ゴボウ(牛蒡)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ゴボウ(牛蒡)
学名

Arctium lappa

英名
edible burdock
別名・流通名
ごんぼ
科名
キク科
属名
ゴボウ属
原産地
ユーラシア大陸北部

ゴボウ(牛蒡)の特徴

ゴボウ(牛蒡)は、細く長く伸びた根を食用とします。

冬の低温期では、ゴボウ(牛蒡)の地上部は枯れますが、根の部分は耐寒性がとても強いので、冬の厳しい寒さを乗り越えることができます。貯蔵性に優れていて、病害虫にも強く、育てやすい植物です。

ゴボウ(牛蒡)は夏に大きく生長した茎の先に、アザミに似た紫色の花を咲かせますが、日本では花が咲く前に収穫期を迎えるので、ゴボウ(牛蒡)の花にあまりなじみはないかもしれません。

花が咲いた後の、ゴボウ(牛蒡)の実にはとげが付いていて、先が釣り針のようになっています。そのため、衣服につくと引っかかる構造になっています。スイスの発明家が、このゴボウ(牛蒡)の形状をヒントにマジックテープを発明したことでも知られています。

ゴボウ(牛蒡)は、ヨーロッパや中国では薬用として用いられていましたが、実際に食用とするのは日本だけでした。

太平洋戦争中に、日本兵が外国人捕虜にゴボウ(牛蒡)を与えたところ、外国人捕虜はゴボウ(牛蒡)を「木の根」だと思い、虐待の一部だとして、戦後の裁判において、日本兵に木の根を食べることを強要し虐待されたとして、日本人将兵が戦犯として死刑及び、終身刑に裁かれたという話は有名です。

ゴボウ(牛蒡)の詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 1.5m位
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや強い
耐陰性 やや弱い
花色 紫色

ゴボウ(牛蒡)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
収穫

ゴボウ(牛蒡)の栽培環境

日当たり・置き場所

ゴボウ(牛蒡)は、日当たりと風通しの良い環境を好みます。

温度

ゴボウ(牛蒡)の生育適温は、20~25℃です。

用土

水はけの良い環境を好みます。

プランター栽培のゴボウ(牛蒡)は、野菜用の培養土で育てましょう。

畑栽培のゴボウ(牛蒡)は、堆肥や元肥を入れる2週間前位には石灰を入れ耕しましょう。その後堆肥と元肥を入れ土になじませましょう。又根ができないように石などをきれいに取り除いておきましょう。

ゴボウ(牛蒡)の育て方のポイント

水やり

多湿にならないよう注意し、土が乾いてから水をしっかり与えるようにしましょう。

肥料

本葉5~6枚の頃に追肥をし、中耕、土寄せをします。

病害虫

ゴボウ(牛蒡)は、比較的病害虫にも強い野菜です。

ゴボウ(牛蒡)の詳しい育て方

種まき

1か所2~4粒の、点まきにします。ゴボウ(牛蒡)は好光性種子のため、光が当たりやすいように軽く土をかけます。水を絶やさないように管理しながら発芽を促します。

(※好光性種子とは、発芽に光を必要とする種の性質です。)

間引き

本葉3枚位で1本立ちにします。

アザミに似た紫色の花を咲かせます。

収穫

根の直径が2cm頃に収穫期を迎えます。ゴボウ(牛蒡)の根は、とても長いため無理に引っ張ると折れる可能性があります。周りの土をほぐしながら、ゴボウ(牛蒡)を収穫しましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング