カーネーションの育て方|植物図鑑

植物名
カーネーション
学名

Dianthus caryophyllus

英名
Carnation
和名
麝香撫子
別名・流通名
オランダナデシコ、ジャコウナデシコ、オランダセキチク
科名
ナデシコ科
属名
ナデシコ属
原産地
ヨーロッパ・西アジア

カーネーションの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
肥料
開花

カーネーションの栽培環境

日当たり・置き場所

カーネーション日当たりが良く、風通しがよい場所を好みます。地植えの場合は、水はけの良い土壌にしましょう。

温度

高温と寒さは苦手です。真夏と真冬の管理は注意しましょう。

用土

カーネーションは多湿が苦手なので、水はけの良い用土を使用します。市販の花用の培養土を利用しても良いでしょう。

カーネーションの育て方のポイント

日常の管理

スプレー咲きでたくさん花を咲かせるタイプのカーネーションは、花が終わったらこまめに花がら摘みをしましょう。

水やり

土の表面が乾いたら鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと与えましょう。多湿が嫌いなので乾燥気味に管理します。水のやりすぎは根腐れの原因になります。

肥料

開花中、使用している肥料の説明に書いてある頻度で追肥します。花をたくさんつける植物なので追肥が必要です。

病害虫

カーネーションは高温多湿が苦手です。湿度が高すぎたり、日照不足だと病害虫が発生しやすくなります。梅雨時や秋~冬場の湿度が高く日照不足の時は気を付けましょう。風通しの良い場所で管理し、花がらはこまめにとって苗の健康を保ちましょう。

害虫は春先にアブラムシが発生しやすいので、まめにチェックしましょう。

病気は灰色かび病があります。ボトリチス病とも呼ばれ、梅雨時期に特に発生します。病害虫とも日当たりや風通しをよくすることが大切です。

カーネーションの詳しい育て方

選び方

カーネーションは株元の葉が黄色くなっていないもの、茎の節がしっかりとしたものを選びましょう。蕾が固いと開花までに時間がかかりますので、開花している花がある株を選ぶと長く楽しめます。

植え付け

カーネーションの植え付けは真夏と真冬を避けた、春か秋に行います。植え付け後はたっぷりと水やりを行います。

剪定・切り戻し

カーネーションは花が終わったら花茎を根元まで切り戻します。この時、他の新しい蕾を切ってしまわないように気を付けましょう。

植え替え・鉢替え

カーネーションは1~2年に1度は植え替えを行いましょう。植え替えは真夏と真冬を避けた春か夏に、1~2回り大きな鉢に植え替えます。

植え替え後はたっぷりと水やりを行います。

4月~6月、9月~10月に開花します。

夏越し

カーネーションは真夏の高温多湿が苦手です。風通しの良い涼しい場所に移動させてください。

冬越し

冬は地上部が枯れたようになって越冬します。日当たりの良い室内に取り込むか、あまり風の当たらない屋外で管理します。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

カーネーションは挿し木で増やせます。

基本情報を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング