植物を枯らさせない!観葉植物の困りごとを解決する「GREENS RESCUE」って?メンバーと活動を紹介!

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

おうち時間が増えて、観葉植物を育て始めたという人も多いですよね。でも、うまく育てられずに「なぜわたしの植物は、枯れちゃうの?」としょんぼりしてしまった人も多いのでは?そんなしょんぼりさんをレスキューすべく、心強いチームが誕生しました!その名も「GREENS RESCUE(グリーンズレスキュー)」。名前の通り、植物をレスキューするプロのアドバイザーたちです。謎のベールに包まれたこのチームに、突撃取材をしました!

目次

GREENS RESCUEのメンバーや立ち上げた理由は?

2022年の1月、インスタ上に突如誕生したアカウント @greens_rescue。アカウント設立と同時にたくさんの観葉植物の悩みがDMで寄せられ、それに的確に回答を出して、悩める植物難民たちをレスキューしています。この謎のチームは、一体何を目的に、どんな人たちが始めたのでしょうか・・・。

LOVEGREEN編集部では、さっそく企画運営の「みどりでおうち時間を楽しくする会」に突撃取材!突撃取材で突然恐い人が出てきたらどうしよう‥‥とおそるおそる訪ねると、笑顔が素敵な女性、太田さんがお出迎えをしてくれました!(ほっ)。早速アレコレ聞いてみます!

編集部:はじめまして!LOVEGREEN編集部です。突然ですが、GREENS RESCUEってなんですか?
太田:はじめまして。運営を担当している太田春奈と申します。GREENS RESCUEは、ひと言でいうと、全国の園芸店のプロが有志で集まり、植物が枯れちゃう原因を究明して、お答えするチームなんです。

 

編集部:LOVEGREENでも、家庭菜園や観葉植物を始めたけれど、うまく育てられずに枯らせてしまったという相談をたくさんいただきます。
太田:そうですよね。コロナ禍もあり観葉植物がブームになった一方で、私の周りでも初めて植物を購入した友人・知人が次々と枯らしている声を聞き、せっかく好きになりかけたのに、枯らして嫌になるなんて・・・と、残念な気持ちが膨らんでいました。それが、GREENS RESCUEに参加しようと思ったきっかけです。

 

編集部:GREENS RESCUEは、いつ・どのようなメンバーではじまったのですか?
太田:以前から、京都で人気の観葉植物専門店「COTOHA」の代表・谷奥さんが、「せっかくお客様が購入してくださった観葉植物を枯らさせてしまうわけにはいかない!」と様々な活動をされていて、その活動に賛同した園芸業界のプロが集まってスタートしたんです。ね?谷奥さん。
谷奥:こんにちは、京都でCOTOHAという観葉植物専門店をしている谷奥です。

 

 

編集部:こ、こんにちは!いつの間にいらっしゃったのかびっくりしました!
谷奥:最初からいましたよ。太田さんばかり見ていたので気づかなかったんですね。

 

編集部:失礼しました!谷奥さんは、観葉植物を「枯らさせない」活動を地道に続けてこられたとお聞きしました。
谷奥:はい。ある調査によると、観葉植物の購入者の96%は枯らした経験があるんですね。せっかく植物のある暮らしをしたいと思ってくださったのに、枯らしてしまった!と悲しい気持ちにさせてしまうなんて、植物専門店としてこれはイカン!と。

太田さん(右)と、活動の起点をつくった谷奥さん(左)

編集部:たしかに!
谷奥:観葉植物の育て方の基本をきっちり理解していただくと、植物のある暮らしは簡単に実現できるんです。でも、それをきちんと伝えられる人やお店が圧倒的に足りていないことに気づいて、枯らさせないための活動を続けている中で、GREENS RESCUEの活動につながっていきました。活動の転機となったのが、花業界の大手である日比谷花壇さんの和田さんからの声がけでした。
和田:こんにちは、和田です。

 

 

編集部:わ!ダンディ!い、いつの間にいらっしゃったのかびっくりしました!
和田:最初からいましたよ。太田さんばかり見ていたので気づかなかったんですね。

 

編集部:和田さんは、どういった経緯でGREENS RESCUEの設立メンバーになられたのですか?
和田:私は、日比谷花壇のグループ会社であるイーフローラに所属しながら、花団体の事務局など、36年にわたりさまざまな花業界の活動に携わってきました。そこで感じたのは、個々のフラワーショップや園芸店では解決できない課題がたくさんあるなと。
谷奥:個々のお店では身近なお客さんの困りごとは解決できても、日本中の相談にはのれないですもんね。

 

和田:はい。特に今は、コロナ禍で需要が高まった観葉植物の初心者に向けて、極力枯らさないためのノウハウをお伝えすることが必要。そこで、以前からそうした啓蒙活動をされていた谷奥さんにお声がけして「みどりでおうち時間を楽しくする会」を立ち上げ、その活動の第一弾としてGREENS RESCUEをスタートしました。
谷奥:フラワーショップの店員さんって、意外と観葉植物の知識に弱かったりして、自信をもって接客ができないこともあるんです。そこでフラワーショップや園芸店が団結して、プロとして観葉植物の育て方をお伝えできるネットワークを作り、植物の困りごとを解決する駆け込み寺になりたいなと。そんな想いに全国の園芸店の方からも賛同の声があがって活動に参加してくれています。ね?三国さん!
三国:こんにちは、三国です。

 

 

編集部:こ、こんにちは!いつの間に!
三国:最初からいましたよ。太田さんばかり・・・(以下同)

 

 

編集部:三国さんは、どういった想いで参加を?
三国:私は福井県で花と緑の専門店「開花園」を経営していますが、以前から谷奥さんの活動に共感をしていました。緑のもたらす人への効果や、室内空間における緑の必要性を店のSNSでも発信していますが、プロによる信頼できる回答を、ひとつのプラットフォームに集約してお客様に届けたいと谷奥さんと話しているなかで、GREENS RESCUEを通じてそれを実現できるのでは?と設立メンバーとして参加しました。すると、活動に賛同してくださる園芸店さんも少しずつ増えてきまして。ね?堀田さん
堀田:東京八王子のグリーン・ギャラリー・ガーデンズという園芸専門店で店長をしている堀田です。

 

編集部:あ!堀田さんは初めからいらっしゃいましたよね^^ グリーン・ギャラリー・ガーデンズはLOVEGREENでもお世話になっている、とっても素敵な植物屋さんです♪ 堀田さんも活動に参加を?
堀田:三国さんから、GREENS RESCUEの活動を聞いて、ぜひ参加したいと思いました。皆さん言われているように観葉植物の人気が高まり、お店でもこれまで以上に観葉植物を購入する方が増えています。

 

編集部:観葉植物は住環境を問わず、幅広い人が始められるジャンルですものね。
堀田:そうですね。でも一方で、植物は生長して変化し続けます。人とおなじで、環境や食事が悪ければ弱ったり、病気にもなります。でも、少しのコツを知れば簡単に育てることができる。その「コツ」をお伝えして、もっとグリーンを楽しめるお手伝いができればと思っています!

プロならではの確かなアドバイスができるように、メンバー同士でもお互いの知識と経験を共有(東京八王子・グリーン・ギャラリー・ガーデンズにて)

 

太田:植物って自宅にあるだけで部屋の空気が変わる気がするし、新芽が出ると嬉しいし、ちょっと弱ったなと思ってもケアの方法がわかるだけで元気になる。そばにあると生命力を感じて、生活が潤う。そういう嬉しい体験をする前に挫けてしまう人がいるなら、植物が楽しくなるところまで、サポートできたら嬉しいです。

目次に戻る≫

どんな活動をしているの?

編集部:GREENS RESCUEでは、観葉植物の困りごとをレスキューするのですか?
谷奥:まずは、今たくさんの方が購入してくださっている観葉植物に特化してスタートしています。

 

編集部:具体的にはどのような活動をされているのでしょう?
太田:1月に活動をスタートしたばかりで、現在はインスタグラム( @greens_rescue)のダイレクトメッセージで、フォロワーの皆さんからの観葉植物のお悩みを受けつけて、園芸のプロから回答をさせていただいています。

インスタグラムで観葉植物のお悩みを受けつけて回答!

 

編集部:くまさんが応えてくれてますね!かわいい~
太田:植物の「困った」に答えてくれる「くまっ太君」です笑。ぜひご自宅の観葉植物が弱っていたらご相談ください!

 

編集部:でも、日々寄せられるたくさんの質問に、すべてお答えしていくのは大変そうですね…。

目次に戻る≫

あなたも植物アドバイザーになりませんか?

谷奥:もちろん、私たちだけの力では、全ての質問にお答えし続けるには限界があります。ただ、全国の園芸店や、一般の方でも植物の知識をしっかりと持ったアドバイザーが増えていけば・・・。

 

編集部:よりたくさんの植物の困りごとに答えることができますね!
和田:そこで今、フラワーショップや園芸店のスタッフさんはもちろん、ご自分で観葉植物の育て方をしっかりと学びたい、そして他の人にアドバイスできるようにまでなりたいという方に向けた、オンラインレッスンも準備中です。LOVEGREENをご覧いただいている中で、興味がある方がいればぜひご参加いただければ!
編集部:プロにしっかりと育て方を学べば、自信にもなりますね!オンラインレッスンはいつ頃開始するのですか?
谷奥:現在絶賛準備中なので、春先にはご案内できると思います。

 

 

編集部:その時には、LOVEGREENでもぜひ読者の皆さまにお知らせさせていただきます!植物をレスキューしたい皆さん、プロの植物ノウハウを覚えるチャンスです。集まれ~!

植物の「困った」はGREENS RESCUEにお任せ!>>

▼メンバー紹介
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

谷奥俊男

京都・二条城南で観葉植物専門店cotohaとお花屋さんのBlowmist BOOMを経営

 

和田幸一

(一社)花の国日本協議会事務局 (株)イーフローラ新規事業開発室 業界研究所所長

 

太田春菜

花男子プロジェクト事務局 HANAイノベーション株式会社

三国哲弘

花と緑の専門店 開花園を経営 福井県花商協同組合代表理事

 

堀田裕大

グリーンギャラリーガーデンズ八王子店 店長

 

観葉植物のお悩みはこちらで相談!>>

目次に戻る≫

▼編集部のおすすめ

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「植物を枯らさせない!観葉植物の困りごとを解決する「GREENS RESCUE」って?メンバーと活動を紹介!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【リサイクル素材で育てる観葉植物】ハイドロカルチャー 「RE GREEN(リ・グリーン)」 ガラスポット

販売価格: 2,200 円(税込)

【送料無料】観葉植物 フィカス アルテシマ 6号 スプラウトエコポット付き

販売価格: 8,250 円(税込)

おしゃれな鉢ですぐ植え替え アートストーン&ソーサーM ブラック + evo みどりが鮮やかになる土 5L + evo 水はけをよくする鉢底石 2L セット

販売価格: 4,290 円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス