ネギ(ねぎ・葱)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ネギ(ねぎ・葱)
学名

Allium fistulosum

英名
welsh onion
科名
ヒガンバナ科(ユリ科)
属名
ネギ属
原産地
中央アジア

ネギ(ねぎ・葱)の特徴

ネギ属は数多く種類が存在し、ネギ以外にも玉ねぎ・ニラ・ニンニク・分葱(ワケギ)・浅葱(アサツキ)・ラッキョウなどたくさんの種類があります。

ネギを形態的、生態的特性からみて大きく分けると加賀群、千住群、九条群の3つに大別することができます。

加賀「夏ネギ型」

冬になると地上部が枯れて休眠する品種です。耐寒性が強く東北、北陸など寒い地域で多く栽培されている品種です。白い部分が多い下仁田ネギのような特徴のネギです。

千住「冬ネギ型」

冬期に休眠せずにゆっくり生長を続ける品種です。耐寒性があまり強くないため、主に関東地方を中心に栽培されています。

スーパーで売っているネギ(白ネギ)のほとんどは、この千住群の品種です。

九条ねぎ「冬ネギ型」

九条ねぎは千住ネギと同じように冬ネギ型ですが、土寄せをする白ネギとは違い、主に緑色の葉の部分が多い葉ネギの品種です。

ネギ(ねぎ・葱)の詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 50cm前後(品種による)
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 やや弱い
花色 白色

ネギはコンパニオンプランツ

ネギの根の周りに生息する拮抗菌が、植物の病気を防ぐ抗生物質を出しているため、連作障害を防ぐ効果があります。畑の土壌改善のためにも植え付けたい作物ですね。

長ネギ保存法

長ネギはたくさん収穫したら、使いきれない分は植木鉢などの土にまとめて埋めておくと日持ちがします。

あまり浅く植えて外に置いておくと、せっかくの軟白部分が徐々に緑色になって硬くなりますので、白い部分が完全に埋まるように植えましょう。

リボべジ

「リボベジ」という言葉をご存知ですか?スーパーなどで購入したネギを再び育てて再生する栽培方法のことです。最近ではリボーンベジタブル、略して「リボベジ」と呼ばれ、お得感が増す育て方として人気の栽培方法です。

根元から5㎝程残し、根の部分を水に漬けたり、土に植えるだけでネギがまた生えてきます。あとは大きく育つまで待つだけ。水で育てる場合は毎日一回は水を替えをしましょう。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング