アオキ(アオキバ)の育て方|植物図鑑

植物名
アオキ(アオキバ)
学名

Aucuba japonica

英名
Japanese Aucuba
和名
青木
科名
ミズキ科
属名
アオキ属
原産地
日本

アオキ(アオキバ)の特徴

アオキはつややかな葉が特徴的な常緑樹。「アオキバ」「アオギ」とも呼ばれます。 耐陰性、耐寒性に優れているため北向きの土地で植栽として重宝されています。葉が美しく、冬でも落ちないので生け垣としてもうってつけ。落葉樹の下植えとしてもよいでしょう。庭の日当たりが悪いので何を植えたらよいか分からない、ガーデニングが苦手ですぐ枯らしてしまうという方におすすめのアオキです。 植栽や生け垣として複数のアオキを植えていると、結実することがあります。ドングリ型の実は寒さにあたると南天やマンリョウのように赤く色づきます。

アオキ(アオキバ)の詳細情報

園芸分類 庭木、常緑
耐寒性 強い
耐暑性 やや弱い
花色 黒紫色
開花時期 3月~5月

アオキ(アオキバ) の種類・品種

葉が濃緑色のみのものを「アオキ」、黄色や白の斑が入るものを「アオキバ」と呼び分ける場合もあります。また、黄色の斑入りを「シロミノアオキ」、白を「フイリアオキ」と呼ぶことも。 葉が細く、つややかさの強調された「ホソバアオキ」、斑が星の形のように入る「星月夜」といった品種もあります。

 

1300年前から薬の原料に!

奈良県・吉野の名物である民間薬「陀羅尼助」(だらにすけ)。胃腸薬として、またとても苦いので修行僧たちの眠気覚ましとして、なんと1300年も昔から使われ続けてきた歴史があります。 主な成分はオウバク、キハダ、ニガキですが、アオキも色づけに用いられています。枯れたアオキの葉は真っ黒になるため、これをすりつぶして入れると、昔話に登場しそうな黒い丸薬ができあがるのです。

 

緑なのになぜアオキ?

「青々とした」という形容を用いていますが、実際のアオキは茎も葉も緑色です。なぜ「緑」を「青(アオ)」と表現するのでしょうか? 黄色がかった緑を「萌黄」、黒みを帯びた紅色を「蘇芳」などなど。日本語は色彩についての語彙がとても豊富です。しかし、はるか昔は赤、白、青、黒の4色しか区分がなかったそう。赤い、白い、青い、黒いと語尾を「い」で終えられるの対し、他の色では「緑い」「紫い」といった使い方ができないのが証拠だといわれています。 緑は青の一種だと認識されてきたので、信号の「進め」も「青」です。同様の理由で「ミドリキ」ではなく「アオキ」と名づけられたのだとか。

 

ロバート・フォーチュンの業績

1861年、アオキを雄木を初めてヨーロッパに紹介したのが、イギリスのプランツハンター、ロバート・フォーチュンです。1700年代から斑入りのアオキが欧州に伝わっていたものの、雌の木しかなく実を見ることができませんでした。フォーチュンの努力でようやく雌雄の木が揃ったのです。 フォーチュンは中国で見つけたチャノキをひろめ、インドで栽培させたことでも知られています。アジアにおける彼の精力的な活動がなければ紅茶文化は発展しなかったかもしれません。 フォーチュンはアオキの他、ヤマユリ、サクラソウ、キンカン、ゴヨウマツ、ヒノキ、ヒメウツギといった多くの日本の植物を欧州へ持ち帰りました。キンカンの学名「フォーチュネラ・ジャポニカ」は、彼と日本のつながりをよく示しています。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング