12か月の満月の名前フラワームーンやスノームーン、知ってる?

小野寺葉月

小野寺葉月

公開日 :

秋の声が聴こえてきて月がきれいな季節になりましたね。月には世界各国たくさんの神話や伝説、言い伝えがあります。今回は満月についてご紹介します。

目次

満月にはたくさんの名前がある

ブルームーンとブラッドムーンとスーパームーン

月の女神と植物に関する言い伝え

満月にはたくさんの名前がある

満月には月ごとに様々な呼び名があります。昔、人々は現代のようにカレンダーを見て生活するのではなく、月の満ち欠けとともに生活してきました。今回はアメリカの農業暦のもととなったネイティブアメリカンが使っていたと言われている満月の名前をご紹介します。季節の移り変わりの満月を節目にして農作業や狩猟など生活の目安にしていたことがわかります。

満月には月ごとに様々な呼び名があります。昔、人々は現代のようにカレンダーを見て生活するのではなく、月の満ち欠けとともに生活してきました。今回はアメリカの農業暦のもととなったネイティブアメリカンが使っていたと言われている満月の名前をご紹介します。季節の移り変わりの満月を節目にして農作業や狩猟など生活の目安にしていたことがわかります。

1月:Wolf Moon(狼月)

真冬、食糧がなく飢えた狼の遠吠えにちなんだ名前を1月の満月に付けました。中世ヨーロッパでもネイティブアメリカンの人々もこの名前で呼んでいたようです。また他に、Old Moon(古月)やIce Moon(氷月)などとも呼ばれています。

2月:Snow Moon(雪月)

北アメリカの2月は雪が多いことからSnow Moon(雪月)という名前がついています。Storm Moon(嵐月)やHunger Moon(飢餓月)などとも言われています。吹雪が起こったり、雪と寒さで食料がないことが表れています。

3月:Worm Moon(芋虫月)

面白い名前です。冬が終わって春が始まる3月の満月はWorm Moon(芋虫月)という名前がついています。雪が解け、日が地面にあたり地中も暖かくなるころに、ミミズが地中から出てきて地面を這ったあとを例えているんだそう。春になり、土から虫が出てくるということは中国や日本で使われている二十四節気のなかの「啓蟄(けいちつ)」(中国では「驚蟄」と書く)と同じニュアンスなんですね。

他には、Chaste Moon(純潔月)、Death Moon(死月)、Crust Moon(堅雪月)などがあります。堅雪月とは、日中日の光で雪が溶け、雪解け水が夜に凍り付き、表面ががりがりに固くなった雪を表しているんだそうです。雪道を運転していると一番恐ろしいパターンですね。植物にちなんだ名前だと、Sap Moon(樹液月)というものがあります。メープルシロップの原料になるカエデの樹液採取ができる時期だからなんだそうですよ。

4月:Pink Moon(桃色月)

北部のネイティブアメリカンは、4月の満月をPink Moon(桃色月)と呼んでいます。開花の早い野花、ピンク色のフロックス(phlox)にちなんでいるそうです。また、Sprouting Grass Moon(萌芽月)とも呼ばれており、春になり木々が一斉に芽吹く時期を表しています。他にEgg Moon(卵月)、Fish Moon(魚月)などと呼ばれています。

『4月の満月は霜をもたらし、満月が薄くなったら雨が降る』と言われていました。別の言い伝えによると、満月から新月までの間は雑草を抜く、草刈りをする、剪定をするなどの作業に適していると言われていました。

5月:Flower Moon(花月)

さまざまな国や民族のあいだでFlower Moon(花月)と呼ばれています。それだけたくさんの花が咲く時期なんですね。ほかには、Hare Moon(野ウサギ月)、Corn Planting Moon(トウモロコシの種蒔き月)、Milk Moon(ミルク月)という名前があります。

6月:Strawberry Moon(苺月)

北米では6月に野苺の収穫が行われます。主な品種はバージニアイチゴ(Fragaria virginiana)で、マウンテンストロベリーまたはコモンストロベリーとも呼ばれています。アラスカやカナダ、米国で自生しています。ヨーロッパではRose Moon(薔薇月)という名前が付けれらています。また、この月は夏の最初の満月とされていることも多く、Hot Moon(暑気月)と呼んでいる地域もあります。

7月:Buck Moon(雄鹿月)

buckとは、雄鹿のことを指します。雄のシカは毎年ツノが生え替わります。生えてくる時期が7月なので、ネイティブアメリカンたちは7月の満月にこの名前を付けたそうです。ほかには、Thunder Moon(雷月)があります。これは、7月に嵐が多発するためです。また、Hay Moon(干し草月)という名前もあります。これは7月に干し草の収穫があるためです。

ちなみに、干し草ってなんの草かご存知ですか?よく、物語やアニメに出てきますが、いわゆる牧草と呼ばれるものを干したもの。あれは何の草なんでしょう。と思って調べてみたところ何種類かの植物の総称なんですね。オーチャードグラス(カモガヤ)、イタリアンライグラス(ネズミムギ)などのイネ科の多年草や一年草、アルファルファなどマメ科の多年草などを植えているんだそうです。

8月:Sturgeon Moon(チョウザメ月)

五大湖などで獲されたチョウザメの豊漁を願い、8月の満月をSturgeon Moon(チョウザメ月)と呼びました。Green Corn Moon(青いトウモロコシ月)、Grain Moon(穀物月)、Red Moon(赤月)とも呼ばれました。これは夏の霧で月が赤みを帯びることがあるので、そう呼ばれたようです。

9月:Harvest Moon(収穫月)

9月のHarvest Moon(収穫月)は、耳にしたことがあるかもしれません。これは作物を収穫する時期、秋分後の満月のことをこう呼びます。夜間に収穫するとき、月明かりが助けてくれる9月の満月や、月の出が早いことも表現されています。Corn Moon(トウモロコシ月)やBarley Moon(大麦月)という名前もありますが、どちらも収穫月だからでしょうか。

10月:Hunter’s Moon(狩猟月)

夏の間に太ったシカやキツネを狩るのに適した月であるためだと言われています。9月と同じように月明かりが特別につよく、照らす時間も長いです。ハンターは夜暗い時でも月明かりの力を借り、木の枯れた野原で隠れることのできない獲物を追跡することができるからだそうです。ほかにTravel Moon(移動月)やDying Grass Moon(枯れ草月)という名前もあります。

11月:Beaver Moon(ビーバー月)

諸説ありますが、ネイティブアメリカンがビーバーを捕らえるための罠を仕掛ける時期からこの名前がついたと言う説と、ビーバーが越冬のための巣作り、いわゆるダムづくりに取り掛かるから、という説もあります。また、日本の11月の別名と同じ意味のFrost Moon(霜月)という名前でも呼ばれます。

12月:Cold Moon(寒月)

本格的な冬が訪れる12月の満月は、Cold Moon(寒月)という名前が付けられています。また、冬の夜の長さを表すLong Night Moon(長夜月)、Oak Moon(オーク月)という名前があります。オークは楢(なら)の木のことです。加工しやすく、家具やウイスキー・ワインなどの樽に使用されます。

目次に戻る≫

ブルームーンとブラッドムーンとスーパームーン

12ケ月ごとの呼び方以外にも、ブルームーンやブラッドムーン、スーパームーンなど満月には素敵な名前がいくつかあります。聞いたことはありますか?

12ケ月ごとの呼び方以外にも、ブルームーンやブラッドムーン、スーパームーンなど満月には素敵な名前がいくつかあります。聞いたことはありますか?

ブルームーンって?

一般的には1ヶ月に2回満月があるとき、2回目の満月をBlue Moon(ブルームーン)と呼ばれます。何年かに一度発生します。次のブルームーンは2020年の10月だそうですよ。もともとはアメリカの農事暦で使われていた名称で、一つの季節の間に4回満月があるとき、その3番目の月をブルームーンと呼びました。ひとつの季節というのは、春分・夏至・秋分・冬至の二分二至でわけられた季節のことです。それが現在では1ヶ月に2回あるうちの2回目の満月、というのが一般的になっています。

ブラッドムーンって?

皆既月食の時、月が地球の影に隠れることで月が赤く見える現象をBlood Moon(ブラッドムーン)といいます。

スーパームーンって?

満月(または新月)と地球が楕円軌道において一番近くなったとき、地球から見て月が一番大きく見える現象のことを言います。天文学的な用語ではなく、占星用語からできたものだそうです。

目次に戻る≫

月の女神と植物に関する言い伝え

ギリシア神話に出てくる太陽神アポロンの双子の妹、月の女神「アルテミス」。植物の属名にその名前を持つものがあります。アルテミシア属とは、ヨモギ属のことを言います。諸説あるのですがアルテミシアは園芸家にして医学研究社であったことや、昔出産の際にはヨモギを用いたことから出産も司る神であったアルテミシアの名前が付いたのだそうです。

目次に戻る≫

▼編集部のおすすめ

 

 

 

▼関連ワード

「12か月の満月の名前フラワームーンやスノームーン、知ってる?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
小野寺葉月
小野寺葉月

短大で草木染など染織を学び、卒業後雑貨チェーンで観葉植物などのバイヤーに従事。産後、高知の牧野記念植物園へ行ったことがきっかけで植物絵を描き始める。植物に備わっている美しさを共有するためにイラストを描く。Botapiiでもエディブルガーデン12ヶ月や星占いページでイラストを連載中。LOVEGREENでは、家族がお掃除のプロとして働いているので、植物を絡めたお掃除術など、実践したくなる記事やイベントなどの情報や実践したくなる記事をメインに配信。自身のイラストを盛り込んだ記事も作成。

おすすめ