世界遺産にビカクシダ?マカオの植物探訪

小野寺葉月

小野寺葉月

このライターの記事一覧

公開日 :

世界遺産の教会とビカクシダ

聖ローレンス教会(風順堂)

1558年から1560年の間に、今の場所ではないもっと南側の海よりの場所に、イエズス会によってこの教会は設立されました。海に面した教会の前にあった石段では、ポルトガル人の船乗りの家族が船の帰港を待ち、祈りをささげていたそうです。中国の故事に「祈順風順水」という言葉があるそうで、直訳すると「風のために祈る」と出ました。もう少し調べてみると、この故事が意味するのは「運気が良く、順調に物事が進みますように」ということなんだそうです。現在教会がある場所は海沿いではないのですが、この教会は「風順堂」とも呼ばれます。また、この教会が圧地区のことを「風順堂区」と呼びます。マカオで最も古い教会3つのうちのひとつで、昔からマカオの人々に大切に思われてきたことが伺えます。

1558年から1560年の間に、今の場所ではないもっと南側の海よりの場所に、イエズス会によってこの教会は設立されました。海に面した教会の前にあった石段では、ポルトガル人の船乗りの家族が船の帰港を待ち、祈りをささげていたそうです。中国の故事に「祈順風順水」という言葉があるそうで、直訳すると「風のために祈る」と出ました。もう少し調べてみると、この故事が意味するのは「運気が良く、順調に物事が進みますように」ということなんだそうです。現在教会がある場所は海沿いではないのですが、この教会は「風順堂」とも呼ばれます。また、この教会が圧地区のことを「風順堂区」と呼びます。マカオで最も古い教会3つのうちのひとつで、昔からマカオの人々に大切に思われてきたことが伺えます。

 

現在の建物は、1846年に澳門の建築家に設計されたものです。柔らかい色づかいが素敵です。内部はクリームイエローと柔らかなペールブルーで、静かで落ち着いた空間でした。

現在の建物は、1846年に澳門の建築家に設計されたものです。柔らかい色づかいが素敵です。内部はクリームイエローと柔らかなペールブルーで、静かで落ち着いた空間でした。

庭にはビカクシダが

この教会のテラスには、なぜか元気で巨大なビカクシダがたくさん育っていました・・・

この教会のテラスには、なぜか元気で巨大なビカクシダがたくさん育っていました・・・

どれも大玉です。葉もたくさん出てすごい!

 

どれも大玉です。葉もたくさん出てすごい!

鉢のチョイスが絶妙に渋くて素敵でした。

 

端にはバラの鉢とハナキリンの鉢、オリヅルランに似た植物などの鉢がずらりと並び、増やしているようです。

端にはバラの鉢とハナキリンの鉢、オリヅルランに似た植物などの鉢がずらりと並び、増やしているようです。

 

種類ははっきりわからなかったのですが、ピラカンサでしょうか?幹のしなりとねばりがとても格好良かった鉢

種類ははっきりわからなかったのですが、ピラカンサでしょうか?幹のしなりとねばりがとても格好良かった鉢

 

星空のような斑入りの植物、これも種類がはっきりせずです。

星空のような斑入りの植物、クロトン?これも種類がはっきりせずです。

 

目次に戻る≫

 

 

\ピンクの塔がかわいらしいガーデンへGO!/

続きを読む

Pages: 1 2 3 4
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「世界遺産にビカクシダ?マカオの植物探訪」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

小野寺葉月
小野寺葉月

中高短で美術を学び、卒業後観葉植物も扱う雑貨店で店長、バイヤーを担当。産後LOVEGREEN編集部で季節や庭木、虫の記事担当しつつ、説明や挿絵などで再び絵を描き始める。Botapiiでもエディブルガーデン他のイラストを担当。縁あって現在はフィリピンのセブ在住。ダイビングリゾートで広報も担当している為、海の中やマクロダイビングの世界に夢中。魚より珊瑚やホヤ、海藻など植物寄りの世界が好き。勘と勢いで生きている。

このライターの記事一覧

おすすめ