フォトフレームを使って、冬越しに活躍するミニ温室を作ってみよう!

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

お庭やベランダに大きな温室を作るのは材料費も高いしちょっと大変そう…。

そんな方に、フォトフレームを大胆アレンジして、小さな多肉植物などを入れるのに丁度よいミニ温室の作り方をご紹介します。

寒さに弱い植物の「見せる」冬越しに、ぜひ作ってみて下さいね。

 

準備するもの

・フォトフレーム(6枚)
・透明下敷き(1枚)
・ネジ(8本)
・木の棒(2本)
・板(1枚)
・蝶番(2つ)
・ボンド
・ノコギリ
・プラスドライバー

 

作り方

まず、フォトフレームの中の透明フィルムだけをボンドで淵に接着し、蝶番を付ける場所の目星を付けます。

 

蝶番を付ける場所が決まったら、錐(きり)等を使ってネジを入れ込む場所に穴を開けておくと真っ直ぐ入りやすくなります。これをもう1セット作ります。

 

土台になる木の板を温室の大きさに合わせてノコギリでカットします。フォトフレームの下部にボンドをつけ、接着します。

一辺は扉にするのでボンドで接着しないようにしてください。

 

残り2枚の背面用フレームをボンドで接着します。

 

端に凹凸があるとくっつきにくいので、やすりをかけて滑らかにすると作業がしやすくなります。紙やすりがない場合は飛ばして構いません。

 

4辺の長さに合わせて木の棒をカットし、ボンドで接着していきます。

 

上の天井の幅に合わせてカットした下敷きをボンドで接着します。

 

最後にフォトフレーム立ての棒をカットして、取手として接着したら完成です!

いかがでしたでしょうか。自分好みの色にアレンジしても良さそうですね。温室を作った後は、こまめに温室の空気を入れ替えることも忘れずにしましょう。

▼関連記事

▼関連ワード

「フォトフレームを使って、冬越しに活躍するミニ温室を作ってみよう!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ