ジュズサンゴ(数珠珊瑚)の育て方|植物図鑑

植物名
ジュズサンゴ(数珠珊瑚)
学名

Rivina humilis

英名
Bloodberry
和名
数珠珊瑚
別名・流通名
ハトベリー
科名
ヤマゴボウ科
属名
リヴィナ属
原産地
北米南部、南米

ジュズサンゴ(数珠珊瑚)の特徴

ジュズサンゴは、白い花のあとに小さな赤い実をつけるヤマゴボウ科の北米南部から南米原産の非耐寒性常緑多年草(亜低木)です。ジュズサンゴの名前は、実が数珠のように連なることに由来します。

寒さに弱いため日本では一年草扱いされますが、暖地では越冬し前年の茎は木質化していきます。こぼれ種でも増えるほど性質は強健で熱帯地域では雑草化するほどです。

ジュズサンゴの実は赤の他、黄色やピンクの品種もあります。開花期間が長く、花のあとの実もとても観賞価値があります。切り花としても花持ちがよいので生花としても流通しています。

ジュズサンゴ(数珠珊瑚)の詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 30cm~150cm
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
花色
開花時期 6月~10月

ジュズサンゴ(数珠珊瑚)の種類

モモタマ

実の色がピンクの品種のジュズサンゴです。

ジュズサンゴ(数珠珊瑚)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花
結実

ジュズサンゴ(数珠珊瑚)の栽培環境

日当たり・置き場所

ジュズサンゴは日当たりがよい場所が適しています。耐陰性はありますが光が足りないと花つきが悪くなるので実も少なくなります。ただし、真夏に直射日光が一日中当たり続けるような環境だと葉焼けを起こすので注意しましょう。

ジュズサンゴは寒さには弱いため、一年草として育てるならば地植えでも鉢植えでも栽培可能です。多年草として栽培する場合は鉢植えで育て、冬場は室内で管理した方が確実です。

用土

ジュズサンゴは酸性土壌を好みます。通常の培養土にピートモスを混ぜ込むかブルーベリー用の培養土が適しています。ただし、通常の草花用の培養土でも問題なく育ちます。

ジュズサンゴ(数珠珊瑚)の育て方のポイント

水やり

地植えのジュズサンゴは、根付いてからの水やりの必要はありません。

鉢植えのジュズサンゴは、鉢の表面が乾いたら鉢底から水があふれ出てくるくらいたっぷりと水やりをしましょう。

肥料

ジュズサンゴはさほど肥料を必要としません。生育中の春と秋に緩効性肥料の置き肥または液肥を少なめに与える程度で十分です。

病害虫

目立った病害虫の害はありません。

ジュズサンゴ(数珠珊瑚)の詳しい育て方

選び方

ジュズサンゴの苗は夏から秋ごろにかけて流通します。葉の色がきれいで、株元までしっかりと葉がついている痛みのない苗を選びましょう。

種まき

春にポット苗などに種をまいておくと簡単に発芽します。ジュズサンゴは気温が高くならないと発芽しないので、自然の環境下で種まきをする場合は5月以降が適時です。

植え付け

鉢植えで育てる場合は、二回りほど大きな鉢に植え付けます。

植え替え・鉢替え

鉢植えのジュズサンゴは、根詰まりを起こしていたら植え替えをしましょう。

ジュズサンゴには花弁はなく花と思われている部分はがく片になります。ジュズサンゴの花は6月~10月の長期間開花します。ジュズサンゴの花はいっぺんに開花せず、開花期間中、次から次へと開花します。そのため花と実を同時に楽しむことができます。

収穫

ジュズサンゴの花や葉はとても日持ちがよいので切り花としても流通しています。

夏越し

ジュズサンゴは暑さに強いので特別な夏越しの必要はありません。

冬越し

ジュズサンゴは耐寒性がないため一年草として扱われることも多いですが、暖地であれば越冬も可能です。確実に越冬させたい場合は鉢植えで育てて冬場は鉢を室内で管理します。

冬場は地上部分がなくなりますが、越冬すれば春に株元から芽吹きます。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ジュズサンゴは種まきで増やすことができます。環境に合えばこぼれ種でも増えるほど繁殖力の強い植物です。特に種まきをしなくても株元に種がこぼれて発芽することもあります。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング