家庭菜園特集

【植物コラム】クリスマスローズを押し花にして楽しむ

大宮栞

大宮栞

公開日 :

春の始めによく見かけるクリスマスローズ

苗ものを見かけることが多いかと思いますが、切り花のクリスマスローズもとってもかわいらしいんです。でも、切り花のクリスマスローズは水がさがりやすく、放っておくとすぐにくたっとなってしまいます。花首だけ水に浮かべているものなどもたまに見かけますよね。

くたっとなってしまったけど、まだお花はきれいに咲いている…という状態のクリスマスローズがあったので、押し花にしてみることに。

 

ふつう、押し花というのは花が元気で新鮮なうちに作るものなので、くたっとなってしまっているものでもうまく作れるのかな、と思いつつ一か八かで作ってみました。

 

作り方は以下の通り。

①段ボールの板の上にティッシュを重ねて乗せる

今回は、ティッシュを2つ折りにしたものを2枚重ねています。花びらに水分が多いお花を押し花にするときは、しっかりと水分を吸えるように多めに。

 

②ティッシュの上にお花を乗せる

 

花の表側(おしべやめしべがある方)を下に向け、ティッシュの上に並べます。隣のお花とくっついたり、花びらが重なったりしないように気をつけましょう。

 

膨らんだめしべはとってしまいましたが、おしべは残したままにしているので中心が盛り上がっていますが、そのまま押してしまいます。

 

③上からティッシュを重ね、段ボールを乗せる

花がずれてしまわないように気をつけながら重ねます。

 

茎についていた葉はきれいなものだけ、蕾は外側の大きめの花びらだけ使って押し葉・押し花に。花の形のまま残せなくても、パーツとして使うこともできますよ。

 

④厚めの本などで押す

今回私は押し花専用の板で挟んでいますが、厚めの本などで挟み、動かないように輪ゴムで固定し、その上から重石として本を乗せましょう。

 

⑤数日~1週間ほど経ったら一度ティッシュを交換する

数日~1週間ほどで水分がある程度抜けるので、ティッシュを交換し、花が重ならないようにして元に戻します。

 

さて、これであとは完全に乾くまで待つだけです。どんな押し花になるのでしょうか。

完成したら、また続きとしてどんなふうに出来たかと飾り方をご紹介しますね。

▼関連記事

関連ワード

「【植物コラム】クリスマスローズを押し花にして楽しむ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

大宮栞
大宮栞

植物が大好きな母に育てられ、東京農業大学農学部に進学。大学では植物介在療法学研究室に所属。現在はLOVEGREEN編集部のディレクターとしてガーデニングや花関連の記事を担当。

おすすめ