カスミソウ(かすみそう・かすみ草)の育て方|植物図鑑

植物名
カスミソウ(かすみそう・かすみ草)
学名

Gypsophila

英名
Baby’s breath,Gypsophila
和名
霞草
科名
ナデシコ科
属名
ジプソフィラ属
原産地
アジア、ヨーロッパ一帯

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)の特徴

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は、背丈が1m以上に育ち、白い小さな花をたくさん咲かせます。種類によっては、花の色が薄いピンク色をしているものや、花の大きさも大きいものもあります。カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は 一年草と宿根草の2種類があり、高温多湿を嫌い、移植を嫌う特性を持っています。また、花のイメージからは想像しにくい独特な匂いがあるので、他の花と一緒に植えたり、切り花として利用する場合は、匂いに配慮が必要です。多くの植物は肥料を必要としますが、カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は肥料なしでも花を咲かせてくれる植物です。

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 20~100cm
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
耐陰性 普通
花色 白、ピンク
開花時期 5月~7月頃

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
肥料
開花

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)の栽培環境

日当たり・置き場所

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は日当たりと風通しのよい場所で育てましょう。

用土

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は湿気を好まない植物なので、水はけよい土壌が適しています。

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)の育て方のポイント

水やり

庭植えのカスミソウ(かすみそう・かすみ草)は根付いてからは特に水やりの必要はありません。特に乾燥が続いた時は、たっぷりと水やりを行います。

鉢植えのカスミソウ(かすみそう・かすみ草)は、土の表面が乾いていたら水を与えます。カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は湿気を嫌うので必要以上に水を与えると、枯れる原因になってしまいます。

肥料

開花前の3月~5月、休眠期前の10月~11月に追肥します。カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は肥料を与えなくても開花しますが、与えると株の生長がよくなります。

病害虫

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)はアブラムシハダニが付きやすいので春先から秋までは、注意が必要です。また、真夏を除き立枯病にかかりやすいので、梅雨や湿気の多い時期はできるだけ乾燥している環境の中で育てることが大事です。

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)の詳しい育て方

選び方

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)の苗は、下葉がしっかりついており、茎が太く、苗ポットの中で根腐れをおこしていないよい苗を選びます。

種まき

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は、春まきは2月から3月頃になり気温が20度ぐらいに安定したら種まきをします。秋まきは9月頃から10月頃に行います。

植え付け

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)の植え付けは、春は2月から3月、秋は10月~11月頃まですることができます。植え付けは水はけや風通しがよく、湿気の少ない所が適しています。カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は矮性から高性まで種類によって背丈がまったく違います。その品種に適した場所に植え付けましょう。

仕立て方

背丈が1m以上になる種類のカスミソウ(かすみそう・かすみ草)は花茎が伸びてきたら支柱をたてて強風で倒れないように、早めに対策をしましょう。

摘芯(摘心)・摘果

カスミソウは、(かすみそう・かすみ草)3月頃に出てきた新芽の先を切ると、そこから枝分かれして花芽を増やすことができます。

剪定・切り戻し

花が咲き終わったら、株の根元まで切り戻しておきます。

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は、5月~7月頃に真白あるいはピンクの小花を、煙るように咲かせます。

収穫

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)の花が咲いたら、切花として生けたり、ドライフラワーにして楽しむことができます。

夏越し

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は高温多湿に弱いので株が蒸れないように管理しましょう。

冬越し

一年草のカスミソウ(かすみそう・かすみ草)は、冬には枯れてしまいます。

多年草のカスミソウ(かすみそう・かすみ草)は冬は地上部が枯れたようになりますが、翌春また芽吹いてきます。

どちらも特に必要な冬越しの作業はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は、種とさし芽で増やすことができます。 種で増やす場合は、9月から10月頃に種を蒔きます。プランターなどにバーミキュライトの用土を入れて4~5粒位を一緒に3cm位間隔をあけて蒔きます。発芽したら、元気のよい芽を残して間引きます。 さし芽で増やす場合は、3月の終わり頃から5月の中旬位と9月から10月までの間にするとよいです。カスミソウ(かすみそう・かすみ草)の元気のよい新芽の先を3~5cmくらい切り、バーミキュライトの用土が入っている「さし床」にさします。新芽は消毒してあるはさみなどで切り、発根促進剤の中に切り口を入れてからさすとさし芽も付きやすくなります。

福島県大沼郡にある昭和村はカスミソウ(かすみそう・かすみ草)の栽培面積が日本一

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は日本全国で栽培されていますが、夏と秋に栽培されるカスミソウ(かすみそう・かすみ草)の栽培面積は福島県の昭和村が日本一です。夏と秋に栽培したカスミソウを冬に積もる雪を利用して「雪室」(ゆきむろ)を作り、そこでカスミソウ(かすみそう・かすみ草)を貯蔵し、翌年の6月から11月頃まで全国に出荷しています。

昭和村一帯に積もる雪は、カスミソウ(かすみそう・かすみ草)の鮮度を高品質の状態で保つため、よい保存状態が保たれています。この「雪室」を利用したカスミソウ(かすみそう・かすみ草)の保存は、ほかの素材を利用しないため、自然環境に優しい方法です。

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)を添えた目的別花束の活用法

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)にはいろいろな花言葉があります。その花言葉を活用して、目的別の花束をつくると脇役的な存在であるカスミソウ(かすみそう・かすみ草)も主役的役割を果たしてくれます。

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)の花言葉にある「幸福」の気持ちを相手に伝えたい場合は、同じ花言葉をもっているバーべナと一緒に花束を作って贈ると「幸福」の花言葉の意味が一層伝わります。プロポーズや愛情を伝える時は、赤いバラと一緒の花束がよいでしょう。一方、片思いの人に贈る場合は、コスモスの花言葉はカスミソウ(かすみそう・かすみ草)と同じように「思い思われ」があるので、コスモスと一緒の花束を贈ると、相手に気持ちが伝わりやすくなります。

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は、単独でつくった花束もよいですが、同じ花言葉をもっている花とカスミソウ(かすみそう・かすみ草)を組み合わせた花束は、相手に気持ちが効果的に伝わるでしょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング