お家にあるもので作れる! 簡単な押し花の作り方

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

logo getty

押し花は最近ではスマホケースやネイルなどにも利用され、様々な場面で商品化されています。

自分の好きな花で押し花を作りたい!という方へ、お家にある材料で簡単に作れる押し花の作り方をご紹介します。

目次

押し花に向いている花

好きな花を押して作る押し花。花を挟んでおけば何でも押し花になるんでしょ? と思われがちですが、簡単で綺麗に作れる「押し花に向いている花」というものがあります。

好きな花を押して作る押し花。花を挟んでおけば何でも押し花になるんでしょ? と思われがちですが、簡単で綺麗に作れる「押し花に向いている花」というものがあります。

押し花に向いている花のポイント

花が薄くて水分が少ない花
花びらと花びらがあまり重なっていない花
大きすぎない花

押し花がキレイにパリッとしなかったり、乾燥の間に色が茶色くくすんでしまうことがあります。これはこの3つのポイントが関係しているかもしれません。

押し花に向いている花

初心者向けの押し花

ビオラやパンジーなどのスミレの仲間、カスミソウ、コスモス、ポピー、シバザクラ、ハーブなど

上級者向けの押し花

チューリップ、バラなど凹凸のあるもの

押し花の簡単な作り方

押し花の材料 ・押し花にする花 ・新聞紙 ・ティッシュペーパー ・ハサミ ・分厚い本など重石となるもの

押し花の材料

・押し花にする花
・新聞紙
・ティッシュペーパー
・ハサミ
・分厚い本など重石となるもの

1.花を収穫する

もったいない気もするかもしれませんが、咲いたばかりのきれいで新鮮なお花を選びましょう。枯れ始めたお花を使おうとするときれいな押し花にならないことがあります。お花を切り取るときは、茎の根元に近いところから切ります。

2.新聞紙の上にティッシュを置き、花を並べる

押し花になってからでは花を動かせないので、仕上げたい形にセットしてから重石を乗せましょう。

3.ティッシュを重ねて、その上に新聞紙を置く

ティッシュや挟んでいるお花がずれたりしないように気をつけましょう。

4.2と3を繰り返し、1番上が新聞紙になるようにする

挟む花が多く、1枚では挟みきれない場合は2と3の工程を繰り返しましょう。花を挟んだ新聞紙ごと密封できる袋などに入れられるとなお良いです。袋の上から重石を乗せ、空気を抜いてからから封をします。

5.翌日に一度新聞紙を取り換える

重しを乗せた翌日に新聞紙を取り替えると効果的!ティッシュは開けないようにしましょう。ティッシュを開けてしまうと、乾燥しきっていない花びらがくっついて破れたり、押されて薄くなっているので重なったり折れたりしてしまうことがあります。

6.数日後、花が乾燥していれば押し花の完成!

ティッシュの上から触って湿っているようなら、引き続き乾燥させましょう。花びらの厚さによって乾燥にかかる時間は異なりますので、花の様子を見て判断しましょう。

7.密封できる袋で保存

ピンセットで紙から優しく剥がして密封できる袋に入れ、日の当たらない場所で保管しましょう。押し花は湿気に弱いので、保管袋の中に乾燥剤を入れておくと良い状態のまま長く保存することができます。

目次に戻る≫

 

 

\次は電子レンジを使った押し花の作り方/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「お家にあるもので作れる! 簡単な押し花の作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ