新生活グリーン特集

サボテンの接木(つぎき)って?きほんの仕組、やり方をレクチャー

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

すらっと柱のようなサボテンの上から姿の違うサボテンが乗っかっている。不思議な姿をしているのでインテリアショップなどでも見かけるようになった接木のサボテン。実はしっかりとした目的があり行われています。

今回はそんな接木のきほんを教えていただきました。

目次

教えてくれた人

接木とは?

接木をしてみよう

接木Q&A

COLUMN 黄色や赤色の模様?「斑(ふ)」って何?

教えてくれた人

CORONCACTUS 芳山  比斗志さん サボテンの育種家。三重県四日市市でサボテン専門園 「CORONCACTUS(コロンカクタス)」を経営。新しいサボテンの作出に力を入れている。

CORONCACTUS
芳山  比斗志さん
サボテンの育種家。三重県四日市市でサボテン専門園
「CORONCACTUS(コロンカクタス)」を経営。新しいサボテンの作出に力を入れている。

目次に戻る≫

接木とは?

接木は生産者の技術の一つで、繁殖目的で行います。 種を取るために生長促進や弱い種類、難物など、自分の根っこでは育ちが遅いものを強い台木(下のサボテン)の力を借りて生長させるためです。  開花まで年数を要するサボテンを接木後、1年で開花させる事も可能となります。上のサボテンを穂木(ほぎ)、台になる下のサボテンのことを台木と呼びます。台木を観察し、春〜生長が始まり5cmほど生長したら継ぎ時です。

接木は生産者の技術の一つで、繁殖目的で行います。 種を取るために生長促進や弱い種類、難物など、自分の根っこでは育ちが遅いものを強い台木(下のサボテン)の力を借りて生長させるためです。

開花まで年数を要するサボテンを接木後、1年で開花させる事も可能となります。上のサボテンを穂木(ほぎ)、台になる下のサボテンのことを台木と呼びます。台木を観察し、春〜生長が始まり5cmほど生長したら継ぎ時です。

台木の種類と特徴

台木と穂木にも相性があります。相性が悪いとなかなかつかないということがあります。それぞれの特徴をみてみよう。

写真左:竜神木(りゅうじんぼく)

3種類の中で、一番ポピュラーで扱いやすいのが竜神木。穂木(ほぎ)の柔らかさと、竜神木の柔らかさで合いやすいです。

写真中:三角柱(さんかくちゅう)

生長が早く、側芽がよく出ます。肥料を好むので、元肥入りの観葉植物の土を使うと良いでしょう。寒さには弱いです。

写真右:袖ヶ浦(そでがうら)

接木を行うときに、時期を選ぶのが袖ヶ浦。生長開始の3月〜4月下旬に行うのが良いです。時期を逃すと滑りやすく扱いにくいです。

サボテンの断面図ってどうなっているの?

サボテンの切り口って見たことありますか?スパッと切ると、水分をたくさん含んでいるのでジューシー。真ん中の色が違う部分が維管束です。水や栄養を運搬するための組織である維管束を合わせることで、台木より栄養をもらって生長を促しています。接木を行う時は維管束同士を綺麗に合わせるのではなく、少しずらして着けるようにします。

サボテンの切り口って見たことありますか?スパッと切ると、水分をたくさん含んでいるのでジューシー。真ん中の色が違う部分が維管束です。水や栄養を運搬するための組織である維管束を合わせることで、台木より栄養をもらって生長を促しています。接木を行う時は維管束同士を綺麗に合わせるのではなく、少しずらして着けるようにします。

 

穂木(兜)の断面。中央が維管束

穂木(兜)の断面。中央が維管束

 

台木(竜神木)の断面。中央が維管束

台木(竜神木)の断面。中央が維管束

目次に戻る≫

接木をしてみよう

接木を行う時は天気も重要。晴れてカラッとした日が1週間は続くのがベスト。行う前に天気予報をチェックして雨が降りそうな時は避けた方が良いでしょう。

カッター2本(カッターが新しく錆止めオイルがついている場合はしっかりと拭き取ってから使いましょう)  穂木を切る用(細)と台木用(太)分ける  マスキングテープまたは糸  スプレー  ティッシュ  ライター(またはバーナー)

カッター2本(カッターが新しく錆止めオイルがついている場合はしっかりと拭き取ってから使いましょう)

穂木を切る用(細)と台木用(太)分ける

マスキングテープまたは糸

スプレー

ティッシュ

ライター(またはバーナー)

手順

1.カッターをライターで炙り消毒する。黒い煤がついたら拭き取る。

1.カッターをライターで炙り消毒する。黒い煤がついたら拭き取る。

 

2.台木を切る。上部の陥没を防ぐため面取りをする

2.台木を切る。上部の陥没を防ぐため面取りをする

 

3.穂木を切る。ノコギリ引きはしないよう、一気にスパッと切る

3.穂木を切る。ノコギリ引きはしないよう、一気にスパッと切る

 

4.台木の先端を平らに切る、この時も一気にスパッと切る

4.台木の先端を平らに切る、この時も一気にスパッと切る

 

5.台木の維管束より、少しずらすようにして穂木を合わせる

5.台木の維管束より、少しずらすようにして穂木を合わせる

 

6.指で穂木を押す。気泡を抜くようなイメージで軽く押すこと

6.指で穂木を押す。気泡を抜くようなイメージで軽く押すこと

 

7.ずれないようにマスキングテープ(または糸)で固定する

7.ずれないようにマスキングテープ(または糸)で固定する

 

8.とげにマスキングテープ(または糸)を引っ掛けるようにする

8.とげにマスキングテープ(または糸)を引っ掛けるようにする

 

9.均一に力をかけて3方向止めて固定し、1週間はこのまま置く

9.均一に力をかけて3方向止めて固定し、1週間はこのまま置く

 

10.使い終わったカッター1を行い水で洗ってしっかり乾かすこと

10.使い終わったカッター1を行い水で洗ってしっかり乾かすこと

 

POINT

刃物の消毒は必ず行おう。

サボテンにもウイルスがあります。樹液で感染するので根を切り詰める際の刃物は熱消毒をして下さい。ウイルスの病状の一つとして、肌に黄色っぽいまだら模様が出たものは感染している可能性があります。病状が出たものは隔離して下さい。人に害はありません。

最初は日陰で管理

活着までは1日でできますが、テープを外すのは1週間後くらいが良いでしょう。それまでは日陰で管理してください。

▼手順を動画でチェック!▼

目次に戻る≫

接木Q&A

Q.接木をしてみましたが、成功しているのかがわかりません。  A.活着している場合はだんだんと穂木が生長します。失敗した場合は外れてしまったり、生長せずしぼんだりします。失敗した場合は穂木を外してください。  写真左:右は順調に生長している状態。しぼんでいるのがわかる。  写真右:外れてしまった状態  Q.接木のサボテンの水やりは上から水をかけても良いですか?  A.雑菌が入るので、水やりは上から水はかけないようにしてください。土に水やりをしてください。雨ざらしにもしないようにしてください。  Q.接木のサボテンの台木が傷んでしまいました。どうすれば良いですか。  A.台木から切って下ろす場合は天気予報を見て1週間ほどカラっと晴れる時に行うようにしてください。台木を4cmくらい残して切ります。切り口を1週間くらい乾かしてから土に挿します。

Q.接木をしてみましたが、成功しているのかがわかりません。

A.活着している場合はだんだんと穂木が生長します。失敗した場合は外れてしまったり、生長せずしぼんだりします。失敗した場合は穂木を外してください。

写真左:右は順調に生長している状態。しぼんでいるのがわかる。

写真右:外れてしまった状態

Q.接木のサボテンの水やりは上から水をかけても良いですか?

A.雑菌が入るので、水やりは上から水はかけないようにしてください。土に水やりをしてください。雨ざらしにもしないようにしてください。

Q.接木のサボテンの台木が傷んでしまいました。どうすれば良いですか。

A.台木から切って下ろす場合は天気予報を見て1週間ほどカラっと晴れる時に行うようにしてください。台木を4cmくらい残して切ります。切り口を1週間くらい乾かしてから土に挿します。

目次に戻る≫

COLUMN 黄色や赤色の模様?「斑(ふ)」って何?

植物の色は緑だけではなく、地の色に黄色や白、赤が生じ混ざっていることもあります。花びらや、葉、肌に混ざっていて斑点や筋で生じて美しい模様を描いている状態を「斑入り」といいます。斑は組織の一部分の葉緑素の欠乏により、通常は緑色の部分が黄色や赤に変わっている状態で生じます。

植物の色は緑だけではなく、地の色に黄色や白、赤が生じ混ざっていることもあります。花びらや、葉、肌に混ざっていて斑点や筋で生じて美しい模様を描いている状態を「斑入り」といいます。斑は組織の一部分の葉緑素の欠乏により、通常は緑色の部分が黄色や赤に変わっている状態で生じます。

 

最初は失敗することもあります。うまくできた時の嬉しさはひとしお。ぐんぐんと生長していく姿とそのスピードには驚きます。接木にもチャレンジしてみてくださいね。きっと新たなサボテンの楽しみが広がりますよ。

 

▼関連記事

▼関連ワード

「サボテンの接木(つぎき)って?きほんの仕組、やり方をレクチャー」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

デイリーアクセスランキング

おすすめ