冬瓜(とうがん)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
冬瓜(とうがん)
学名

Benincasa hispida

英名
Winter melon
和名
カモウリ(加毛宇利)
科名
ウリ科
属名
トウガン属
原産地
東南アジア、インド

冬瓜(とうがん)の特徴

冬の瓜と書いて「冬瓜」と呼びますが、春に植え付け、夏に収穫するウリ科の野菜です。

冬瓜は夏に収穫しても、冬まで長く保管できるということから、冬瓜と名付けられてともいわれていますが、冷暗所で丸ごと保管する際は2~3か月ほどですので、現実には冬まで品質を保ったまま貯蔵し続けることは難しいようです。

しかし、冷凍保存ができますので、冬瓜をお好みの大きさにカットして、密封袋に入れて冷凍しましょう。

一般的な冬瓜は、完熟すると皮の表面に、ブルームといわれる粉があらわれ、それを目安に収穫していましたが、最近では、表面に粉がふかない冬瓜も多く出回っています。

冬瓜は、小さなものだと1~2kg、大きなものだと10kg以上の大きさがあるので、育てるときは品種ごとの大きさを確認してから購入しましょう。

冬瓜(とうがん)の詳細情報

園芸分類 野菜
耐寒性 やや弱い
耐暑性 やや強い
耐陰性 やや弱い
花色 黄色

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング