【連載:ベルランゴと植物のある暮らし】#1 自宅にいながら自然を感じる暮らしに求める車とは? <前編>[PR]

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

趣味を楽しみつくすための新型レジャーアクティビティビークルとして話題のシトロエン「ベルランゴ」。LOVEGREENでは3人のボタニカルピープルによるベルランゴの楽しみ方を全6回でお届けします!第1回は、庭の相談・施工サービスMIDOLASを牽引しながら、こだわりのインテリアと植物に囲まれた暮らしを楽しむ上野真哉さんに密着し、植物好きからみたベルランゴの魅力をお届けします。自宅にいながら自然を感じる暮らしに求める車とは?

目次

こだわりのインテリアと植物に囲まれた暮らし

慌ただしい日々のなか、心からリラックスできるのはなんといっても自分の家。その空間が緑に囲まれたものであればより癒されます。庭の相談・施工サービス「MIDOLAS」のゼネラルマネージャーとして、日々ユーザーにとって心地よく暮らしやすい庭をつくり出している上野さんも、緑あふれる暮らしを求めて東京・武蔵野に一軒家を構えた一人です。

上野 真哉 MIDOLAS事業部 / ゼネラルマネージャー
株式会社ストロボライトが運営する庭の相談・施工サービス「MIDOLAS」のトップとして、「日本の庭をもっと分かりやすく・暮らしやすく」するべく奔走中。自然がのこる武蔵野の一軒家で、こだわりのインテリアと植物に囲まれた毎日を、フラワーデザイナーの奥様とともに過ごしている。

 

ご自宅があるのは、東京でありながら緑が残るのどかなエリア。日々の移動には車が欠かせません。

 

家の周辺には大型の公園がいくつも点在。バルコニーからもその木々を借景に自然に囲まれた心地よさを感じることができます。

リビングやバルコニーには大小さまざまな植物がたくさん。それだけに、大型の植物や土、植木鉢や園芸道具などを運べる大容量の車は必須アイテムだそう。

 

開放感のあるリビングには、バッファローの角やシャンデリアなど個性的なアイテムが光ります。一見真逆なテイストに見えるこれらのアイテムを植物がやわらかくつなぎ、すっきりと統一感のある無国籍風の空間に。

 

個性あふれるインテリアは、フラワーデザイナーでもある奥様と相談しながら。昔から大切に使っているモノやアンティーク品などを厳選して、自分たちにとっての居心地の良さを追求しているそう。

 

夫婦そろって植物に関わる仕事をされていることから、大型の植物や枝物を運ぶ機会も多い上野さん夫妻。それだけに車には「広いラゲッジスペース」+「お洒落さ」の両方を求めているのだとか。

「ただ、デザインと機能を両立していて、かつ人とあまり被らない車ってなかなかないんですよね。仮にあっても価格が高すぎたりして、選択肢が少ないのが悩みです」

果たしてベルランゴは、そんな上野さんの選択肢のひとつになるのでしょうか!?


今回は上野さんの植物選びに同行。ベルランゴの試乗を兼ねて、いつも植物を買いに行く温室に向かいました!

目次に戻る≫

ベルランゴとご対面!第一印象は?

「シトロエンらしいシルエットで、めちゃくちゃかっこいいですね!うちの場合、車を使っている時間よりも、家に駐車している時間のほうが圧倒的に長いんです。毎日庭で必ず目にするものだからこそ、見ていて楽しくなるデザインは、もしかしたら機能以上に重視しているかもしれません。ベルランゴからは、ワクワクするインスピレーションや楽しさを感じますね!」

 

▲愛用の園芸道具を選ぶときにも、伝統に裏打ちされた機能と洗練されたデザインの両面を重視。愛用の霧吹きはドイツ製の名品「グロリア」で武骨なデザインと使いやすさがお気に入り。昔から使っている花はさみは、一丁ずつ職人の手によって作られた一生もの

 

ちなみに上野さんにモノを選ぶときのポイントを聞くと…、

「歴史を感じさせる『普遍さ』と『今』を感じるデザインが融合しているものを選ぶことが多いです。伝統のある道具は、やっぱりそれに裏打ちされた確かさがあって長く使える。飽きがくるのではなく愛着が深まる。40代になると、本当に納得できるモノだけを厳選して使いたいと思うようなってきて。そうした意味でも、ベルランゴはシトロエンの伝統と最新の感覚が両立した、長くつきあえる車だと感じました」

 

豊かなトルクと優れた燃費、環境性能を発揮する先進のクリーンディーゼルを搭載した走りは、パワフルでクリーン、そして経済性にも優れています。ラゲッジスペースにたっぷり荷物を積んでも軽快は走りを損ないません。

「個性的なデザインなんだけど、都会の風景にも、自然のなかでも、どちらにもマッチしますね。洗練されているんだけど、道具感というか、アウトドアやレジャーに、がしがし使えるような武骨さも感じる。スモーキーなボディの色も飽きがこなさそうです」

目次に戻る≫

長時間の運転でも疲れないシートに、個性的なモジュトップ

「体が大きいからシートによっては疲れやすいんですが、このシートは抜群ですね!体をしっかりと支えてくれて長時間の運転でも疲れなさそうです。大柄な男性でもゆったりと楽に過ごせますね」

 

▲ルーフ部分は「MODUTOP(モジュトップ)」と呼ばれる、天井部分が広いパノラマルーフになっていて自然光が入る車内がとても明るい。陽ざしが強い時はいわゆる網戸のようなサンシェードで調整が可能。夜はムードライトに変身する

「中央のアーチ部分はすりガラスになっていて、天井との間に気軽に荷物が置けるんですね。これは何気にめちゃくちゃ便利!上着や帽子とか、すぐに取り出したいものをヒョイっと頭上に置けるのは目からウロコの使い方ですね」

 

フロント部分のポケットにスマホを置くだけで、ワイヤレスで充電ができる機能。

「これも便利!車内の充電ケーブルって邪魔だし野暮ったい。ぽいっと置くだけで充電されるのはとてもスマートです」

 

▲ステアリング周りに頻繁に操作が必要なスイッチがぎゅっと集まっていて、運転中に必要な操作はほぼ手元でできる

「最初は戸惑いましたが、慣れると便利ですね。サイドブレーキが指先ひとつのボタンだったり、シフトレバーが手元でくるくると回すダイヤル式だったりと、日本車とは違う仕様も単純に面白い。新しい遊び道具を手に入れたようなワクワク感を感じます」

後編ではベルランゴに乗って上野さんの植物選びに同行!

取材中には、通りがかった人から「これってなんていう車ですか?」「ベルランゴですか!?」など興味深げに聞かれることもしばしば。実際に撮影をしていても、自然の中を走るベルランゴの存在感はピカイチでした。そして、上野さんのヒゲ&メガネのワイルドな風貌にもとても似合っていて、趣味を楽しむ大人のクルマ!という感じがビシビシと伝わってきます。

次回後編では、ベルランゴに乗って上野さんの植物選びに同行!たっぷりのラゲッジスペースが大活躍しますので、お楽しみに!

ベルランゴ公式サイトはこちら >>

目次に戻る≫

今回の記事を読んだ感想についてアンケートにご協力をお願いします! いただいたご回答は、今後の記事・企画の参考にさせていただきます。(アンケート回答の所要時間:5分程度)

アンケートに答える≪こちらをクリック≫

 

 

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【連載:ベルランゴと植物のある暮らし】#1 自宅にいながら自然を感じる暮らしに求める車とは? <前編>[PR]」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

球根 チューリップ とやまレッド 5球入り

販売価格:726円(税込)

【送料無料】観葉葉物 2個セット アクアテラポット 陶器鉢 ホワイト パキラ×サンスベリア

販売価格:4,950円(税込)

【送料無料・受注販売10月中旬発送】編集部と育てる!イチゴ苗 本気野菜 4ポットセット

販売価格:2,970円(税込)

『SPECIAL』デイリーアクセスランキング

SPECIAL

おすすめ