【9月からが植え時!】夏野菜のあとは秋冬野菜にチャレンジ!サステナブルな家庭菜園始めませんか?

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

トマトやナス、キュウリといった夏野菜は、お盆過ぎから9月頃には収穫も終わりを迎えます。その後に空いた畑やプランターで、9月~10月に植え時を迎える秋冬野菜を育ててみませんか? キャベツやハクサイ、ダイコンやニンジンなど、ハードルが高いイメージがある秋冬野菜ですが、栽培をアシストするアイテムを上手に取り入れれば初心者でも上手に収穫までたどりつけます!夏野菜から秋冬野菜へ、持続可能なサステナブルな家庭菜園にぜひチャレンジしてみてください。

目次

9月~10月は秋冬野菜の植え時です

秋冬野菜とは?

9月~10月は秋冬野菜の植え時です

地域や品目にもよりますが、9月~10月にかけて苗やタネを植えて、冬に収穫時期を迎える野菜たちが秋冬野菜です。代表的なところではキャベツ、ハクサイ、コマツナ、ホウレンソウ、ブロッコリーといった葉物野菜や、ダイコン、ニンジンなどの根菜、サトイモやジャガイモなどのイモ類が挙げられます。

秋冬野菜の栽培は、夏野菜の片づけ時期と入れ替わるようにして始まります。タネから育てることが多い秋冬野菜ですが、最近では初心者でも育てやすいように、葉物野菜などは苗でも売っています。初心者で栽培に自信がない場合は、ホームセンターや園芸店で苗として売っていて、収穫も早くできる葉物野菜から始めるのもおすすめですよ。

おうち菜園の秋冬野菜で冬のお鍋も楽しさ倍増!

おうち菜園の秋冬野菜で冬のお鍋も楽しさ倍増!

秋冬野菜は冬が旬の野菜たち。当然、冬のお料理にぴったりです!自宅で収穫した採れたて野菜でつくるお鍋・・・想像しただけでワクワクしますね!

秋冬野菜は広い畑がないと無理?

秋冬野菜は広い畑がないと無理?

トマトやナス、キュウリなどの夏野菜は家庭菜園で育てるイメージがありますが、「ダイコンやハクサイって庭の畑やベランダで育てられるの?」と思う方も多いと思います。

結論からいうと、庭の畑やベランダでのプランター栽培でも大丈夫!種類にもよりますが、ポイントを押さえれば、おうちで食べる量であれば十分収穫できます。

ただ、ダイコンなどの根菜は、下に向かって生長していくので、砂利だらけの庭の畑ではうまく育たなかったり、たくさんの土が入る深型のプランターが必要だったりと少々ハードルが高い面も。

 

初心者でも比較的育てやすくおすすめなのは葉物野菜。最大の敵である害虫対策をしっかり行えば、比較的早く、上手に収穫までたどりつけますよ

初心者でも比較的育てやすくおすすめなのは葉物野菜。最大の敵である害虫対策をしっかり行えば、比較的早く、上手に収穫までたどりつけますよ。

目次に戻る≫

秋冬野菜を上手に育てるためのマスト3アイテム!

秋冬野菜を上手に育てるためのマスト3アイテム!

家庭菜園でポピュラーな葉物野菜としては、ハクサイ、キャベツ、ホウレンソウ、コマツナ、レタス、ブロッコリーなどが挙げられます。

これらの葉物野菜で最も多い失敗原因は、なんといっても害虫!アオムシなどがつくと、あっという間に葉を食べられてしまい、穴だらけの葉っぱになってしまいます…。

そこで、害虫の予防・退治や野菜の生育サポートにおススメなのが、植え付け時にまいて害虫の発生を予防する「ベニカⅩガード粒剤」と、生育を促す肥料「マイガーデンベジフル」、さらに、害虫が発生してしまった際にも素早く退治できる「ベニカAスプレー」です。植え付けから収穫まで、秋冬野菜の栽培をトータルでサポートしてくれますよ。

秋冬野菜で遭遇する害虫たち

秋冬野菜で遭遇する害虫たち

秋冬野菜の葉を食害するのは、アオムシ、ヨトウムシ、コナガ、そして多くの植物が被害に遭うアブラムシ。これらの害虫は野菜の被害もさることながら、遭遇した時の気持ち悪さも嫌な点です。アオムシを見ただけで悲鳴を上げて、家庭菜園自体を嫌いになってしまう人もいるのではないでしょうか。

植え付け時の害虫予防に「ベニカⅩガード粒剤」

家庭菜園の植え付け時の害虫予防に「ベニカⅩガード粒剤」

できれば遭遇したくない害虫たちは、まずは発生させない予防対策が重要。苗の植え付け時に「ベニカⅩガード粒剤」を土に混ぜ込むことで害虫の発生を予防することができます。また、植物自体を強くしてくれる働きもあるので、病気に対する抵抗力を高めてくれ、病害虫の被害に遭いにくい強い野菜に育てることができます。

▼「ベニカⅩガード粒剤」の記事はこちら

野菜を元気に育てる肥料「マイガーデンベジフル」

野菜を元気に育てる肥料「マイガーデンベジフル」

名前の通り、野菜やくだものをおいしく育てるために、最適に成分配合された肥料が「マイガーデンベジフル」です。元肥にも追肥にも使え、植え付け時に土に混ぜたり、株元にばらまくだけの簡単便利な肥料です。

一度まけば3~4カ月肥料効果が持続。土壌の温度変化や植物の生育にあわせて溶け出す量が調節される「リリースコントロールテクノロジー(温度対応溶出技術)採用」なので、肥料焼けの心配もありません。

葉物野菜の大敵!害虫を速効退治!「ベニカAスプレー」

葉物野菜の大敵!害虫を速効退治!「ベニカAスプレー」

残念ながら、栽培中に害虫を発見した時にもご心配なく!見つけた害虫を速効退治してくれるのが、今年新登場した「ベニカAスプレー」です。

▼ベニカAスプレーの3つのすごい点

  1. 速効で虫食いをストップ!
  2. 風に強い切り替え噴射ノズル
  3. 幅広い野菜・害虫に一年中使える

速効で虫食いをストップ!

ベニカAスプレーが速効で虫食いをストップ!

葉物野菜を食べる虫や群がる虫をすばやく退治!噴射後から10分後には80%程度の害虫(コナガ)がノックダウンされます。

風に強い切り替え噴射ノズル

風に強いベニカAスプレーの切り替え噴射ノズル

狙った虫を狙い撃ちできるピンポイント噴霧と、群がる害虫にムラなく散布できるワイド噴射の切り替えノズルを採用しており、状況によって使い分けができます。また、噴射された薬剤が風に舞いにくいので、風の強い日の使いやすさも向上しています。

幅広い野菜・害虫に一年中使える

幅広い野菜・害虫に一年中使えるベニカAスプレー

「ベニカAスプレー」は、秋冬野菜にかぎらず、トマト・ナス・キュウリなどの夏野菜や果樹など、年間通して幅広い野菜・くだものに使うことができます。特に、トマト・ナス・キュウリなどは収穫の前日まで使用可能なので便利ですよ♪

野菜から果樹までいろいろな作物を、1年中害虫から守る「ベニカAスプレー」は、家庭菜園ユーザーなら手元に1本持っておきたい新アイテムになりそうです。

ベニカAスプレーの詳細をチェック!>>

目次に戻る≫

年間通した家庭菜園が、サステナブルな暮らしの一歩に

サステナブルな家庭菜園をはじめよう!

家庭菜園は、育てる楽しみや収穫の喜びを私たちにもたらせてくれます。できれば、それを「持続する(sustain)」ことが「〜できる(able)」、そう、サステナブルな暮らしの一歩になれば、ちょっと素敵ですよね。年間を通して、できる範囲で自分で野菜を育てることを継続してみる。そんなプチ自給自足から、サステナブルな菜園生活を始めてみませんか?

キャンペーンのお知らせ

住友化学園芸では、「ベニカAスプレー」の発売を記念して、サステナブルな家庭菜園を応援するキャンペーンを10/31まで実施中です。クイズに答えると、家庭用生ごみ処理機や、干し野菜が簡単につくれるフードドライヤーなど、家庭菜園を生活さらに楽しくするアイテムをゲットするチャンス!ぜひ参加してみてくださいね♪

キャンペーンの詳細はこちら>>

目次に戻る≫

▼編集部のおすすめ

 

 

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【9月からが植え時!】夏野菜のあとは秋冬野菜にチャレンジ!サステナブルな家庭菜園始めませんか?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料・10/5まで】味が濃く香り高い本気野菜「スイートバジル 2苗」栽培セット(鉢・土付き)

販売価格:3,520円(税込)

【事前予約・10月発送】チューリップ 球根 春満開 定番人気4種20球入り (一重咲き藤色・一重咲きピンク・フリンジ咲きピンク×白・八重咲き白)

販売価格:2,530円(税込)

【事前予約・10月発送】チューリップ 球根 マスコット 5球入り

販売価格:770円(税込)

SPECIAL

おすすめ

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A