ブルーベリーの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ブルーベリー
学名

Vaccinium corymbosum

英名
blueberry
別名・流通名
沼酸塊、沼酢の木
科名
ツツジ科
属名
スノキ属
原産地
北アメリカ

ブルーベリーの特徴

ブルーベリーはツツジ科スノキ属に分類される北アメリカ原産の落葉低木果樹で、種類は200~300種あると言われています。低木なのでベランダや鉢植えでも育てやすい果樹のひとつです。ブルーベリーは虫が付きにくく無農薬でも栽培しやすいのでとても人気があります。

ブルーベリーは果実だけでなく、かわいらしい花や紅葉も楽しめるので、1年を通して変化も見ることができるのも魅力のひとつです。

ブルーベリーは1品種の苗木でも結実しなくはないですが、たくさん収穫したいなら同一系統の2品種を植えるとよいでしょう。

ブルーベリーの詳細情報

園芸分類 庭木、果樹
草丈・樹高 20cm~3m ローブッシュ(20㎝~40㎝)ハイブッシュ系(1.5m~3m) ラビッドアイ(1m~2m)
耐寒性 品種によって違う。 ノーザンハイブッシュ(強い)、サザンハイブッシュ(弱い)、ローブッシュ(強い)、ラビットアイ(強い)
耐暑性 品種によって違う。ノーザンハイブッシュ(弱い)、サザンハイブッシュ(強い)、ローブッシュ(弱い)、ラビットアイ(強い)
花色 白 ピンク
開花時期 4月 

ブルーベリーの種類

ブルーベリーは大きく分けると3つの種類に分かれます。お住いの地域の気温や湿度に適応する種類の中から選びましょう。

ローブッシュ

ローブッシュは北アメリカからカナダにかけて自生している野生種のブルーベリーです。背丈は20cm~40cm程で低く果実も小さめです。この品種は日本の気候では育てるのが難しく、夏の暑さが苦手で夏越しの対策や細やかな工夫が必要になってきます。基本的には日本の気候では育てるのが難しい系統です。

ラビットアイ系

蒸し暑い地域でも良く育ち、果実も甘く比較的たくさんの実を楽しめるブルーベリーの系統です。庭植え、鉢植えとも管理が楽で、北関東から九州地方まで幅広い範囲で育てる事ができます。種類も多く実りの期間も長い為、2種類以上のラビット系のブルーベリーを一緒に植えると味も良くなり7月~9月頃まで収穫を楽しめます。

ハイブッシュ系

ハイブッシュ系のブルーベリーは果実の甘みと酸味のバランスが良い種類です。ハイブッシュ系は大きく分けると2つの種類に分けられます。暖かい気候と涼しい気候で育てられる2品種があります。

北関東~以北

ノーザンハイブッシュ系

蒸し暑さには弱く、北関東より北のりんごが育つ地域など比較的涼しい地域で良く育つ系統です。果実も大粒で甘みと酸味のバランスが良く、世界的にはブルーベリーといえば、ノーザンハイブッシュ系を中心に品種改良が進められています。

関東南側~沖縄

サザンハイブッシュ系

この種類は蒸し暑い地域でも育てられるブルーベリーです。比較的暑さに強い系統で寒さや乾燥にはやや弱いのが特徴です。果実は大きめの粒もありますが、比較的小さめの粒が多く沢山の実がなります。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング