ねむの木(ネムノキ、合歓木)の育て方|植物図鑑

植物名
ねむの木(ネムノキ、合歓木)
学名

Albizia julibrissin

英名
silk tree,silky acacia,Japanese mimosa
和名
合歓木
科名
マメ科
属名
ネムノキ属
原産地
日本

ねむの木(ネムノキ、合歓木)の特徴

ねむの木(ネムノキ)はマメ科ネムノキ属の落葉高木です。地植えにしておくと10mくらいにまで大きくなります。日本の風土に良く合い丈夫なことから、庭木の他、公園や寺社などにも好まれて使用されます。山野に自生していることもあります。

ねむの木(ネムノキ)の特徴は、水鳥の産毛のようなふわふわとした花と、葉の就眠運動です。花は花芯近くの白から、花びらの先端に向かって淡いピンクへとグラデーションが付いているのが印象的です。ふわふわとした淡いピンク色の花が高木の上の方の枝に咲いている姿は愛らしく、いつまでも眺めていたくなります。

もう一つの特徴である葉の就眠運動とは「ねむの木(ネムノキ)」の名前の由来にもなっているものです。ねむの木(ネムノキ)の葉は、鳥の羽に似た形状の羽状複葉(うじょうふくよう)です。羽状複葉とは葉柄の両側に小さな葉が羽のように広がっている様子を言います。ねむの木(ネムノキ)の名前、は夜になるとこの葉を眠るように閉じることから付けられたと言われています。「合歓木」という漢字も、中国ではこの葉を閉じる様子を夫婦円満に見立てて名付けられたと言われています。

ねむの木(ネムノキ、合歓木)の詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 10m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 ピンク
開花時期 6~7月

ねむの木(ネムノキ、合歓木)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花
植え付け
剪定

ねむの木(ネムノキ、合歓木)の栽培環境

日当たり・置き場所

ねむの木(ネムノキ)は日当たりの良い場所を好みます。

用土

庭植えのねむの木(ネムノキ)は特に土壌は選びません。鉢植えのねむの木(ネムノキ)は市販の園芸用培養土で問題なく育ちます。

ねむの木(ネムノキ、合歓木)の育て方のポイント

日常の管理

ねむの木(ネムノキ)は風通しが悪いとカイガラムシが付きやすくなります。こまめに枝の裏側や葉の裏をチェックするようにしましょう。見付け次第こそぎ落とすようにします。

水やり

庭植えのねむの木(ネムノキ)は根付いてからは特に水やりの必要はありません。乾燥が数日続いた時は株元にたっぷりと水やりを行います。

鉢植えのねむの木(ネムノキ)は表土が乾いたらたっぷりと水やりを行います。

肥料

ねむの木(ネムノキ)は他のマメ科の植物と同様に、根粒菌と共存関係にあります。根粒菌がいることで土壌が肥沃になりますので、とくに追肥の必要はありません。

鉢植えのねむの木(ネムノキ)は開花前に緩効性肥料を施します。

病害虫

風通しが悪かったり、日当たりが悪いとカイガラムシが付くことがあります。見付け次第こそぎ落します。

ねむの木(ネムノキ、合歓木)の詳しい育て方

選び方

ねむの木(ネムノキ)の苗木は、葉がまばらになっていないもの、葉付きが良いものを選びましょう。

植え付け

ねむの木(ネムノキ)の植え付けは落葉期が終わり、芽吹き始める前の3~4月頃に行います。

剪定・切り戻し

ねむの木(ネムノキ)の剪定は2~3月、厳寒期を避けた落葉期に行います。落葉期に余計な枝を落とし、樹形を整えます。大きくしたくない場合はこの時に強めの剪定を行います。

その他の季節は枝が混みあったら間引く程度にしましょう。

植え替え・鉢替え

ねむの木(ネムノキ)は根をいじられるのを嫌います。鉢植えのねむの木(ネムノキ)は2~3年に一度、1~2回り大きな鉢に植え替えます。このとき根鉢を崩さないように注意しながら植え替えます。

ねむの木(ネムノキ)の花は初夏6~7月に開花します。水鳥の産毛のようなふわふわとした淡いピンク色の可愛らしい花です。

冬越し

冬になるとねむの木(ネムノキ)は落葉して越冬します。霜が多い地方では霜除けのマルチングを行いましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング