。直径3~4cmのお椀型の花で、花びらは4枚、花色は白からピンク、透けるような質感が可憐な印象的です。

マツヨイグサ属ですが昼から花を咲かせるので、ヒルザキツキミソウというのが名前の由来と言われています。

道端や野原、公園、駐車場の脇など、身近な場所で見かける雑草です。雑草として扱うにはあまりに可憐な姿をしているので、庭先などで見かけるとそのままにしておく人も多いような花です。ただ、花が咲くまでその価値に気付かない人も多く、雑草として抜かれてしまうことが多いようです。

ユウゲショウ

学名:Oenothera rosea 科名:アカバナ科 分類:多年草 花期:5~7月 ヒルザキツキミソウを小さくしたようなピンク色の花を咲かせます。花びらは4枚で咲き始めからピンク色をしています。花の直径は2~3cm程度、野原や芝生などで固まって咲いているのを見かけます。人が入らないような空き地では群生していることもあります。  春の花が終わって初夏の花が咲き始めた頃、近くの公園の芝生のなかに、このユウゲショウが群生しているのを見かけました。毎日この前を通ることを楽しみにしていたのですが、ある日芝刈りが入り、きれいさっぱりユウゲショウたちは姿を消してしまいました。雑草ゆえの運命ですが、少し寂しいですね。

  • 学名:Oenothera rosea
  • 科名:アカバナ科
  • 分類:多年草
  • 花期:5~7月

ヒルザキツキミソウを小さくしたようなピンク色の花を咲かせます。花びらは4枚で咲き始めからピンク色をしています。花の直径は2~3cm程度、野原や芝生などで固まって咲いているのを見かけます。人が入らないような空き地では群生していることもあります。

春の花が終わって初夏の花が咲き始めた頃、近くの公園の芝生のなかに、このユウゲショウが群生しているのを見かけました。毎日この前を通ることを楽しみにしていたのですが、ある日芝刈りが入り、きれいさっぱりユウゲショウたちは姿を消してしまいました。雑草ゆえの運命ですが、少し寂しいですね。

アメリカオニアザミ

学名:Cirsium vulgare 科名:キク科 分類:多年草 花期:5~9月 紫がかったピンク色の花が可愛らしいアザミの仲間です。花はノアザミによく似ていますが、ノアザミと違って葉にトゲがあります。素手で触れると肌を傷つけることがあるので注意しましょう。道端や公園、野原、駐車場の脇など身近な場所で見かけます。 外来種で繁殖力が強く、要注意外来生物にも指定されています。タンポポの綿毛のような種子で広範囲に広がります。自宅のお庭で見かけたら、必要の無い場合は早めに駆除しましょう。

  • 学名:Cirsium vulgare
  • 科名:キク科
  • 分類:多年草
  • 花期:5~9月

紫がかったピンク色の花が可愛らしいアザミの仲間です。花はノアザミによく似ていますが、ノアザミよりも葉のトゲが鋭いのが特徴です。素手で触れると肌を傷つけることがあるので注意しましょう。道端や公園、野原、駐車場の脇など身近な場所で見かけます。

外来種で繁殖力が強く、要注意外来生物にも指定されています。タンポポの綿毛のような種子で広範囲に広がります。自宅のお庭で見かけたら、必要の無い場合は早めに駆除しましょう。

目次に戻る≫

花が可愛い夏の雑草|ミックスカラー(オレンジ~ピンク)

ちょっと珍しいミックスカラーの花を咲かせる雑草の名前です。

ヤブガラシ

学名:Cayratia japonica 科名:ブドウ科 分類:つる性多年草 花期:6~8月 ヤブガラシの名前は、藪も枯らしてしまうほどの繁殖力の強さが由来と言われています。その名の通り、公園や道端、民家の庭先など、様々な場所でヤブガラシが繁っているのを見かけます。  繁殖力の強い雑草と敬遠されがちなヤブガラシですが、夏に咲く花が可愛らしいという特徴があります。花は非常に小さく、直径2~3㎜くらいの小花を集合させて咲きます。ヤブガラシの花は咲き始めはピンク、咲き進むに従ってオレンジ色に変化していくので、ミックスカラーのような可愛らしさがあります。  さらに蜜が豊潤なのでしょうか。蝶や蜂といった昆虫が訪れているのも度々見かけます。雑草と言って抜いてしまう前に、その可愛さも見直してみてください。

  • 学名:Cayratia japonica
  • 科名:ブドウ科
  • 分類:つる性多年草
  • 花期:6~8月

ヤブガラシの名前は、藪も枯らしてしまうほどの繁殖力の強さが由来と言われています。その名の通り、公園や道端、民家の庭先など、様々な場所でヤブガラシが繁っているのを見かけます。

繁殖力の強い雑草と敬遠されがちなヤブガラシですが、夏に咲く花が可愛らしいという特徴があります。花は非常に小さく、直径2~3㎜くらいの小花を集合させて咲きます。ヤブガラシの花は咲き始めはピンク、咲き進むに従ってオレンジ色に変化していくので、ミックスカラーの花が咲いているような可愛らしさがあります。

さらに蜜が豊潤なのでしょうか。蝶や蜂といった昆虫が訪れているのも度々見かけます。雑草と言って抜いてしまう前に、その可愛さも見直してみてください。

目次に戻る≫

 

\まだまだ色んな花の紹介に続きます!/

続きを読む

Pages: 1 2 3
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「名前がわかる!花が可愛い雑草を色別にご紹介|夏編」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

『花』デイリーアクセスランキング

おすすめ