ハギ(萩)の育て方|植物図鑑

植物名
ハギ(萩)
学名

Lespedeza

英名
Bush clover
和名
科名
マメ科
属名
ハギ属
原産地
北アメリカ

ハギ(萩)の特徴

ハギ(萩)は秋の七草にも入っているくらい古くから日本で好まれてきた落葉低木です。秋の花というイメージが強いハギ(萩)ですが、実は夏の盛りから咲き始めます。ハギ(萩)の花は夏から咲き始めて、初秋には満開になります。

ハギ(萩)の樹形は、枝垂れるように伸ばした枝に直径1~1.5㎝程の赤紫色のマメの花をたくさん咲かせます。単色ではなく僅かにグラデーションがかかったような色合いをしているので、花の表情に複雑さが出ます。枝垂れた枝に赤紫色の花を咲かせて風に揺れる姿は美しく、秋を感じさせる花です。赤紫色の花が一般的ですが、白花種もあります。

非常に生育旺盛で、短く切り詰めてもすぐに大きく枝を伸ばします。他のマメ科の植物と同じように根に根粒菌を保持していますので、土壌を肥沃にする特性があります。

ハギ(萩)の詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 1~1.5m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐陰性 普通
花色 赤紫、白
開花時期 7~9月

ハギ(萩)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
開花
剪定

ハギ(萩)の栽培環境

日当たり・置き場所

ハギ(萩)は日当たり良く、株元は日陰になるような場所を好みます。

用土

庭植えのハギ(萩)はあまり土壌を選びません。鉢植えのハギ(萩)は市販の培養土で問題なく育ちます。

ハギ(萩)の育て方のポイント

水やり

庭植えのハギ(萩)は根付いてからは特に水やりの必要はありません。夏季、乾燥が続いた時は早朝か夕方にたっぷりと水やりを行います。

鉢植えのハギ(萩)は表土が乾いたら、鉢底から出てくるくらいたっぷりと水やりします。

肥料

特に追肥の必要はありません。植え付け時に腐葉土をしっかりと漉き込みましょう。

病害虫

特に目立った病害虫の被害はありません。

ハギ(萩)の詳しい育て方

選び方

葉が黄色くなっていないもの、株元のほうからしっかりと葉が付いている株を選びましょう。

植え付け

ハギ(萩)の植え付けが真冬を避けた落葉期に行います。植え付け前にしっかりと腐葉土を漉き込んでふかふかの土壌を作っておきましょう。

剪定・切り戻し

花後大きく切り戻します。ハギ(萩)は翌春に伸ばした新しい枝に花をさかせるので、思い切って剪定しましょう。地際から10~30㎝のところまで刈り込みましょう。

植え替え・鉢替え

ハギ(萩)の植え替えは真冬を避けた、落葉期に行います。ハギ(萩)は株で大きくなる植物です。1~2年に1度は1~2回り大きな鉢に植え替えましょう。

ハギ(萩)の花は7月の後半から咲き始め、9月くらいまで咲き続けます。花色は赤紫、白などがあります。

夏越し

ハギ(萩)は夏から秋が花期です。特に必要な夏越しの作業はありません。

冬越し

ハギ(萩)は冬は落葉して休眠します。霜が多い地域ではマルチングを行い、根が凍らないように注意しましょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ハギ(萩)は株分けで増やします。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング