ブルーベリー | 育て方と地域別の育てやすい種類は?

峰亜由美

峰亜由美

このライターの記事一覧

公開日 :

真夏の庭に濃い青のブルーベリーがたわわに実り、実のまわりに少し白くブルーム(果粉)がついた様子も氷を思わせ涼を届けます。

実のなる植物ってなんだかワクワクしますね。下を向いて咲く白いベルのようなお花が愛らしいブルーベリー。今回は育て方と楽しみ方をご紹介いたします。

目次

ブルーベリーってどんな植物?

  • 学名 Vaccinia corymbosun
  • 英名 blueberry
  • 和名 ヌマスノキ
  • ツツジ科スノキ属
  • 原産地 北アメリカ
  • 落葉低木

ブルーベリーは北アメリカ原産の落葉低木です。

品種が多く、その数100種類以上。

ブルーベリーは5月~6月頃になると壺を逆さまにした様な釣鐘上(つりがねじょう)の白やピンク色の小さな花を咲かせ、花の形はアセビやドウダンツツジとよく似ています。

果実はピンクや濃い青色をした実が7月~8月に実をつけ、お庭に花が少ない夏の季節に個性的な彩を与えてくれます。

落葉樹の為、実りが終わると紅葉が始まり鮮やかな赤い葉が魅力的で少し寂しくなった秋の庭にも季節の表情を楽しむ事が出来ます。

背丈は20㎝~4mまで幅広く、種類は大きく分けると3品種あります。種類によって、気温や湿度など、それぞれに適した環境が異なります。

1.ローブッシュ(20cm~40cm)
2.ラビットアイ系(2m~4m)
3.ハイブッシュ系(1m~1.5m)

目次に戻る≫

ブルーベリーの花言葉

「実りある人生」「知性」です。

目次に戻る≫

地域別で違う育てやすいブルーベリーの品種

ブルーベリーは大きく分けると3つの種類にわかれます。

暮らしている地域の気温や湿度によって育てやい品種がありますのでご紹介いたします。

1.ブルーベリー・ローブッシュ系

「北海道」

ローブッシュは北アメリカからカナダにかけて自生している野生種です。

背丈は20cm~40cm程で低く果実も小さめです。

この品種は日本の気候では、なかなか育てるのが難しく夏の暑さが苦手で夏越しの対策や細やかな工夫が必要になってきます。

基本的には日本の気候では育てるのが難しい品種です。

2.ブルーベリー・ラビットアイ系

「北関東~九州」

ラビットアイ系のブルーベリーは蒸し暑い地域でも良く育ち、果実も甘く比較的たくさんの実を楽しめます。

花壇へ植え付けても鉢植えにしても管理が楽で、北関東から九州地方まで幅広い範囲で育てる事が出来ます。

種類も多く、実りの期間も長い為、2種類以上のラビット系のブルーベリーを一緒に植えると味も良くなり7月~10月頃まで収穫を楽しむ事が出来る品種です。

初心者の方にもおススメな品種です。

3.ブルーベリー・ハイブッシュ系

ハイブリッシュ系のブルーベリーは果実も甘みと酸味のバランスが良い種類です。

ハイブッシュ系は大きく分けると2つの種類に分けられます。暖かい気候と涼しい気候で育てられる2品種があります。

「北関東~以北」

ノーザンハイブッシュ系

蒸し暑さには弱く、北関東より北の林檎が育つ地域や山間部等も比較的涼しい地域で良く育つ品種です。果実も大粒で甘みと酸味のバランスが良く、世界的にはブルーベリーといえば、ノーザンハイブリット系が中心に品種改良が進められている品種です。

「関東南側~沖縄」

サザンハイブッシュ系

この種類は蒸し暑い地域でも育てられるブルーベリーです。

比較的暑さに強い品種で寒さや乾燥に弱めの品種です。果実は大きめの粒もありますが、比較的小さめの粒が多い種類です。沢山の実がなります。サザンハイブッシュ系の違う品種を2種を一緒に育てると甘みが強い果実が実ります。

ブルーベリーの美味しい食べ方はこちら▼

 

目次に戻る≫

 

\ブルーベリーの詳しい育て方はこちらへ/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ブルーベリー | 育て方と地域別の育てやすい種類は?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

峰亜由美
峰亜由美

幼少の頃から植物に詳しい両親に育てられ自然と植物や昆虫に興味を持つ環境で育った私は自然に花の世界で仕事をするようになっていました。現在は各地にてワークショップを開いたりイベントなどで移動花屋を開いたり、帽子作家さんとドライフラワーを使ったコサージュ展や陶芸家さんとの2人展等、幅広く花に携わるお仕事をしています。自宅では野菜を作ったりガーデニングをしたり植物三昧な日々です。何よりお花と共に過ごして思う事はお花のある場所ではたくさんの笑顔に出会える事が幸せです。植物と共に暮らす素敵さをお伝えして行きたいと思っています。

このライターの記事一覧

おすすめ