ヒュウガミズキの育て方|植物図鑑

植物名
ヒュウガミズキ
学名

Corylopsis pauciflora

英名
buttercup winter-hazel
和名
日向水木
科名
マンサク科
属名
トサミズキ属
原産地
日本

ヒュウガミズキの特徴

ヒュウガミズキはマンサク科トサミズキ科の落葉低木です。耐寒、耐暑性ともにすぐれ、自然樹形で育てられ手間がいらないので川沿いなど公共空間の植栽にもよく使われています。ヒュウガミズキの花は、3月~4月にかけて淡い黄色の花がうつむいたような姿で開花します。派手さはありませんが楚々としてかわいらしい花です。

ヒュウガミズキの葉はハートのような形をした葉で、初夏の緑も美しいですが、秋も美しく紅葉します。

ヒュウガミズキの詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 2~3m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 淡い黄色
開花時期 3月~4月

ヒュウガミズキの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花
植え付け
肥料

ヒュウガミズキの栽培環境

日当たり・置き場所

ヒュウガミズキは日当たりと風通しのよい場所で育てましょう。半日陰程度でも育てることができますが、日当たりは花付きに影響がでます。

用土

一般的な植物が育っている土地なら用土はさほど選ばず育てることができます。

ヒュウガミズキの育て方のポイント

水やり

ヒュウガミズキは乾燥を嫌います。地植えのヒュウガミズキは、根付いてからの水やりは必要ありませんが、真夏は株元にワラなどを敷くと乾燥防止になります。鉢植えのヒュウガミズキは、鉢の表面の土が乾いたら鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと水やりをしましょう。

肥料

花の後にお礼肥え、冬に寒肥として有機質肥料を株元に施します。

病害虫

枝が混みあいすぎるとうどん粉病にかかることがあります。ヒュウガミズキは、株元からたくさんのひこばえが出る性質があります。適度に間引いて混み合いすぎないようにすると病気の予防になります。

ヒュウガミズキの詳しい育て方

選び方

ヒュウガミズキの苗木は、開花中から落葉中まで通年流通しています。株立ちで生長するのできれいな枝ぶりのものを選びましょう。

植え付け

地植えの植え付けは、植え付け前に有機質の堆肥などをすきこんでから植え付けましょう。数年すると横幅が大きくなるので、隣の植物との間隔は余裕をもって植え付けましょう。植え付け後は、徒長した枝は刈り込んで水をたっぷりと与えます。

仕立て方

ヒュウガミズキは特別な仕立てをしなくても自然樹形で育てる手間のいらない花木です。刈り込んで生垣にすることも可能です。

剪定・切り戻し

ヒュウガミズキは自然樹形で育てられ、混みあった枝を間引く程度で剪定で十分です。刈り込みにも耐えられるので生垣として植栽することもできます。

ヒュウガミズキが株元から次々とひこばえが出てきます。放置すると枝が混みあいすぎて風通しが悪くなり、うどんこ病などが発生する原因にもなります。株元から生えた枝は混み合いすぎないように間引き剪定をしましょう。

植え替え・鉢替え

鉢植えのヒュウガミズキは、鉢が根でいっぱいになったら一回り大きめな鉢に植え替えましょう。

ヒュウガミズキの花は、3月~4月に淡い黄色い花が枝一面に開花します。日当たりは花の数に影響するので、たくさんの花を楽しみたい方は、日当たりのよい場所に植え付けましょう。

収穫

ヒュウガミズキの枝ものは、切り花として流通しています。流通量が多いのは芽吹き枝の状態のものでお正月の生け花の花材としてもよく利用されます。芽吹き枝は花もちがよく、生けていると花が開花することもあります。

夏越し

ヒュウガミズキは耐暑性にすぐれるので特別な夏越しの必要はありませんが、極端な土の乾燥を嫌うので、夏場の水切れには注意しましょう。

冬越し

ヒュウガミズキは秋に美しく紅葉した後、落葉します。耐寒性に優れるので特別な冬越しの必要はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ヒュウガミズキは、挿し木、種、株分けで増やすことができます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング