クリスマスホーリー(西洋ヒイラギ)の育て方|植物図鑑

植物名
クリスマスホーリー(西洋ヒイラギ)
学名

Ilex aquifolium

英名
European holly
和名
西洋柊
科名
モチノキ科
属名
モチノキ属
原産地
アジア、アフリカ、ヨーロッパ

クリスマスホーリー(西洋ヒイラギ)の特徴

クリスマスの季節に鉢物や切り花として出回るクリスマスホーリー(西洋ヒイラギ)。

日本の伝統行事、節分に使われるヒイラギはモクセイ属、クリスマスホーリーはモチノキ属なので、植物的には違う分類です。和名の「西洋ヒイラギ」は、ギザギザの葉がヒイラギに似ていることからです。トゲトゲの葉が生長するとトゲは少なくなっていきます。

クリスマスホーリー(西洋ヒイラギ)は、ちょうど実が赤く色づくのが晩秋のため、クリスマスの季節に鉢ものとして流通します。クリスマスホーリー(西洋ヒイラギ)は、アレンジやリースの花材としてもよく利用されています。

クリスマスホーリー(西洋ヒイラギ)の詳細情報

園芸分類 庭木、常緑
草丈・樹高 5~8m
耐寒性 普通
耐暑性 普通
花色
開花時期 4~5月

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング