スモークツリーの育て方|植物図鑑

植物名
スモークツリー
学名

Cotinus coggygria

英名
Smork Tree
科名
ウルシ科
属名
ハグマノキ属
原産地
中国、ヒマラヤ一帯、ヨーロッパ

スモークツリーの特徴

スモークツリーは、初夏になると穂状の花序に小さな黄緑色の花が無数に開花します。雌雄異株で、タネを結ばない不稔花である雌木の軸の部分(花柄)が長く伸びて、羽毛のようなふわふわとした触感と見た目になります。雄木に咲く花は、雌の樹木に比べて花も小さいので、煙がくすぶっているようには見えません。切り花や庭木として植栽されているのは雌木です。花の房は長いもので20cm以上にもなります。開花後のスモークツリーの花柄が、煙がたっているかのように見えることが花の名前の由来です。庭木の他、花つきの枝ものとして初夏に多数の切り花が流通しています。

スモークツリーは花だけでなく、葉も魅力的で、紅葉も美しい樹木です。暑さ寒さにも強く、手入れが簡単なため、庭木としても人気があります。ウルシ科のため、剪定した際の切り口に素手で触れるとかぶれることがあります。ヤニもあるので、作業で触る際には手袋をするようにしましょう。

スモークツリーの詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 3~4m
耐寒性 普通
耐暑性 強い
花色 花:黄緑 花柄:ピンク、白、赤、黄など
開花時期 6月〜7月

スモークツリーの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
剪定
開花
肥料

スモークツリーの栽培環境

日当たり・置き場所

スモークツリーは日当たりと水はけの良い場所が適しています。生長が早いので、どちらかというと地植えが向いている木です。また、根が深く張るタイプの木ではないため、風の通り道になるような場所への植栽は向いていません。

横に広がるように生長するので、ある程度のスペースが必要です。

用土

スモークツリーは湿気に弱いので、地植えをする場所が粘土の場合は避け、水はけの良い場所に植えましょう。

鉢植えの場合は、草花用の培養土で問題なく育ちます。

スモークツリーの育て方のポイント

水やり

鉢植えのスモークツリーは、鉢の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出てくるくらいたっぷりと水を与えましょう。乾燥気味を好むので、水の与えすぎには注意します。

地植えのスモークツリーは、真夏の日照りが強く土が干からびるようになったらたっぷりと水を与えますが、普段は水やりをする必要はありません。

肥料

鉢植えのスモークツリーは、寒肥として12月から3月頃までに緩効性化成肥料を施します。

地植えの場合は、生長に問題がないようなら追肥しなくても育ちます。

病害虫

陽当たりが悪かったり風通しがよくなかったりすると、カイガラムシの害虫が発生するので、注意が必要です。この害虫が発生した場合は、薬剤散布で防ぐことができます。

カイガラムシ:カイガラムシがつくと樹液を吸われてしまい、株が弱り生育も悪くなり衰え枯れてしまいます。カイガラムシは国内で約400種が発見されており、大きさや形なども様々であり、カイガラがあるのとないものもいます。野菜や果樹、草花、サボテン、ラン、観葉植物と様々な植物に発生し、吸汁(きゅうじゅう)します。

スモークツリーの詳しい育て方

選び方

根元から幹がしっかりと伸びており、下葉がきれいについて枝ぶりに勢いがある苗を選びます。また、害虫などが葉の裏などについていないが購入の際にはチェックすることが大事です。

スモークツリーはたくさんの品種が流通しています。花の色と葉の色が好みのものを選びましょう。最近は矮性品種もあります。

種まき

スモークツリーの種まきは、9月から10月頃に行います。種は堅いので、やすりやナイフなどで種に傷をつけて一晩位水につけると発芽しやすくなります。

植え付け

庭への植え付けは、落葉中の3月中頃までの厳寒期を除く時期に行いましょう。植えつけた後は、たっぷりと水を与えます。

剪定・切り戻し

スモークツリーの基本的な剪定は落葉中に行います。細い枝や込み合った枝、古い枝を中心に剪定します。

全体としては樹形がまとまるように形を見ながら、また、陽当たりや風通しが良くなるように枝を切ります。ウルシ科なので剪定作業の際は手袋をして行いましょう。

スモークツリーは、初夏になると穂状の花序に小さな黄緑色の花が無数に開花します。雌雄異株で、タネを結ばない不稔花である雌木の軸の部分(花柄)が長く伸びて、羽毛のようなふわふわとした触感と見た目になります。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

スモークツリーは、挿し木で増やすことができます。ウルシ科の植物なので、根の活着はあまりよくないですが、挿し木では根をだすことが可能です。挿し木をする時期は、花の開花が終わった後に行います。夏に伸びた枝の先端から10cm位のところを切、根の発根を良くするために、発根剤の液に30分から1時間くらいつけてから、挿し木をします。挿し木は小粒の赤玉の用土をいれた挿し木箱の中に挿します。根が出てくるまでは日陰に置いて、土は乾かないように管理します。いきなり地面に下ろすと根付かないことが多いので、根付きが確認できたら鉢上げし、最初は鉢植えで育てましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング