フジ(藤)の育て方|植物図鑑

植物名
フジ(藤)
学名

Wisteria

英名
Wisteria
和名
科名
マメ科
属名
フジ属
原産地
アジア、北米、ヨーロッパ

フジ(藤)の特徴

フジ(藤)はマメ科の落葉性つる植物です。春になると薄紫や白の花を咲かせます。庭園や公園で目にする藤棚のイメージが強く、自宅での育て方は難しいように言われていますが、実は鉢植えでも楽しめます。根の成長が制限されることから、むしろ鉢植えの方が花付きがよくなるほどです。

フジ(藤)には大きく分けて2種類あり、ノダフジ(野田藤) Wisteria floribunda はつるが右巻き、ヤマフジは(山藤)Wisteria brachybotrysは左巻きという特徴があります。

「ノダフジ(野田藤)」の由来となった大阪市福島区の野田はフジ(藤)の名所として有名。毎年4月には「のだふじめぐり(ふじ祭り)」が開催されます。樹齢1200年を越え、天然記念物に指定されている埼玉県春日部市の「牛島の藤」もよく知られています。

フジ(藤)の詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 5~10m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 紫、白、ピンク
開花時期 4月~5月頃

フジ(藤)の種類

ノダフジ

本州を中心に自生しています。つるが右巻きの品種です。

ヤマフジ

近畿以西に自生しています。つるが左巻きの品種です。

藤棚が無くても大丈夫

ベランダガーデニングなので藤棚は作れない…と購入をためらっている方も多いはず。ベランダなどの小さなスペースでは鉢植えにして、柵で壁面仕立てにしたり、窓際のスペースに「逆L字形」になるよう誘引するとよいでしょう。根詰まりしやすいので、2~3年1回程度、土を落とさないようにして植え替えます。根をいじられることを嫌う植物なので、気を付けてください。

フジ(藤)は女性らしさの象徴

香りが強く、たおやかに咲くフジ(藤)は古来から女性らしさの象徴と考えられてきました。対して厳格で力強い印象の松は男性らしさを表現した樹木とされ、日本画や古典文学ではしばしばフジ(藤)と松がセットで登場します。下村観山の屏風絵『老松白藤』は精緻な描写が見事です。『枕草子』では「めでたきもの」として「色合ひ深く、花房長く咲きたる藤の花、松にかかりたる」と語られています。男性にしなだれかかる女性の姿が目に浮かんでくるようです。

 

「藤」の付く苗字が多い理由

佐藤さん、加藤さん、伊藤さん、斉藤さん…日本人に多い苗字には不思議と「藤」の字が多く付いています。フジ(藤)の花が愛されている証拠なのでしょうか? 実はこれ、平安時代に栄華を極めた藤原氏の影響なのです。藤原氏の一族は全国にひろがり、加賀の国の藤原氏は加藤、伊勢の国の藤原氏は伊藤、と地盤となった国の名を取って家名を変えていきました。明治になって苗字が義務づけられるようになると、名門・藤原氏にあやかろうと、ゆかりの無い人々も「フジ(藤)」の字が入った苗字を名乗るようになったのです。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング