アーティチョークの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
アーティチョーク
学名

Cynara scolymus

英名
Artichoke、Globe artichoke
科名
キク科
属名
チョウセンアザミ属
原産地
地中海沿岸

アーティチョークの特徴

地中海原産のキク科の野菜としては大型で、アザミに似た多年草のハーブです。

アーティチョークは日本では食材としてあまり普及しておらず、一部のレストランで提供されている食材といった印象が強い野菜です。

アーティチョークは大きな蕾ごと店頭で売られているものの、そこから下ごしらえをして食用となる部分はごくわずかになります。初めて食べる方は、物足りなさを感じるかもしれません。

しかし、一度食べたことがある方なら、その美味しさのために面倒な下ごしらえも進んでするほどの美味しさです。味はユリ根のようなお芋のようなデンプン質の甘みをもちます。

アーティチョークの詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 150cm前後
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや弱い
花色
開花時期 6月中旬~9月初旬

アーティチョークの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
収穫(2年目~)

アーティチョークの栽培環境

日当たり・置き場所

アーティチョークは日当たりの良い環境を好みます。風通しの良いところで育てましょう。

温度

アーティチョークの生育適温10~25℃です。高温ではあまりよく育ちません。

用土

プランター栽培のアーティチョークは、野菜用の培養土で育てましょう。
地植えのアーティチョークは、堆肥や元肥を入れる2週間前位には石灰を入れ耕しましょう。その後堆肥と元肥を入れ土になじませましょう。

アーティチョークの育て方のポイント

水やり

地植えのアーティチョークは根付いてからの水やりの必要はありません。

肥料

日常的にこまめな肥料やりの必要はありません。

病害虫

アブラムシがつきやすいので早期発見し、早急な防除を心がけましょう。

アーティチョークの詳しい育て方

選び方

病害虫のない健康な苗を選びましょう。

種まき

深めの箱に畑の土を入れ10cmの間隔の筋を作って種をまきます。発芽して本葉が2枚になったら小ポットに入れて育てます。

植え付け

アーティチョークは大変大きく育ちますので、株間、畝幅は1mほどの余裕をもちましょう。

植え替え・鉢替え

1年目に種から育て、2年目から収穫でき、3年目から多く収穫できます。4年目以降に苗の状態が悪くなったら古株を更新しましょう。

収穫

花蕾を収穫します。収穫が遅れるとすぐに花が咲いてしまいます。蕾がしっかり出来て、花弁が開く前に収穫しましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング