マングローブの育て方|植物図鑑

植物名
マングローブ
学名

Bruguiera gymnorrhiza

英名
Mangrove
和名
八重山蛭木、八重山漂木
科名
ヒルギ科、クマツヅラ科、ハマザクロ科など
属名
種によって様々
原産地
日本、東南アジア、中南米、アフリカ

マングローブの特徴

マングローブは熱帯から亜熱帯の汽水域(海水と真水の混ざり合う河川の河口付近)に自生する植物の総称です。東南アジアでは街路樹に用いられているほどポピュラー。日本では「メヒルギ」「ヤエヤマヒルギ」などが自生しています。園芸植物の多くは水を与えすぎると根腐れしてしまいますが、マングローブはむしろ湿った環境を大いに好みます。肥料も要りません。むしろ不用意に与えると根腐れの原因になってしまいます。地表から気根、呼吸根と呼ばれる根を大きく露出させるのも特徴です。本州で冬越しさせるには温室が必要となってきますが、ユニークな性質のマングローブをぜひ育ててみてください。現地は30mを超える大木にもなります。

マングローブの詳細情報

園芸分類 庭木、常緑
草丈・樹高 ~2m程度
耐寒性 弱い
耐暑性 強い

観葉植物としてのマングローブ

マングローブといえば、熱帯の地域に生える樹木というイメージが強いですが、最近では観葉植物としても注目されています。観葉植物のマングローブは根元が太く、上の方が細い、といった少し変わった形で幼苗が販売されています。マングローブの成長はとても遅く、自生地でも根っこがいくつにも分かれている状態になるまでに10年ほどかかるものもあるよう。

マングローブの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
開花

マングローブの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりを好みます。

用土

肥料分を嫌いますので、一般的な培養土は用いません。川砂だけで育てられます。「観葉植物の土」でもよいでしょう。

マングローブの育て方のポイント

水やり

水を切らさないように、常に用土が湿っている状態を維持しましょう。鉢よりふた回り大きい容器に入れ、腰水で育てると管理が楽です。

肥料

肥料はほとんど必要としません。40cm以上に育ってから、葉色の薄さが気になるようなら観葉植物用の肥料を、規定量より少なめに与えます。

病害虫

特異な環境で育つ強さがあるだけに、病害虫の心配はほとんどありません。秋頃、まれにカイガラムシがつくことがあるので気を付けましょう。

マングローブの詳しい育て方

選び方

沖縄や九州でしかなかなか種をみかけませんが、苗は本州のホームセンターでもよく流通しています。25度を超える育成期に植え付けるとよいでしょう。

種まき

種に十分な栄養が含まれているので、肥料を混ぜ込む必要はありません。川砂にそのまままきます。水耕栽培も可能です。

植え付け

ヤエヤマヒルギは常に水気のある環境を好むので、ペットボトルで育てることができます。メヒルギなど他の品種は底に穴の開いた普通の鉢で育てます。

剪定・切り戻し

生育がゆっくりなため定期的な剪定はいりません。樹形が気になったら時折手をいれましょう。水耕栽培ではさらに生育スピードが落ちます。

植え替え・鉢替え

移植に弱いので植え替えは行いません。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング