シックで大人っぽい「カランコエ」5種

菊池麗子

菊池麗子

このライターの記事一覧

公開日 :

 

3.大振りの葉がうねる「仙人の扇」

成長して幹立ちした姿は、凛々しくが美しいです。

カランコエ・ベハレンシス“ラティフォリア”
05

 

左上が仙人の扇。幹が低くても大ぶりの葉は見ごたえあり。
06

 

育て方はこちらから「カランコエ・ベハレンシスの育て方

 

 

4.これぞ、シンプルビューティー「ミロッティー」

マットな淡いグリーンと、フワフワの肌感はまるでフエルトみたい。
07

 

5.まるでアニマル柄みたい。個性的な「ガストニス ボンニエリ」

葉に縞模様が、特徴的です。

葉の縁に子株をつけるのも、魅力のひとつ。
08

 

子株がついてますね。
09

 

ご紹介したカランコエは、アフリカ・マダガスカル生まれなので寒さが苦手。

寒くなってきたら、お部屋で楽しんで。

人間と同じで暖房が直接当たるのはよくないので、場所には気をつけてくださいね。

昼間の暖かい時間には、窓辺やお庭で日向ぼっこさせてあげることも大事。

冬の窓辺は夜は冷えますので、気をつけてあげると植物も気持ちよく過ごせます。

 

見て、触って、感じて楽しむ秋。いかがでしょうか。

 

 

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「シックで大人っぽい「カランコエ」5種」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

菊池麗子
菊池麗子

ショップスタッフからwebデザイナーへ転身後、アパレルECサイトの制作や運営業務に従事。ミニバラとハイビスカス、多肉植物に出会いベランダガーデニングを始める。現在はサボテン、多肉植物をメインにブルメリアなども自宅で栽培中。ワークショップの講師、イベントで多肉植物・サボテン販売スタッフ、フラワーアートユニットのワークショップサポートなども務める。黒い植物と、ピンクの植物が好き。温室に入ると体調が良くなる。フリーペーパーBotapii編集長。

このライターの記事一覧

『多肉植物・サボテン』デイリーアクセスランキング

おすすめ