ハゴロモジャスミンの育て方|植物図鑑

植物名
ハゴロモジャスミン
学名
Jasminum polyanthum
英名
Pink Jasmin
科名
モクセイ科
属名
ソケイ属
原産地
中国

ハゴロモジャスミンの特徴

フェンスやラティス、グランドカバーなどによく用いられる、常緑性のつる性植物です。ピンク色のつぼみと白い花のコントラストが美しく、株全体を花が覆う様子は、まさに羽衣をまとっているようです。 地植えにして目隠しに用いても、鉢植えにしてアサガオのようなあんどん仕立てにしても楽しめます。 「香りの王」と呼ばれるジャスミンの仲間だけあり、天女を連想させる甘い香りも特徴的です。花の時期は小さな鉢を部屋に置くのもよいですね。 秋には花芽をつけてしまうので、開花が終わったらすぐに剪定してしまうのがポイントです。

ハゴロモジャスミンの詳細情報

園芸分類 草花
耐寒性 普通
耐暑性 強い
花色
開花時期 2月~4月頃
  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

ハゴロモジャスミンの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
剪定
肥料
開花

ハゴロモジャスミンの日常のお手入れ

日当たり・置き場所

日当たりを好みます。

水やり

表面の土が乾いたらたっぷりの与えます。乾燥に強いハゴロモジャスミンですが、つぼみのうちは水切れに注意しましょう。

肥料

花後にお礼肥、秋に寒肥として化成肥料を与えます。真冬には油かすなど固形肥料を与えておきます。特にお礼肥はしっかりと。

病害虫

春~夏にかけてアブラムシとハダニに注意してください。周りにひろがらないよう薬剤でしっかり駆除します。

ハゴロモジャスミンの選び方

買う時の選び方

つるが徒長しておらず、なるべく新芽の多い苗を選びます。成長がとても速いので、小さい苗でも大丈夫です。

用土

一般的な「花の土」「園芸用の土」でよく育ちます。赤玉土6、腐葉土4の組み合わせでもよいでしょう。地植えする場所には堆肥をよく混ぜ込んでください。

ハゴロモジャスミンの季節の管理

種まき

黒い実をつけますが、結実自体が珍しいことです。剪定したつるを用いた挿し木で増やすのが一般的です。赤玉土に植え、発根まで日陰で管理します。

植え付け

生育期を迎える前に植え付けます。あらかじめ新芽を摘んで、脇芽の発達をうながすようにしましょう。伸びた脇芽をさらに摘むと、よく発達します。

剪定

花が終わり、生育期に入る前の初夏、樹形を整えながら大きく切り戻していきます。成長が速いので強めに剪定しても大丈夫です。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング