フヨウ(芙蓉)の育て方|植物図鑑

植物名
フヨウ(芙蓉)
学名

Hibiscus mutabilis

英名
Cotton rosemallow
和名
芙蓉
科名
アオイ科
属名
フヨウ属
原産地
アフリカ

フヨウ(芙蓉)の特徴

フヨウ(芙蓉)は、アオイ科の落葉低木。夏に大輪の華やかな花を枝一面に咲かせ、夏の花の代表のような存在です。10~15cm程度の大輪の花が8月~10月に開花します。フヨウ(芙蓉)のひとつひとつの花は一日花で、朝に開花し夕方にはしぼみますが、夏から秋までたくさんの花が次から次へと開花します。

花とともに目立つのが芙蓉(フヨウ)の葉です。とても大きな葉で手のひらのような形をしています。葉の色は明るい緑色で、木全体としての樹形は放射状に広がるように伸びるので柔らかな雰囲気があります。

花とともに目立つのがフヨウ(芙蓉)の葉です。とても大きな葉で手のひらのような形をしています。葉の色は明るい緑色で、木全体としての樹形は放射状に広がるように伸びるので柔らかな雰囲気があります。

フヨウ(芙蓉)の詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 2~3m
耐寒性 普通
耐暑性 強い
花色 ピンク、白
開花時期 8月~10月

フヨウ(芙蓉)と木槿(ムクゲ)の見分け方

見た目がとても似ている同じアオイ科のフヨウ(芙蓉)と木槿(ムクゲ)。一番簡単な見分け方は葉の形です。

木槿(ムクゲ)の葉の大きさは、小さめで形は鋸歯で切れ込みが入っています。一方、フヨウ(芙蓉)は、大きな葉で手のひらのような形をしています。

また、開花が始まる時期も違い、木槿(ムクゲ)は梅雨の頃から開花しますが、フヨウ(芙蓉)の花は梅雨明け後、早くても7月下旬、盛りは8月以降です。

 

フヨウ(芙蓉)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
剪定
開花

フヨウ(芙蓉)の栽培環境

日当たり・置き場所

フヨウ(芙蓉)は特に場所は選びませんが、日当たりが良い場所の方が花が良く咲きます。寒さにはさほど強くないため、寒冷地の地植えは不向きです。冬の冷たい風が当たらない場所で管理します。

用土

フヨウ(芙蓉)は土質は特に選びませんが、夏の極端な乾燥は嫌います。ある程度保水力のある土の方が旺盛に育ちます。砂地のような水はけの良すぎる土地にフヨウ(芙蓉)を地植えする場合は、腐葉土を混ぜてやるとよいでしょう。フヨウ(芙蓉)は生長が旺盛なので鉢植えにはあまり向きませんが、鉢植えで育てる場合は赤玉土と腐葉土を混ぜたものに緩効性肥料を元肥として混ぜたものか、市販の花木用培養土に植え付けましょう。

フヨウ(芙蓉)の育て方のポイント

水やり

地植えのフヨウ(芙蓉)はしっかりと根付いてしまったら水を与える必要はありません。

鉢植えのフヨウ(芙蓉)は鉢の表面の土が乾いたらたっぷりと与えるようにしましょう。特に夏場は鉢の土が乾きやすいので水枯れを起こさないように注意します。

肥料

冬場に寒肥として緩効性肥料か油かすなどの有機肥料を与えます。また、開花前の7月~8月頃に緩効性肥料を少量与えると花つきが良くなります。生長が旺盛な株の場合には開花期にも緩効性肥料を少量与えるとよいでしょう。

病害虫

フヨウ(芙蓉)で発生しやすい害虫はハマキムシ、カミキリムシです。いずれもフヨウ(芙蓉)を枯らすことはほとんどないですが、樹勢が弱まり花数が減るので見つけ次第捕殺するか薬剤を散布し駆除するようにしましょう。

フヨウ(芙蓉)の詳しい育て方

選び方

枝ぶりが美しく、葉の色がきれいな苗木を選びましょう。

植え付け

日当たりが良く冬の冷たい風が当たらない場所に植え付けましょう。根鉢より一回り大きく穴を掘り、元肥をよく混ぜ合わせ根鉢を崩さずに植えつけます。

剪定・切り戻し

フヨウ(芙蓉)は非常に剪定に強いため、刈り込んでしまってもすぐに芽吹きます。花は春に伸びた枝に花芽を作るので剪定は簡単です。

剪定の適期は葉が落ちた後の11月~2月です。高さを抑えたい場合は短く刈り込み、それ以外は込み合った部分の枝を抜いて枝数を抑えます。

フヨウ(芙蓉)の花は8月~10月に開花します。花は1日でしぼんでしまう一日花です。

冬越し

フヨウ(芙蓉)は寒さにはさほど強くありません。関東以西の暖地では落葉期に込み合った枝を整える程度の作業で露地での越冬が可能です。

冬に枝が枯れこむ地域では、地際15~20cmで切り戻しをして、株元をワラや落ち葉などで覆いマルチングをします。越冬に成功すれば、春に株元から新芽が芽吹きます。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

種まきと挿し木で簡単に増やすことができます。

春に挿し木を行う場合は前年度に伸びた枝を、夏や秋に挿し木を行う場合はその年に伸びた枝を用います。10~15cm程度に切って下側を斜めに鋭利な刃物で切り、夏や秋挿しの場合は挿す部分の葉を落とし清潔な用土に挿します。水枯れを起こさないように注意しながら管理すると約1ヶ月程度で発根します。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング