伸びてきた多肉の寄せ植え、困った時の管理のコツ。

大曽根百代

大曽根百代

このライターの記事一覧

公開日 :

せっかく可愛く寄せ植えしてしたのに、大きく成長して可愛くなくなってしまった…という経験はございませんか?また、大きくなってしまったらどうしていいか分からないなんて方もいると思います。

伸びすぎてしまった後の管理を写真とともにご紹介しますので、お困りの方は参考にしてみてください。

 

どこで切っていいの?

明らかにバランスの悪い寄せ植え。鉢より大きくなって窮屈そうです。鉢から取り出して、1つ1つ分けて植えるのもいいですが中々面倒…そんな時はちょうどいい長さの位置で切る事をお勧めします。

 

しかし、イマイチよくわからなくてそのままにしていませんか?覚えてしまえば簡単なのでぜひ挑戦してみましょう。

大体下葉を3~4枚残した位置でカットします。その時下葉が枯れていないかをチェックします。枯れていなければそこから3~4枚数えたところ、黄色の〇の節でカットします。

 

同じくらいの長さで全部切っていきます。そうすることで、カットした所またはその下からわき芽が伸び、バランスの良い株にすることが出来ます。

そのままにしておくとただ縦に伸びてバランスは悪くなるばかりです。よくみてみると、カットした場所の横からすでにわき芽が出ていました。

 

全部カットした様子

全部カットするとこのような感じになりすっきりします。


正面の様子。切ってもしっかり横から芽が出てくるのでご安心を。

 

カットしたその後は?

カット後の多肉の楽しみ方をご紹介します。カットした多肉をまた挿し芽で楽しんだり、葉挿しで増やすこともできます。

挿し芽

挿し芽をするときに下まで葉がびっしりついている場合は、土に挿す部分の葉を取っていきます。

 

葉と挿し穂は分けましょう。

 

切り口を2日くらい良く乾かしたら、乾燥した土に挿します。そのまま置いておくと根が出るので、それから植えるのもいいでしょう。

 

一本で楽しむのもいいですし、数本挿して寄せ植え風にしても♪

 

葉挿しに挑戦!

先ほど取り除いた葉っぱを、乾いた土に置いて葉挿しをしてみましょう。先端を土に少し挿すといいですよ。

 

中には芽が出ない種類もありますので、実験感覚で楽しんでみて下さい。

 

いかがでしたか?意外に困る、寄せ植えのその後の管理。日光不足でヒョロヒョロと伸びてしまった多肉も同様、切り戻して仕立て直すのをお勧めします。

土に挿さず、そのまま置いておきたい場合はぜひ下記の記事を参考にしてください♪

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「伸びてきた多肉の寄せ植え、困った時の管理のコツ。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

大曽根百代
大曽根百代

千葉大学園芸学部を卒業後、園芸店に勤め、販売だけなく植物をきちんと理解したいと思い、千葉大の苗生産部にて植物の生産業(花苗)に従事。その後、多肉植物の生産を経験。現在は多肉植物の販売サポートやバラの管理業務をしています。多肉だけでなく植物全般好きで、宿根草なども育てています。最近はマイクロ胡蝶蘭とバンダにも挑戦中。より植物の魅力を感じ、皆様にもその魅力と生産者情報を記事としてこれからも発信していきます。

このライターの記事一覧

『多肉植物・サボテン』デイリーアクセスランキング

おすすめ