生姜(しょうが)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
生姜(しょうが)
学名

Zingiber officinale

英名
Ginger
和名
生姜
科名
ショウガ科
属名
ショウガ属
原産地
熱帯アジア

生姜(しょうが)の特徴

生姜(ショウガ)は古くから世界中の暖かい地域で、香辛料や薬用として栽培されてきました。原産地はマレー、インドを中心とする熱帯アジアといわれています。

日本でも、奈良時代には栽培されていたとされる歴史のある植物です。栽培が盛んになるのは江戸時代からで、それ以降生姜(ショウガ)は、魚肉料理の臭み消しや、薬味、ジンジャーエールなどの飲み物にも用いられ、私たちの暮らしに欠かせないものとなっています。生姜(ショウガ)は古代中国で、薬として使用されてきました。漢方では主に根生姜(ねしょうが)の部分が使われています。生の生姜(ショウガ)は、吐き気止めや咳を鎮める作用、胃を丈夫にする作用があるとされており、風邪のひきはじめに飲むと効果があります。乾燥させた生姜(ショウガ)は、胃腸などの内臓を温める作用があり、体を強く元気にしてくれる強壮作用があります。

生姜(しょうが)の詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 50~80cm
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
耐陰性 やや強い
花色 クリーム・朱色(混色)(稀に咲く)
開花時期 9~11月頃(稀に咲く)

保存方法

新ショウガを保存するには、収穫したら根株を崩さないように土を落とします。短期間の保存は、根株が乾かないように新聞紙でくるみ、屋内に保管します。

春まで保存するには、箱に砂やもみ殻を入れ、そこに埋めておきます。貯蔵の温度は13~15℃が適温です。温度管理のみならず、蒸れないように通気にも注意しましょう。

ショウガシロップ

生姜(ショウガ)をご家庭で育てたなら、是非ジンジャーシロップを作ることをおすすめします。ジンジャーシロップを作りながら、同時にシロップを作り終わった生姜(ショウガ)を半干しにして、グラニュー糖をふりかければショウガチップスも作ることができます。
ショウガを収穫し終え、ちょうど風邪が流行る時期にジンジャーシロップを紅茶に加えながら、ショウガチップスを食べると風邪に負けない体作りが期待できます。
ちなみに、新ショウガで作ったシロップやお寿司に欠かせないガリを作ると、可愛らしいピンク色になりますので是非お試しください。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング