やってみた!サボテンの胴切りと挿し木の栽培記録

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

徒長してしまったサボテンを思い切って胴切りして植え替えると、数か月後に切り口から小さなサボテンが子吹きしました。

サボテンは、「胴切り」や「挿し木」で殖やすことができます。ゆっくりと生長するサボテンのかわいい魅力をご紹介します。

 

目次

サボテンの胴切りの時期ややり方

サボテンの挿し木

まとめ

 

サボテンの胴切り

胴切りは、梅雨時期や真夏を避けた、3~10月くらいの間の、晴れた日の午前中に行うことがおすすめです。切断面が腐らずによく乾くと成功しやすくなります。

 

準備するもの

・植え替える器 ・鉢底ネット ・鉢底石 ・土(市販のサボテン用の配合土など) ・消毒済みのハサミ ・手袋

・植え替える器
・鉢底ネット
・鉢底石
・土(市販のサボテン用の配合土など)
・消毒済みのハサミ
・手袋

 

部屋の窓辺で育てていたサボテンが徒長してしまったので、思い切って胴切りすることにしました。

部屋の窓辺で育てていたサボテンが徒長してしまったので、思い切って胴切りすることにしました。

 

消毒済みのハサミまたはカッターで、サボテンを4本カットします。切る位置は、木質化した根元近くは避け、比較的若い部分を選びます。  切り口からいたんでしまわないように、切り口は1~2日乾燥させるか、切り口に「切り口保護・発根促進」を促す専用の園芸用薬品を粉衣します。

消毒済みのハサミまたはカッターで、サボテンを4本カットします。切る位置は、木質化した根元近くは避け、比較的若い部分を選びます。

切り口からいたんでしまわないように、切り口は1~2日乾燥させるか、切り口に「切り口保護・発根促進」を促す専用の園芸用薬品を粉衣します。

 

上部をカットした根付きのサボテンを植え替えます。

上部をカットした根付きのサボテンを植え替えます。

 

倒れないように土を寄せます。

倒れないように土を寄せます。

 

もう一種類の根付きのサボテンも植えていきます。

もう一種類の根付きのサボテンも植えていきます。

 

最後に、カットした上の部分のサボテンを4本、バランスを見て土にさします。

最後に、カットした上の部分のサボテンを4本、バランスを見て土にさします。

 

「胴切り」と「植え替え」ができました。  植え替え後はしばらく水やりはせず、直射日光を避けて風通しの良い明るい日陰で養生します。1~2か月ほどしてから株の根元にお水をあげます。乾燥気味に育てます。

「胴切り」と「植え替え」ができました。

植え替え後はしばらく水やりはせず、直射日光を避けて風通しの良い明るい日陰で養生します。1~2か月ほどしてから株の根元にお水をあげます。乾燥気味に育てます。

目次に戻る≫

サボテンの挿し木

挿し木も胴切りと同じで、梅雨時期や真夏を避けた、3~10月くらいの間の、晴れた日の午前中に行うことがおすすめです。切断面が腐らずによく乾くと成功しやすくなります。

 

胴切りして植え替えたサボテンの2~3か月後の様子です。切り口からいくつも子吹きしています。  子吹きしたかわいいサボテンたちを使って挿し木をしてみました。

胴切りして植え替えたサボテンの2~3か月後の様子です。切り口からいくつも子吹きしています。

子吹きしたかわいいサボテンたちを使って挿し木をしてみました。

 

準備するもの

・植え替える器 ・土(市販のサボテン用の配合土など) ・カラーサンド ・ピンセット

・植え替える器
・土(市販のサボテン用の配合土など)
・カラーサンド
・ピンセット

 

子吹きした節近くをピンセットで挟み、前後にゆっくりと茎を倒し、節を外していきます。

子吹きした節近くをピンセットで挟み、前後にゆっくりと茎を倒し、節を外していきます。

 

親株から外した茎は、そのまま1~2日置いて切り口を乾かすか、切り口に「切り口保護・発根促進」を促す専用の園芸用薬品を粉衣します。

親株から外した茎は、そのまま1~2日置いて切り口を乾かすか、切り口に「切り口保護・発根促進」を促す専用の園芸用薬品を粉衣します。

 

器の8分目くらいまで土を入れ、ピンセットを使って切り口を下にして土に植えます。

器の8分目くらいまで土を入れ、ピンセットを使って切り口を下にして土に植えます。

 

土の上から好きな色のカラーサンドで飾ってもいいですね。  植え替え後はしばらく水やりはせず、直射日光を避けて風通しの良い明るい日陰で養生します。2週間ほどしてから株の根元にお水をあげます。乾燥気味に育てます。

土の上から好きな色のカラーサンドで飾ってもいいですね。

植え替え後はしばらく水やりはせず、直射日光を避けて風通しの良い明るい日陰で養生します。2週間ほどしてから株の根元にお水をあげます。乾燥気味に育てます。

目次に戻る≫

まとめ

小さなサボテンは、光と、ちょっとの水やりできれいにかわいく育ち、室内の窓辺などで育てるのに最適です。  サボテンの生長はゆっくりなので、あまり変わり映えしないように思いがちですが、肌つや良くご機嫌の時もあれば、ちょっと見ないうちに日照不足でひょろひょろと徒長したり、水が足りない時にはしわしわになってきたり、お水のやりすぎでぷよぷよといたんでしまったり、切り口から子吹きしたり、花が咲いたり、本当にいろんな表情があります。  状態の良い時はもちろん、悪い時も含めてよく見てあげて、サボテンにとって快適な環境で育ててあげたいですね。

小さなサボテンは、光と、ちょっとの水やりできれいにかわいく育ち、室内の窓辺などで育てるのに最適です。

サボテンの生長はゆっくりなので、あまり変わり映えしないように思いがちですが、肌つや良くご機嫌の時もあれば、ちょっと見ないうちに日照不足でひょろひょろと徒長したり、水が足りない時にはしわしわになってきたり、お水のやりすぎでぷよぷよといたんでしまったり、切り口から子吹きしたり、花が咲いたり、本当にいろんな表情があります。

状態の良い時はもちろん、悪い時も含めてよく見てあげて、サボテンにとって快適な環境で育ててあげたいですね。

目次に戻る≫

▼関連記事

サボテン

  • サボテンは多肉植物の中のサボテン科の植物。アメリカ、メキシコ、中米が原産。乾燥した砂漠や、雨の少ない土地、高山などの他の植物が育ちにくい過酷な環境でも生育できるよう、葉、茎、根に水と栄養分を蓄えています。サボテンの種類は交配種などをいれても非常に数が多いです。サボテンの特徴はトゲの部分に綿毛のような「刺座(しざ)」があることです。

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「やってみた!サボテンの胴切りと挿し木の栽培記録」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

『多肉植物・サボテン』デイリーアクセスランキング

おすすめ