マングローブの育て方|植物図鑑

植物名
マングローブ
学名

Bruguiera gymnorrhiza

英名
Mangrove
和名
八重山蛭木、八重山漂木
科名
ヒルギ科、クマツヅラ科、ハマザクロ科など
属名
種によって様々
原産地
日本、東南アジア、中南米、アフリカ

マングローブの特徴

マングローブは熱帯から亜熱帯の汽水域(海水と真水の混ざり合う河川の河口付近)に自生する植物の総称です。東南アジアでは街路樹に用いられているほどポピュラー。日本では「メヒルギ」「ヤエヤマヒルギ」などが自生しています。園芸植物の多くは水を与えすぎると根腐れしてしまいますが、マングローブはむしろ湿った環境を大いに好みます。肥料も要りません。むしろ不用意に与えると根腐れの原因になってしまいます。地表から気根、呼吸根と呼ばれる根を大きく露出させるのも特徴です。本州で冬越しさせるには温室が必要となってきますが、ユニークな性質のマングローブをぜひ育ててみてください。現地は30mを超える大木にもなります。

マングローブの詳細情報

園芸分類 庭木、常緑
草丈・樹高 ~2m程度
耐寒性 弱い
耐暑性 強い

観葉植物としてのマングローブ

マングローブといえば、熱帯の地域に生える樹木というイメージが強いですが、最近では観葉植物としても注目されています。観葉植物のマングローブは根元が太く、上の方が細い、といった少し変わった形で幼苗が販売されています。マングローブの成長はとても遅く、自生地でも根っこがいくつにも分かれている状態になるまでに10年ほどかかるものもあるよう。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング