ガジュマルの増やし方。剪定した枝を挿し木に。

櫻井彩乃

櫻井彩乃

このライターの記事一覧

公開日 :

観葉植物のガジュマルは樹が独特な形をしていて、見ていて楽しめるのも人気のひとつ。ガジュマルは生命力が強くよく育つので剪定が必要になります。

実は、その剪定した枝で挿し木をして増やすこともできるのです。

 

ガジュマル

ガジュマルは、クワ科の常緑性樹木で、観葉植物の一種。

精霊「キムジナー」が棲む樹とも言われています。

また、ガジュマルは別名、幸福の木と呼ばれ生命力の強さなどから風水の効果も期待できると言われ人気の観葉植物です。

日光を好みますが、ある程度の日陰にも耐えられますので、室内でも比較的育てやすい植物です。

ガジュマルの育て方|植物図鑑

 

目次

ガジュマルの剪定

ガジュマルの挿し木の増やし方

 

ガジュマルの剪定

13282325_872002722908094_1366902296_o

時期としては植え替え時期と同じぐらいの4月~6月の間に剪定するのがいいと言われています。

ガジュマルは暖かい時期にとても成長します。よく成長するので、剪定はいつ行ってもとても丈夫に育ちます。

タイミングは、茎が伸びて樹の形が乱れてきたら剪定しましょう。

 

剪定をしてあげないと、葉に日光がいかなくなったり、お水や栄養が樹や葉に行き届かなくなったりします。

また、葉を持ち上げてみると、新芽が出てきていたりするので成長の妨げになってしまいますね。
13262623_872002736241426_877418024_o (1)

 

葉が少し黄色くなってきているところがありました。こういう場所も思い切ってカットしてしまうのがいいです。
13275405_872002789574754_1260716116_o

 

太い枝を切るときは、最初は抵抗がありますが思い切って切りましょう!
13271983_872002769574756_820771651_o

 

思い切って丸坊主にしてみるのもイイです。

丸坊主の利点は、ガジュマルが枯れてしまったときの救済措置になります。

他にも、葉に行くはずだった水分や養分が全体に行きやすくなり、成長を促します。

成長期に丸坊主にすると、早くて1週間~2週間で小さな芽がうっすらと見えてくることもあります。

丸坊主には抵抗がありましたが、ほぼ丸坊主になり、新芽が生えてくるのが楽しみです。
13262191_872002806241419_585090255_o 

 

ガジュマルの増やし方

ガジュマルを剪定したら、その枝を挿し木してガジュマルを増やしてみませんか。
13271744_872002809574752_2093721504_o

 

切った枝を2~3節にカットします。

節は目安ですのでだいたいでいいです。

枯れていない木を選びましょう。
13271532_872002839574749_1144534876_o

 

そのときに、切り口から樹液が出てくることもあります。

洗い流してしまえば問題はないです。
13214931_872002842908082_1365793602_o

 

下葉は切って、枝をななめに切ってください。

土は、観葉植物用の土や赤玉土にバーミキュライトを少量混ぜたものなど、水はけ・水もちのよいものを用意します。

挿し木用の土として売られているものもあります。

観葉植物が増えてきたので今回は大きなサイズの土を購入しました。
13242322_872002849574748_792534643_o

 

枝の1/2を挿します。
13242284_872002856241414_364234833_o

 

たっぷりお水をあげて、完了です!  

土が乾かないように半日陰で管理しましょう。
13271913_872002716241428_1852138725_o

 

ガジュマルの剪定と挿し木での増やし方はいかがでしたか。

ぜひ、暖かくなってきた時期には剪定をして、その枝を使って挿し木して増やしてみませんか。

 

 

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ガジュマルの増やし方。剪定した枝を挿し木に。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

櫻井彩乃
櫻井彩乃

小さい頃から花や植物が好きで、自然がある暮らしについて自ら発信する側になりたいと思う中でLOVEGREENと出逢う。ガジュマルを増やしたりジュエルオーキッドの株分けなどで植物の生命力に日々感動。食べられる花エディブルフラワーにも感動し自ら少しずつ育成中。週末は荒れた田舎の庭DIYや家庭菜園、旅行、ショッピングなどアクティブに過ごす。自ら感じたことを通した花植物のあるライフスタイル提案を目指す。

このライターの記事一覧

おすすめ