白木蓮(ハクモクレン)を生けよう。コブシとの見分け方や枝ものを飾るコツ

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

冬から春にかけて楽しめる白木蓮(ハクモクレン)。白くて細いたまごのような形が美しいですよね。ところで、白木蓮(ハクモクレン)と木蓮(モクレン)って何が違うの? 白木蓮(ハクモクレン)そっくりのコブシは仲間なの? そんな疑問を持った方も多いはず。白木蓮(ハクモクレン)の生けるポイントとともにご紹介します。

目次

白木蓮(ハクモクレン)とは

白木蓮(ハクモクレン)とコブシの違いって?

白木蓮(ハクモクレン)の枝ものを生ける

枝が短い白木蓮(ハクモクレン)の楽しみ方

 

白木蓮(ハクモクレン)とは

白木蓮(ハクモクレン)は、中国産のモクレン科の落葉樹

白木蓮(ハクモクレン)は、中国産のモクレン科の落葉樹 白木蓮(ハクモクレン)は別名ハクレン、ハクレンゲとも呼ばれています。つぼみのときは銀色の毛で覆われ、白い美しい花を咲かせます。開花時期は3月から4月で、白木蓮(ハクモクレン)の枝ものは1月末から出回りはじめます。

白木蓮(ハクモクレン)は別名ハクレン、ハクレンゲとも呼ばれています。つぼみのときは銀色の毛で覆われ、白い美しい花を咲かせます。開花時期は3月から4月で、白木蓮(ハクモクレン)の枝ものは1月末から出回りはじめます。

木蓮(モクレン)とは何が違うの?

木蓮(モクレン)とは何が違うの? 木蓮(モクレン)の基本種としては、紫木蓮(シモクレン)のことを指すようです。  紫木蓮(シモクレン)も白木蓮(ハクモクレン)もモクレン属の樹木。またマグノリアとも呼ばれています。庭木としてシンボルツリーにしたり、公園などの植栽で使われています。紫木蓮(シモクレン)の特徴としては美しい紅紫色のお花を咲かせます。  ▼木蓮(モクレン)について  <div class="posttype-library shortcode"><div id="postMain" class="full"><article class="library-list-tax"><a href="https://lovegreen.net/library/garden-tree/defoliation/p105983/" class="clickable"></a>
   <div class="library-list-ttl clearfix">
   <h2 class="library-list-ttl-text"><span class="library-list-ttl-text-inner">木蓮(モクレン・マグノリア)</span></h2>
    <div class="library-list-types">
    <a href="/library/type/garden-tree" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">庭木</a><a href="/library/type/defoliation" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">落葉</a>    </div>
 </div>
  <div class="thumbnail" style="background:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/07/52d9fbbb2e58d00c3f558467c4d39e62-300x200.jpg) no-repeat center/cover;"></div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
          <ul class="library-list-list">
          <li class="library-list-item"><p>木蓮(モクレン・マグノリア)は中国原産の落葉小高木です。花は、花の内側と外側の色が異なっています。内側は白い色をしていますが、外側はピンクから紫色です。花が咲き始めると葉が出てきます。木蓮(モクレン・マグノリア)は中高木なので、樹丈が5m前後位まで生長し、横にも枝を広げます。 また、木蓮(モクレン・マグノリア)は、特別に剪定をしなくても樹形が乱れにくい樹木です。生長が早いので、植付けをしてから数年でも4~5m位まで樹丈が伸びます。開花時期に葉が出てくるので、花と葉を同時に鑑賞することができます。また、寒さや暑さに強いので、育てやすい樹木です。</p>
<p>白花を咲かせる「ハクモクレン」とは似ているようで別種です。違いは花色だけではありません。ハクモクレンは樹高が10m以上にもなる高木です。</p>
</li>
      </ul>
      </div>
</article></div></div>

木蓮(モクレン)の基本種としては、紫木蓮(シモクレン)のことを指すようです。

紫木蓮(シモクレン)も白木蓮(ハクモクレン)もモクレン属の樹木。またマグノリアとも呼ばれています。庭木としてシンボルツリーにしたり、公園などの植栽で使われています。紫木蓮(シモクレン)の特徴としては美しい紅紫色のお花を咲かせます。

▼木蓮(モクレン)について

木蓮(モクレン・マグノリア)

  • 木蓮(モクレン・マグノリア)は中国原産の落葉小高木です。花は、花の内側と外側の色が異なっています。内側は白い色をしていますが、外側はピンクから紫色です。花が咲き始めると葉が出てきます。木蓮(モクレン・マグノリア)は中高木なので、樹丈が5m前後位まで生長し、横にも枝を広げます。 また、木蓮(モクレン・マグノリア)は、特別に剪定をしなくても樹形が乱れにくい樹木です。生長が早いので、植付けをしてから数年でも4~5m位まで樹丈が伸びます。開花時期に葉が出てくるので、花と葉を同時に鑑賞することができます。また、寒さや暑さに強いので、育てやすい樹木です。

    白花を咲かせる「ハクモクレン」とは似ているようで別種です。違いは花色だけではありません。ハクモクレンは樹高が10m以上にもなる高木です。

目次に戻る≫

白木蓮(ハクモクレン)とコブシの違いって?

白木蓮(ハクモクレン)によく似た花を咲かせるコブシ

白木蓮(ハクモクレン)によく似た花を咲かせるコブシ 白木蓮(ハクモクレン)にそっくりなコブシ。漢字では辛夷と書きます。白木蓮(ハクモクレン)もコブシも、同じモクレン科の樹木。

白木蓮(ハクモクレン)にそっくりなコブシ。漢字では辛夷と書きます。白木蓮(ハクモクレン)もコブシも、同じモクレン科の樹木。

白木蓮(ハクモクレン)とコブシの見分け方は?

白木蓮(ハクモクレン)とコブシの違いは? どこをみて見分けると分かりやすいのでしょうか。花びらの枚数や形、咲き方などで見分けます。また花の大きさも少し白木蓮(ハクモクレン)の方が大きいです。開花時期も白木蓮(ハクモクレン)の方が少し早く咲きます。そのほか見分けるポイントをまとめました。  白木蓮(ハクモクレン) 自生地:中国 花びらの枚数:9枚(がくを含める) 花びらの形:肉厚な花びら 花の向き:上向き  コブシ 自生地;日本 花びらの枚数:6枚 花びらの形:薄い花びら 花の向き:上向きや横向き、斜めなど様々

どこをみて見分けると分かりやすいのでしょうか。花びらの枚数や形、咲き方などで見分けます。また花の大きさも少し白木蓮(ハクモクレン)の方が大きいです。開花時期も白木蓮(ハクモクレン)の方が少し早く咲きます。そのほか見分けるポイントをまとめました。

白木蓮(ハクモクレン)

自生地:中国
花びらの枚数:9枚(がくを含める)
花びらの形:肉厚な花びら
花の向き:上向き

コブシ

自生地;日本
花びらの枚数:6枚
花びらの形:薄い花びら
花の向き:上向きや横向き、斜めなど様々

目次に戻る≫

白木蓮(ハクモクレン)の枝ものを生ける

白木蓮(ハクモクレン)はお花屋さんで枝ものとして出回ります。オフィスの近くのお花屋さんで白木蓮(ハクモクレン)が並んでいたので、生けてみました。ポイントと合わせてご紹介します。

白木蓮(ハクモクレン)はお花屋さんで枝ものとして出回ります。オフィスの近くのお花屋さんで白木蓮(ハクモクレン)が並んでいたので、生けてみました。ポイントと合わせてご紹介します。

 

①フラワーベースの大きさに合わせてカット。

①フラワーベースの大きさに合わせてカット。

 

②枝ものは十字に割ると、水の吸い上げがよくなります。

②枝ものは十字に割ると、水の吸い上げがよくなります。

 

アップにすると、このような感じです。

アップにすると、このような感じです。

 

フラワーベースの中に入ってしまう箇所は、花びらが落ちたりして水が汚れやすくなるのでカットします。

③フラワーベースの中に入ってしまう箇所は、花びらが落ちたりして水が汚れやすくなるのでカットします。

 

リビングの目立つところや玄関などに飾ると、季節感を楽しめるのでおすすめです。あたたかい部屋に置くと開花が早まるので、寒いところで管理すれば比較的長く楽しめると思います。また、花が開くとぽろぽろと落ちやすいのでそれも頭に入れて飾る場所を決めましょう。

リビングの目立つところや玄関などに飾ると、季節感を楽しめるのでおすすめです。あたたかい部屋に置くと開花が早まるので、寒いところで管理すれば比較的長く楽しめると思います。また、花が開くとぽろぽろと落ちやすいのでそれも頭に入れて飾る場所を決めましょう。

目次に戻る≫

枝が短い白木蓮(ハクモクレン)の楽しみ方

短めの枝ものだった、もしくは短くなってカットしてしまった白木蓮(ハクモクレン)は簡単にアレンジして楽しみましょう。

短めの枝ものだった、もしくは短くなってカットしてしまった白木蓮(ハクモクレン)は簡単にアレンジして楽しみましょう。

 

今回、使用したものは無印良品アイテムのカトラリー入れ。シンプルなデザインが暮らしに溶け込み、お花が生き生きとします。また重量感もあるので、枝ものを生けても倒れにくくおすすめ。

今回、使用したものは無印良品アイテムのカトラリー入れ。シンプルなデザインが暮らしに溶け込み、お花が生き生きとします。また重量感もあるので、枝ものを生けても倒れにくくおすすめ。

▼無印良品がフラワーベースにぴったり

 

白木蓮(ハクモクレン)は空を見上げるように上向きで咲く樹木なので、上から見たときにきれい見えるよう組み合わせました。

白木蓮(ハクモクレン)は空を見上げるように上向きで咲く樹木なので、上から見たときにきれい見えるよう組み合わせました。

 

横から見ても、可愛らしい姿。

横から見ても、可愛らしい姿。

 

短めの枝をあつめて、季節のテーブルコーディネートにもよいと思います。

短めの枝をあつめて、季節のテーブルコーディネートにもよいと思います。

 

まだまだ寒い冬が続きますが、季節の枝もの白木蓮(ハクモクレン)を生けて、お部屋で春を待つのも楽しいです。開花時期は3月頃からなので、外で白木蓮(ハクモクレン)の花を見たら、春はすぐそこです。ぜひ季節の時間を感じてみてはいかがでしょうか。

まだまだ寒い冬が続きますが、季節の枝もの白木蓮(ハクモクレン)を生けて、お部屋で春を待つのも楽しいです。開花時期は3月頃からなので、外で白木蓮(ハクモクレン)の花を見たら、春はすぐそこです。ぜひ季節の時間を感じてみてはいかがでしょうか。

目次に戻る≫

▼春のお花の関連記事をもっと読む

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「白木蓮(ハクモクレン)を生けよう。コブシとの見分け方や枝ものを飾るコツ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ