ジャスミンの育て方|植物図鑑

植物名
ジャスミン
学名

Jasminum

英名
Jasmine
科名
モクセイ科
属名
ソケイ属
原産地
アジア~アフリカ

ジャスミンの特徴

ジャスミンはモクセイ科ソケイ属に分類されているつる性植物の総称ですが、主にマツリカ(茉莉花)やハゴロモジャスミンなどの芳香性の花を咲かせるものを指します。

カロライナジャスミン(マチン科ゲルセミウム属)や、マダガスカルジャスミン(ガガイモ科シタキソウ属)、スタージャスミン(キョウチクトウ科テイカカズラ属)などもジャスミンというくくりで流通していますが、これらは厳密に言えばジャスミンではなく全く別の植物で、花の形や香りがジャスミンに似ているため和名で~ジャスミンと付けられています。

また、カロライナジャスミンなどは毒性があるため、誤ってジャスミンティーとして葉や花を使用しないように注意が必要です。

ジャスミンの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 1~3m
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
耐陰性 普通
花色 白など

ジャスミンティーの歴史

ジャスミンはジャスミン茶の原料となっているものがあります。今から200年くらい前に中国で皇帝にお茶を献上する際長時間の運搬でお茶の香りがなくなることをごまかすためにジャスミンの花をお茶に入れたことから始まりました。そのほかにも中国では不老不死の薬としてジャスミンが使われていました。

ジャスミンの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
剪定
肥料
開花
収穫

ジャスミンの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりがよいところを選びましょう。ジャスミンは南国の植物なので寒さが苦手です。霜の被害にあわないように寒くなって来たら取り込んで暖かい場所で育てましょう。

用土

水はけがよい土を作ってください。赤玉土に腐葉土、もしくは一般に売られている培養土でもかまいません。土は清潔で新しいものに植えましょう。

ジャスミンの育て方のポイント

水やり

ジャスミンは土がかわいたら水をたっぷりと与えましょう。鉢底皿に水が溜まると根腐れの原因になりますのですぐに捨てましょう。

肥料

ジャスミンは2~3月の寒肥でリン酸、カリなどのハーブ専用の肥料や油かすを与えましょう。5~6月にも追肥すると生育がよくなります。

ジャスミンの詳しい育て方

選び方

根がポットにしっかりついていて葉がたくさんあるもの、茎がしっかりしているもの、葉の色が鮮やかなものを選びましょう。ポットの土がこんもりとして手入れをされている土かどうかも見極めるポイントです。

植え付け

ジャスミンは根が命ですので植え付けや植え替えをするときはポットから苗を取り出したら土を崩さずにそっと植え替えるようにしてください。根が少しでも傷つくと枯れる原因になります。

剪定・切り戻し

ジャスミンは毎年剪定が必要です。花が終わったころに脇のつるを2/3カットします。主要な蔓を切ると翌年から花がつかないことがあります。

収穫

ジャスミンの花はジャスミンティーに利用されています。収穫して乾燥させましょう。イエロージャスミン(カロライナジャスミン)は強い毒性があるので絶対に収穫してお茶にしてはいけません。呼吸器系に障害を起こす恐れがあります。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング