クローバー(シロツメクサ・白詰草)の育て方|植物図鑑

植物名
クローバー(シロツメクサ・白詰草)
学名

Trifolium

英名
Clover、Trefoil
和名
白詰草
科名
マメ科
属名
シャジクソウ属
原産地
北半球の温帯および南アメリカ

クローバー(シロツメクサ・白詰草)の特徴

シロツメクサ(シロツメクサ・白詰草)はトリフォリウム属の植物です。日本で最もよく目にするシロツメクサ(シロツメクサ・白詰草)は、3つの小葉からなる濃い緑色の葉の間からボール状の白色の花を咲かせます。白い集合花で冬に地上部が枯れますが春に茎葉が伸びてくると鮮やかです。牧草のほか公園や河川敷きなどで芝生の代わりに使われることもあります。丈夫でよく育ちますが暑さには弱いです。

トリフォリウム属は北半球の温帯にかけて230種ある一年草または多年草で、葉は3、5、7の小葉からなります。花色もさまざまで紫、淡紅、白、黄などです。最近は葉色が鮮やかなものや葉に模様が入ったもの、全てが四つ葉のものなど園芸品種も多く作られ観賞用として栽培されるほか、原種は牧草や蜜源植物としても栽培されています。

クローバー(シロツメクサ・白詰草)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 5~10㎝
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
耐陰性 強い
花色
開花時期 4月~6月頃

クローバー(シロツメクサ・白詰草)の名前の由来

属名のトリフォリウムはラテン語のtres(3)とfolium(葉)に由来し、3枚の小葉をもつことにちなみます。英名のクローバーはローマ神話でヘラクレスが3つのコブをもつ棍棒を持っていることからラテン語で棍棒を意味するclavaがclubに変わり、やがてcloverにかわったといわれています。日本でツメクサと呼ばれるのは江戸時代のオランダ貿易の際にオランダから輸入されたガラス製品の詰めものとして使われていたことから詰め物の草からツメクサと呼ばれるようになりました。

シャムロック(クローバー)はアイルランドの国の花

432年にアイルランドを訪れた司教、聖パトリックがシャムロック(葉が3枚に分かれている草の総称)の葉が3つにわかれているのはキリスト教の三位一体「父(神)と子(キリスト)と聖霊」を表していると説明し、キリスト教の布教に利用しました。聖パトリックは各地で次々と奇跡を起こしてキリスト教の布教に努め多くの教会を立てたといわれています。3月17日の聖パトリックの命日には祝日としてシャムロックの葉を胸にさすか緑色のものを身につけて祝うならわしになっています。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング