ガジュマルの増やし方。剪定した枝を挿し木に。

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

観葉植物のガジュマルは樹が独特な形をしていて、見ていて楽しめるのも人気のひとつ。ガジュマルは生命力が強くよく育つので剪定が必要になります。

実は、その剪定した枝で挿し木をして増やすこともできるのです。

 

目次

ガジュマルとは

ガジュマルは、クワ科の常緑性樹木で、観葉植物の一種。

精霊「キムジナー」が棲む樹とも言われています。

また、ガジュマルは別名、幸福の木と呼ばれ生命力の強さなどから贈り物にも人気の観葉植物です。

日光を好みますが、ある程度の日陰にも耐えられますので、室内でも比較的育てやすい植物です。室内に植物を置くことは風水上でもよいとされています。

ガジュマルの育て方|植物図鑑

ガジュマルを剪定してみよう

13282325_872002722908094_1366902296_o

時期としては植え替え時期と同じぐらいの4月~6月の間に剪定するのがいいと言われています。

ガジュマルは暖かい時期にとても成長します。よく成長するので、剪定はいつ行ってもとても丈夫に育ちます。

タイミングは、茎が伸びて樹の形が乱れてきたら剪定しましょう。

 

13262623_872002736241426_877418024_o (1)

剪定をしてあげないと、葉に日光がいかなくなったり、お水や栄養が樹や葉に行き届かなくなったりします。

また、葉を持ち上げてみると、新芽が出てきていたりするので成長の妨げになってしまいますね。

 

13275405_872002789574754_1260716116_o

葉が少し黄色くなってきているところがありました。こういう場所も思い切ってカットしてしまうのがいいです。

 

13271983_872002769574756_820771651_o

太い枝を切るときは、最初は抵抗がありますが思い切って切りましょう!

 

思い切って丸坊主にしてみるのもイイです。

ガジュマルが枯れてしまったときの救済措置として有効です。

成長期に丸坊主にすると、早くて1週間~2週間で小さな芽がうっすらと見えてくることもあります。

丸坊主には抵抗がありましたが、ほぼ丸坊主になり、新芽が生えてくるのが楽しみです。

坊主にするまで剪定しなくても、ある程度不要枝を落とすことで、葉に行くはずだった水分や養分が全体に行きやすくなり、成長を促します。

目次に戻る≫

 

 

\ガジュマルの増やし方は?/

 

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ガジュマルの増やし方。剪定した枝を挿し木に。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ