オオデマリ(大手毬)の育て方|植物図鑑

植物名
オオデマリ(大手毬)
学名

Viburnum plicatum var. plicatum

英名
Japanese snow ball
和名
大手毬
科名
スイカズラ科
属名
ガマズミ属
原産地
日本

オオデマリ(大手毬)の特徴

アジサイと同じ初夏、よく似たボール状の花を咲かせるのがオオデマリです。花が大きく鞠のようにまとまってつくことから名づけられました。花の咲き始めはライムグリーンで徐々に白に変化します。秋には紅葉を楽しむこともできます。横に大きく枝を広げ3~4mまで成長するので、できるだけ余裕のある環境で育成したいものです。自然樹形で育てることができるので、初心者にもおすすめの庭木です。最近では花の色がピンク色のオオデマリも登場しています。

切り花として多く流通しているビバーナム・スノーボール(Viburnum opulus Roseum)という花がありますがオオデマリとは別種の花木です。花は似ていますが、葉っぱはまったく違うので葉を見るとひと目で判別できます。

オオデマリ(大手毬)の詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 3~4m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 グリーン(咲き始め)~白、ピンク
開花時期 5~6月

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング