2018立秋、秋の始まりを感じる。二十四節気 暦のある生活

小野寺葉月

小野寺葉月

公開日 :

暦(こよみ)は中国から日本に渡ってきたものです。季節を記録するものとして太陽暦(新月の日を1日としてひと月を定めたもの)を用いていました。太陽暦の一年間、春夏秋冬を二十四分割したものを、二十四節気(にじゅうしせっき)と呼びます。この場合、一年は二十四節気の「立春」から始まり「大寒」で終わります。季節をより身近に感じることのできる、二十四節気をご紹介します。

目次

二十四節気とは?

立秋(りっしゅう)とは? どういう意味?

立秋(りっしゅう)はいつごろ? 2018年はいつ?

季節を感じる花

季節を感じることば

立秋に旬を迎える食べ物

二十四節気とは?

二十四節気とは、春夏秋冬一年間を二十四分割したもののことです。

二十四節気は、小寒・大寒・立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至です。春分や夏至、秋分や冬至などよく耳にすることばもありますね。中国から伝わった二十四節気は日本の気候に合わないものもあったので、農耕が盛んだった日本では「雑節(ざっせつ)」という暦を合わせて、日本では旧暦として用いていました。雑節には節分や彼岸などがあります。

七十二侯もある

二十四節気をそれぞれ三分割したものを七十二侯(しちじゅうにこう)といいます。

24 × 3 = 72

一年間を七十二個に分けたもので、初侯・次侯・末侯という三つの侯があります。春分も初侯・次侯・末侯に分けることができます。

立秋の場合

初侯-涼風至る(すずかぜいたる)  あんなにあつかった風も涼しくなる時期。  次侯-寒蝉鳴く(ひぐらしなく)  夕方ヒグラシが鳴く季節。  末侯-蒙霧升降う(ふかくきりまとう/もうむしょうこう/のうむしょうこう)  霧が濃く立ち込める時期。  暑さの峠を越え、残暑に差し掛かったころ。現代のこの時期はまだ暑さの盛りですが、ふとした日に涼しい風がすっと吹いたり、夕方ヒグラシが鳴くのを耳にしたり。暑い夏がいつまでも続くように思えても、少しずつ季節は動いているんですね。濃霧は山にいるとしょっちゅうですが、この時期は特に増えます。雨が降ったあと、午後になるときりが立ち込め、秋を予感させます。

初侯-涼風至る(すずかぜいたる) 
あんなにあつかった風も涼しくなる時期。

次侯-寒蝉鳴く(ひぐらしなく) 
夕方ヒグラシが鳴く季節。

末侯-蒙霧升降う(ふかくきりまとう/もうむしょうこう/のうむしょうこう) 
霧が濃く立ち込める時期。

暑さの峠を越え、残暑に差し掛かったころ。現代のこの時期はまだ暑さの盛りですが、ふとした日に涼しい風がすっと吹いたり、夕方ヒグラシが鳴くのを耳にしたり。暑い夏がいつまでも続くように思えても、少しずつ季節は動いているんですね。濃霧は山にいるとしょっちゅうですが、この時期は特に増えます。雨が降ったあと、午後になるときりが立ち込め、秋を予感させます。

目次に戻る≫

立秋(りっしゅう)とは? どういう意味? 

立秋は二十四節気の第13節目です。

「初めて秋の気立つがゆへなれば也」

という言葉が江戸時代に発行された暦便覧(こよみびんらん)にあります。初めて秋を感じる日、という意味です。

目次に戻る≫

立秋(りっしゅう)はいつごろ? 2018年はいつ?

二十四節気は日付固定ではないので、日付は変動します。2018年の立秋は8月7日です。また、8月7日から次の二十四節気の次の第14節、処暑の8月23日までの15日間ぐらいを指します。

目次に戻る≫

季節を感じる花

二十四節気の立秋である新暦の8月7日ごろに咲く花を見てみましょう。

ムクゲ

植物名 ムクゲ(木槿)
学名 Hibiscus syriacus
英名 Rose of sharon
科名

アオイ科

属名

フヨウ属

原産地

中国

ムクゲは芙蓉科の植物でシフォンのような柔らかい花びらが涼しげでとても美しい花です。

▼ムクゲについてはこちらの記事もチェック!

ムクゲ(木槿)

  • ムクゲは夏の暑い盛りに涼やかな花をたくさんつけるアオイ科の落葉低木です。ムクゲは非常に強健で刈り込みにも耐えることから道路脇の街路樹として利用されることもあります。ハイビスカスのような南国を思わせる花ですが、耐寒性が非常に強く北海道でも地植えにすることができるほどです。また、ことわざで「槿花一日の栄(きんかいちじつのえい)」や「槿花一朝の夢」と言ったムクゲを冠したものがありますが、これはムクゲの花が1日でしぼんでしまうことを栄華のはかなさに掛けた言葉です。ただ、本物のムクゲの花は次々に咲くので秋まで楽しむことができます。ムクゲは初心者向けの花木で場所も気にせず植えられますので庭の寂しい部分を埋めるように植えてあげると良いでしょう。

クサギ

植物名  クサギ(臭木)
学名 Clerodendrum trichotomum
英名 Harlequin glory bower
科名  シソ科
属名

クサギ属

原産地

中央~熱帯アメリカ

クサギは、葉がカメムシのようなにおいがするということで臭木(くさぎ)という名前がついています。個人的には花がとてもいい香りだと思うのですが・・・実が鮮やかな藍色で、藍色が出る植物の天然染料はクサギと藍だけだと言われています。

▼クサギについてはこちらの記事もチェック!

目次に戻る≫

季節を感じることば

残暑

立秋以降の暑さのことは残暑、と呼びます。暑中見舞いは立秋を過ぎると残暑見舞いへと変わります。

目次に戻る≫

立秋に旬を迎える食べ物

なす

夏野菜の代表、なすの旬です。ナス科の野菜で実を食べます。なすは脂と相性がいい野菜ですので、中華やイタリアンとよく合います。

にがうり(ゴーヤー)

にがうりはウリ科の野菜です。最近はグリーンカーテンなどでも人気のゴーヤー。沖縄では昔からよく食べられています。ゴーヤーを使った料理と言えばゴーヤーチャンプルーですが、そのほかにもスライサーで薄くスライスして水にさらし、ドレッシングなどであえて食べるのもさっぱりして美味しいです。

masu.

 

目次に戻る≫

▼編集部のおすすめ

▼関連ワード

「2018立秋、秋の始まりを感じる。二十四節気 暦のある生活」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
小野寺葉月
小野寺葉月

短大で草木染など染織を学び、卒業後雑貨チェーンで観葉植物などのバイヤーに従事。産後、高知の牧野記念植物園へ行ったことがきっかけで植物絵を描き始める。植物に備わっている美しさを共有するためにイラストを描く。Botapiiでもエディブルガーデン12ヶ月や星占いページでイラストを連載中。LOVEGREENでは、家族がお掃除のプロとして働いているので、植物を絡めたお掃除術など、実践したくなる記事やイベントなどの情報や実践したくなる記事をメインに配信。自身のイラストを盛り込んだ記事も作成。

おすすめ