センダンとは?育て方・栽培方法|植物図鑑

  • センダン 花言葉
  • センダン
  • センダン
  • センダン
  • センダン
植物名
センダン
学名

Melia azedarach

英名
Chinaberry
和名
栴檀(せんだん)
別名・流通名
オウチ、タイワンセンダン
科名
センダン科
属名
センダン属
原産地
日本、中国、台湾

センダンの特徴

センダンはセンダン科の落葉高木。センダンの葉、実、樹皮は、虫除け、しもやけやあかぎれ、虫下しなどに対処する薬用植物として使われてきました。

センダン

センダンは生長すると10~20mくらいになる高木のため、個人宅の庭木というよりは、広い通りの街路樹や公園樹として植栽されています。

ことわざの「センダンは双葉より芳し=大成する人は幼少時から優れている」の中のセンダンは、香木として有名な白檀(ビャクダン)のことで、センダンのことではありません。

センダンの花は、初夏の5月~6月に開花します。花びらの外側としべのあたりが紫色、花びらの内側が白なので、つぼみの時は木一面が紫色、開花とともに淡い紫色に見た目の色合いが変化していきます。色の名前の「楝色(おうちいろ)」は、センダンの青紫色の花からきています。

 

センダン

花の後の初夏に緑色の果実が実り、秋に向かって少しずつ大きくなり、冬になると白っぽい実となっていきます。

センダンの実は有毒で、人や家畜が食べると中毒症状を起こします。薬用植物と有毒を併せ持つ樹木です。

センダンの種類には、庭木として流通しているイッサイセンダンがあります。イッサイセンダンはセンダンの矯性品種で、個人宅の庭木としても植栽されています。

センダンの詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 10~20m
耐寒性 普通
耐暑性 強い
花色
開花時期 5月~6月

センダンの種類

シロバナセンダン(白花栴檀)

植物学者牧野富太郎氏が命名した花が白いセンダン。

イッサイセンダン(センダン一才性)

センダンの矯性品種で、花や実が若いうちから付くように改良された品種。庭木としてよく使われる。

斑入りセンダン

白~白黄の斑入り種

斑入りセンダン・フラッシュダンサー

黄色い斑入り種

インドセンダン

インド原産の常緑高木。虫よけなどの効果があるとされるニームの別名。

センダンの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花
植え付け

センダンの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりと風通しの良い所を好みます。

順応性があり、東京程度の気候なら植栽可能ですが、もともとは暖地に自生している木のため、寒冷地への植え付けは適していません。また、大きくなるので植栽には広いスペースが必要です。

用土

さほど土を選びません。

センダンの育て方のポイント

水やり

生長が早く、大木になるため、地植えでの栽培が一般的です。植え付け直後以外は降雨に任せて問題ありません。

病害虫

目立った病害虫の害はありません。

センダンの詳しい育て方

選び方

センダンは生長が早く、最終的には大木になるため、広いスペースに植栽する樹木です。限られたスペースの庭木として育てるなら、矮性種の一才センダンを選びましょう。

植え付け

寒さにはさほど強くないため、植え付けは4月ごろに行いましょう。

剪定・切り戻し

特に剪定しなくても自然樹形で整うため、不要枝を剪定する程度です。剪定は休眠期の12月~3月に行います。

センダン

センダンの花は、5月~6月に開花します。

 

センダン

花が終わると、グリーンの実が膨らみだし、秋にかけて徐々に大きくなります。

 

センダン

11月頃のセンダン

収穫

センダンの実つきの枝は、枝もの花材として流通があり、白い実はドライフラワーにもなります。

冬越し

センダン

秋に落葉し、実は落葉後もしばらくは木に残ります。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

種で増やすことができます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング