サラダバーネットの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
サラダバーネット
学名

Sanguisorba minor

英名
salad burnet
別名・流通名
オランダワレモコソウ
科名
バラ科
属名
ワレモコウ属
原産地
ヨーロッパ、アジア西部

サラダバーネットの特徴

サラダバーネットは、ヨーロッパでは古くから親しまれているハーブの一つです。化学薬品のなかった時代は、薬草として傷口に止血止めとして使われていました。

サラダバーネットの葉は、キュウリに似た爽やかな香りがします。サラダやスープの風味付け、お茶の他、クリームチーズやバターなどに練り込んで、ハーブバターとして使うこともできます。

サラダバーネットは日本に自生するワレモコソウの仲間で、生育環境さえ合えばとても育てやすいハーブのひとつです。サラダバーネットの葉のふちは、ギザギザとした波上の形態で、ロゼット状に広がりながら生育します。

サラダバーネットの開花期は主に初夏で、細長い茎を伸ばし球状の緑色のがくから、赤いひも状の雄しべを出します。

サラダバーネットはタイム、ミント、パセリ、ナスタチウムと相性がよく、コンパニオンプランツになります。

サラダバーネットの詳細情報

園芸分類 ハーブ
草丈・樹高 30~60cm
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色
開花時期 5月~6月

サラダバーネットの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
開花
収穫

サラダバーネットの栽培環境

日当たり・置き場所

サラダバーネットは日当たりの良い、風通しの良い環境を好みます。

温度

サラダバーネットはの生育適温は15~20℃です。

用土

ハーブ専用の用土、または野菜用の用土を利用しましょう。
サラダバーネットの性質はかなり強健のため土質を選びませんが、やや湿り気のある肥沃な土壌が好みです。

サラダバーネットの育て方のポイント

水やり

サラダバーネットはやや湿り気のある土壌を好むので、土が極端に乾燥しないよう注意しましょう。

鉢植えのサラダバーネットの基本の水やりは「乾いたらたっぷりと」を目安に水やりをします。地植えのサラダバーネットは根付いてからの水やりは不要です。

肥料

春の生長期に、サラダバーネットの株の周りに追肥をしましょう。

病害虫

乾燥すると葉裏にハダニが発生しやすくなります。ハダニは水を嫌うので、葉水をかけるなどして日頃からハダニを予防しましょう。

サラダバーネットの詳しい育て方

選び方

葉っぱが生き生きとした緑色で、中心部から新芽が出てきている元気な苗を選びましょう。

種まき

サラダバーネットの種は大きいので取り扱いやすい種です。
育苗ポットに蒔くときは、数粒ずつ蒔いて種が隠れる程度に土をかけます。露地植えは、数粒ずつ点まきします。

サラダバーネットの発芽適温は15~20℃で、発芽までの日数は14~20日ほどかかります。サラダバーネットが発芽するまでは、特に種が乾燥しないように管理しましょう。

植え付け

サラダバーネットの苗が本葉5~6枚程になったら、露地や鉢やプランターに植えつけます。

露地栽培では、30~50cm位の株間をとりましょう。

間引き

直まきしたサラダバーネットは、こみいったところを順次間引きましょう。

サラダバーネットは大きく生長するので、最終的に30~50cm位の株間をとりましょう。

剪定・切り戻し

咲き終わったサラダバーネットの花茎は、茎元から切り戻しましょう。切り戻すことで、新しい葉が次々と出てきます。

サラダバーネットの花はワレモコウに似た球状の形をしていて、初夏に開花します。花は緑色のがくから赤いひも状の雄しべが出てくる形状です。

サラダバーネットの花は切り花やドライフラワーとしても楽しむことができますが、花を咲かせると葉が固くなるので、食用として育てるなら花は早めに株元から摘み取ります。

収穫

サラダバーネットの初めての収穫は、葉が20枚以上になったら外葉から摘んで収穫します。サラダバーネットは春から秋まで長く収穫することができますが、一気に収穫して株を弱わらせないようにするために、収穫する際は最低でも10枚以上の葉を残しましょう。

冬越し

サラダバーネットは冬に地上部が枯れ、地中の根を残した状態で冬越しをします。春には再び新芽が出てきます。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

大きく育ったサラダバーネットの株は1~2年に1度、早春または晩春に株分けをして増やします。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング