1日でも楽しめる! 編集部が行く伊豆のボタニカルツアーをご紹介!

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

3544views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

植物好きなあなた!

伊豆といえば「伊豆シャボテン動物公園」や「バナナワニ園」を思い浮かべるのではないでしょうか?

出来ればどっちもじっくりと見たいのだけど、何日も滞在することが出いない。しかし、1日で2つの園をじっくりみるのは大変…。

そんな方に! 今回、LOVEGREEN編集部とBotapii編集部が実際に行った伊豆1日旅で“ここは見て欲しい!”と感じたポイントを紹介します!

 

スタートは「伊豆シャボテン動物公園」。最初の”植欲”を満たそう!

園内には約1,500種類のサボテンや多肉植物が栽培されています。

 

早速、歩行者ゲートから入園すると、たくさんのサボテンがお出迎え!

 

編集部はシャボテン温室に向かって歩き始めました!途中、編集部は大きなアガベやサボテンに大興奮!

 

シャボテン温室は「高原竜」を目印に行きましょう。

 

階段なども多い園内ですが、ファミリーの来場も多いので、ベビーカーが通りやすいスロープやベビールームなど、小さいお子様連れのファミリーには嬉しい設備があります。

これは必ず見たい!シャボテン温室の見所

メキシコ館にある園内最大級のサボテン「金鯱(キンシャチ)」は迫力満点!これを機にサボテンの新しい魅力に出会う人も多いとか。

 

スタッフも思わずにやけながら撮影していました(笑)

他にも、普段なら小さい状態でしか見ることのないサボテンや多肉植物がとっても大きく生き生きしている様子や、温室ならではの多肉植物が木質化している様子などを見ることができます!

作って持ち帰れる! サボテンと多肉植物の簡単寄せ植えに挑戦!

シャボテン狩り工房では、お好みの小さいサボテンや多肉植物をセレクトするだけで、寄せ植えを作ってくれます。

 

オリジナルの寄せ植えプレゼントっていうのも素敵ですね!

 

今回の寄せ植えは、2017年様々な植物を育ててきて多肉植物やサボテンは苦手かも…と思っているLOVEGREEN編集部の櫻井が挑戦!

 

箸でそっとお気に入りのサボテンや多肉植物を選びます。

 

選ぶだけで、あとはシャボテン狩り工房のスタッフの方がいい感じに寄せ植えを作ってくれるのでズボラ櫻井にとっては安心。

 

土の表面の化粧石は、数種類の砂や石から選ぶことができます。

 

出来上がったら、あとはお会計をしてお持ち帰り。

 

可愛い箱に入れてもらい、旅の思い出作りも完璧! 鉢が倒れないように固定されているので安心です。

植物も動物も生き生きとしている園内。リスザルやクジャクが放し飼いにされており間近で動物の動きなどを楽しむことができます。

伊豆シャボテン動物公園

  • 最寄駅 : JR伊東駅
  • アクセス : JR伊東駅から路線バス「伊豆シャボテン動物公園行き」
  • 住所 : 静岡県伊東市富戸1317-13

1500種類の多肉植物とサボテンが園内に植栽されており、屋外のロックガーデンには露地植えのサボテンが見られる。

 

ペコペコお腹には「ル・フィヤージュ」の絶品パンがおすすめ!

伊豆高原の豊かな自然の中にあるベーカリーカフェ「ル・フィヤージュ」。

 

パンは約90種類ほどあり、暖かい日は屋外の席で木々の木漏れ日を浴びながら美味しい手作りパンを味わうことが出来ます。

 

屋内にもイートインスペースがあるので、肌寒い日や雨の日でもゆっくり過ごすことが出来そうです。

ル・フィヤージュ

 住所  〒413-0232 静岡県伊東市八幡野1305-75
 TEL  0557-53-3953
 営業時間  9:00~17:00
 定休日  火曜日
 駐車場  あり

 

大人もワクワクする「熱川バナナワニ園」で南国ような楽園を堪能!

睡蓮や果樹、ランなど約5,000種類の熱帯植物が栽培されている「熱川バナナワニ園」。温泉の熱で暖かくなった熱帯温室では植物たちが巨大に生長しています。入り口のブーゲンビリアのトンネルに感動!

 

今回は、学芸員の清水さんに園内を案内してもらいました! 清水さんのファンのBotapii編集部川上と松本はウキウキ。

国内初めての開花!

いくつもの房が垂れるヒスイカズラの姿は圧巻!編集部スタッフ一同一斉に写真を撮り始めました。

大きな観葉植物に注目!

ホームセンターや園芸店でもよく目にする観葉植物。自生しているかのように生長している様子は見ているだけでワクワクします。

 

編集部で人気なのがビカクシダ。ここの植物園だからこそ見られる大きなビカクシダの姿に出会えてスタッフのテンションup!

 

睡蓮のなんとも言えない色のコントラスト

睡蓮の花をまじまじと見たことはありますか?

 

こちらの園で見ることのできる睡蓮は、植物に興味がなかった人でもその色のコントラストに魅了され、吸い込まれるかのように立ち止まって見入ってしまいます。プロの写真家でもその色合いを表現するのは難しいとか。

 

最近では花だけでなく葉に模様がある品種が人気と清水さん。

 

清水さんが実生で育てた木々を探してみよう!

外には、清水さんが何十年も前から実生で育てた植物が屋外に植わっています。 編集部スタッフみんなで、こんなに大きく育つものなのかと思わず見上げてしまいました。

 

清水さんが30年前に植えたユッカ・トンプソニアーナの三兄弟。右端から順番に、生長の良いものを1年ずつずらして植えたそうです。

1年ずつしか違わないのに凄い差ですね!

 

《清水さんの植えた木々や、国内で初めて開花させたヒスイカズラなどを見に行きたい方へ》

\LOVEGREEN/Botapiiのために特別にクーポンを発行してくれました!/

↓↓↓クーポンを見せて入場料100円OFF↓↓↓

熱川バナナワニ園

Botapii設置店 静岡 植物園その他
  • 最寄駅 : 伊豆急行線「伊豆熱川駅」
  • アクセス : 伊豆急行線「伊豆熱川駅」から徒歩 1分
  • 住所 : 静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1253-10

世界の貴重なワニ17種約140頭を飼育しており、日本では、ここだけのニシレッサーパンダや世界でも貴重なアマゾンマナティーとも出会えます。
熱帯性スイレンや原種のラン、果樹など、約5000種の多彩な熱帯植物もご覧いただけます。園内で収穫したバナナやパパイヤは併設のフルーツパーラーでお召し上がりいただけます。
【入園料(税込み)】おとな1,500円、こども(4歳〜中学生)750円、4歳未満 無料

 

他にも魅力満載の熱川バナナワニ園。実はアマゾンマナティーの「じゅんと」がいます。人懐っこく愛嬌たっぷりのみんなのアイドルじゅんとが植物園のコースのどこかにいるので探してみてくださいね!

 

行ったことがある人もない人も、行くたびに見る角度が変わる2つの植物園。LOVEGREENやBotapiiで手に入れた植物知識を持っていくと今までとは違った植物の魅力に出会えるかもしれません。

 

プレゼントが当たる!Instagram投稿キャンペーンに参加しよう!

みなさんが旅行先で出会った植物を投稿してくれた方の中から以下商品をプレゼント!

・オリジナルトートバック 5名
・伊豆シャボテン動物公園ペアご招待チケット 5組10名

【テーマ】
ゴールデンウィークに備えた「植物×旅行」
旅行先で出会った植物は何?あなたがときめいた植物を投稿しよう!

【応募期間】
4/10(火)〜5/9(水) 23:59まで

【応募条件】
・「#旅とみどり」「#旅行」の2つのハッシュタグを必ず付けて投稿
LOVEGREEN/BotapiiのInstagramのアカウントをフォロー

みなさまの投稿楽しみにしています!

▼関連ワード

「1日でも楽しめる! 編集部が行く伊豆のボタニカルツアーをご紹介!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ