レンゲソウ(蓮華草)の育て方|植物図鑑

植物名
レンゲソウ(蓮華草)
学名

Astragalus sinicus

英名
Chinese milk vetch
和名
蓮華草
別名・流通名
ゲンゲ、紫雲英
科名
マメ科
属名
レンゲ属
原産地
中国

レンゲソウ(蓮華草)の特徴

レンゲソウ(蓮華草)とは春にピンク色の花を咲かせる、マメ科の越年草です。マメ科の植物は根に根粒菌を持つものが多く、土中の窒素を根に蓄えて土壌を肥沃にする性質があります。マメ科であるレンゲソウ(蓮華草)もその力が高いため、休耕中の田畑を肥沃にする目的で植えられていました。花後はそのまま田畑に漉き込んで緑肥としても使用されていました。化成肥料が使用されるようになった最近では、春に一面ピンクの絨毯のようなレンゲソウ(蓮華草)畑も見かけなくなりました。

レンゲソウ(蓮華草)から作られるレンゲ蜂蜜も有名です。春の田畑一面にレンゲソウ(蓮華草)が植えられていた頃は、レンゲソウ(蓮華草)は大切な蜜源でした。クセがなく、食べやすいレンゲ蜂蜜は今でも人気のある蜂蜜の一つです。

レンゲソウ(蓮華草)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 15㎝程度
耐寒性 強い
花色 ピンク、稀に白花
開花時期 4月

越年草とは

レンゲソウ(蓮華草)は春に花が咲く越年草です。越年草とは秋に発芽して越冬し翌年に花を咲かせる植物です。夏や秋に芽吹き、冬の間は地表にグリーンの葉を出して生長します。春になると花芽が上がり開花します。レンゲソウ(蓮華草)のような越年草を育てているときは冬の水やりも忘れないように行います。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング